2008年12月

2008年12月29日

だらだ~ら

妊婦さんってほんと疲れやすいのね…
先週年末だし、帰国前とかで会える内にってことでお昼間ランチの約束をして動き回った。
そして週末忙しかった。

今日は朝から友達の用事のお手伝いの予定だったけど、なくなってホッダッシュ
ゆっくり休める~と思ったら、やんやんを見送った後2時過ぎまで二度寝してしまった…ほほほほほ。

16010e2e.jpg
26a5ea17.jpg
昨日お見舞いに行く前にお花を購入した際、我が家にも緑を購入。
寝ぼけ眼でお水をやる。
竹はずっと中国っぽく飾ってみたかったのよねぇ~音符
これでしばらく北京を離れても、姑に勝手に緑を置かれる心配はなくなった…と思う。

昼過ぎから溜まった洗濯をせっせとし、明日から愛ぷぅ(妹)が遊びに来てくれるので準備をした。

at 17:14|PermalinkComments(0)主婦in北京 

2008年12月28日

大変な週末

はちゃめちゃな週末。
土曜日、やんやんの親戚のお兄さんが遊びに来た。
「来るかも」とは前日にやんやんから聞いていたが…11時過ぎにものすごい近くから電話があり、慌てて飛び起きた。(寝すぎ!?)

とりあえずお茶を出して、市場へ野菜を買いに行った。
離婚の危機話だと聞いてるし、気の知れた男同士で話したいこともあったろうし、いい感じ?(準備出来てない言い訳とも言えるけど…)
親戚とは言え、中国人に中華を作る…緊張。もう一人兄さんの友達も来るってことで、更に緊張落ち込み
いつもより油も調味料も許せる範囲で思いっきり入れて作った。本心は分からないけど、なんとか食していただいた、ホッダッシュ

私は飲めないので3人で飲んではったのだが、ブランデー2本とウォッカ1.5本を空にしたグラス 凄い。
兄さんは結構な酔っ払い。車は運転させないと、我が家に泊まることに。
カラオケに行きたいっちゅうことで、6時半頃友達と遊びに出掛けた。

2人が出かけた後、やんやんの様子が急変。
優しいやんやん、色んな思いがかけめぐったようだ。
普段とても優しく明るい元気な彼も、時にマイナス思考的回路が働くんだね。
しばらく私とお喋り、二人三脚で頑張っていきましょ~っ力こぶ
落ち着いてからカルフールにほぼ家はからっぽになっちゃったおつまみとお酒類、食糧を買いに行った。

戻ったら今度は2階に居るおばさんが入院したと聞いた。
慌ててやんやんと状況を聞きにお邪魔したところ、脳内の血管の問題らしいと分かる。
あちこち大変だ…。
そして深夜に兄さんが戻ってきてお泊まり。

そして今日は日曜日。
兄さんとブランチを食べて見送り、おばさんのお見舞いに行った。
おばさんは今回は検査入院、だけど脳だけに心配。
普通だったけど、やっぱり少し元気がないというか痩せたというか…。

しばらくお話をした後、一度おうちに戻る。
そして私の字幕アルバイトの忘年会にやんやんとセットで出かけたのだった。
久々の中国鍋、もう食べられるようになってる。
今度は太りすぎに注意しなきゃいけないな…。

楽しい事もあったけど、親戚宅で色々大変な事が起きた週末であった。
今年も残すところあと3日。

at 23:09|PermalinkComments(0)主婦in北京 

2008年12月27日

それぞれの悩み・パート?

悩み…パート?は4日前のブログで、軽い感じにまとまってるが今日の悩みは重いダメ
事のキッカケはやんやんの親戚のお兄さんが離婚の危機にあり、明日兄さんが相談にうちへ来るかも知れないという話から。

先月彼親が北京滞在している際におじさん家へ行った時、お兄さんの奥さんが家出したと聞いて帰ってきはった。
やんやんと私も9月の中秋節にお邪魔している。
その時おじさんとおばさんが私たちの赤ちゃんを祝福すると共に、結婚してるけどなぜか少し前に中絶した息子夫婦を責めたのだった。
私も理解は出来ないけど、その時の話の雰囲気と私の現在最大のストレスが彼親であることから「同居してるだけでも奥さんは凄い! きっと舅&姑が煩く言ってたまらんのちゃうか?」と心の中で思ったのだった。

家出してから3か月、携帯も連絡がつかず、実家に聞いても外で部屋を借りて住んでるとしか言わず、会わせてくれないらしい。
詳しくは聞いてないけど…とやんやんが話してくれたさわりを聞いて、涙がちょちょぎれた。その話が本当なら、そりゃ奥さんも出て行くわって感じ。
タイミングよく私たちが赤ちゃんの報告してしまって…油を注いでしまったかも。なんだか申し訳ない。
明日、やんやんとだべりに来はるのかな?

話の流れから、太原の友達夫婦のお話にも飛び火した。
いつも明るくて面白い奥さん、仲の良さそうな夫婦…が実は見えないところではもの凄い戦いが繰り広げられているそうな。それを聞いてほんまにビックリ!

どんな家庭や人にでもそれぞれ悩みがあるね。
今私たちはとっても幸せ~ラブ
でも数年後どころか数か月後すら…何があるか分からないのかっ!?

人間は生まれた時から「産まれる、年老いる、病気、死ぬ、嫌な人から離れられない、好きな人と離れる」という「6大苦」にさらされてると言う。
とっても重い話題の夜だった。

at 02:09|PermalinkComments(0)主婦in北京 

2008年12月24日

1周年

何から1周年って、プロポーズから1年。
昨年のイブに婚約指輪をロマンチック(?)にくれたのだ。

今年もその時と同じおフランス料理のお店で二人で過ごした。
7時過ぎに到着したら、今年も一番乗り。
c2d4534f.jpg

私の野菜スープとやんやんのグラタン→

オーナーのおフランス人さんがテーブルに来てくれて、やんやんとおフランス語でお喋り。でもなまりはきついけど流暢な中国語もお話になる。ビックリなことに昨年も来た事を覚えてくれていて、「昨年は2人、今年は2.5人、来年は3人ですね」と話してくれた。後から来た白人お客さんも小さな赤ちゃんを連れていて、立派な赤ちゃんイスが用意されていたので、赤ちゃん歓迎のお店らしい。来年もここで決まりっOK

c4896575.jpg
←食後のお茶
 イエローラベルも高級な感じにっ笑顔

4394cf5c.jpg






やんやんは食後にコーヒー&クレープも食べていた→
去年からクレープを食べたくて選んだお店なのに、私はおなかいっぱいでデザートまでたどり着けずっダッシュ

もうひとつ昨年と違うのは…プレゼント汗
昨年は指輪をくれたが、今年は何もなし。
普段なるべく地下鉄で通勤してる彼、残業で遅くなったりして疲れた時も「タクシーで帰ってもいい?」ってメールが入るくらい。こっそりとプレゼントを買う…なんて事はもうないのかも!?
そして二人の結論は「二人のためにピアノの横に棚を買おう」ってことで、2週間ほど前にオーダーメイドの発注済。1月中旬の仕上がり予定。
やんやんのギタースペースに置く予定なので、ちょっと雰囲気が変わるのが残念だけど、ごちゃごちゃあふれ出してきていた楽譜や小楽器が片付くと思うと楽しみであるっ!

最近時々思う。
「昨年の今頃は…」
中国に来て3年と少し、変化のスピードにビックリすることがある。
なんてったって1年前の今日はプロポーズ、だけど今はもう妊娠23週目、来年の今頃はももちゃんも生後8か月くらいな訳である。
時間って凄いびっくり

心の中で大好きなKANちゃんの曲を歌った
「今年もこうして二人で クリスマスを祝う
 いろいろあった1年がも うじき終わる
 たとえば去年の今頃を 思い出してみる
 何も言わずに君が 小さく笑う

 窓の外に白く 聖なる夜に深く
 音もなく舞う雪が つもりはじめる
 一番大切なものを 見失わないように
 ゆっくりとゆっくりと
 過ぎゆく時間を ながめてる

 ぼくのそばで白く 聖なる夜に深く
 少しつかれた君が ねむりはじめる
 今年もこうして二人で 神様に祈る
 いつまでもいつまでも 一緒にいられますように」



at 23:55|PermalinkComments(0)主婦in北京 

2008年12月22日

それぞれの悩み

夫やんやんの悩み(不安):
出産帰国する妻が帰って来なかったらどうしよう…

最近ギターの練習に熱が入っているやんやん。ギターブーム到来。
2fdd666d.jpg
←こちらが彼のギタースペース、横には電子ピアノ音符
 たま~に私がピアノやソプラノリコーダー(小学校の時のを持参)でセッションする。いつかももちゃんも打楽器とかで一緒に楽しみたいなっチュー

最近練習中の「if」って曲を弾きながら、替え歌を歌っていた。
if妻が帰って来なかったらどうしよう~
 朝起こしてくれる人も~ 食事を作ってくれる人も居ない~
 if妻が帰って来なかったらどうしよう~
 赤ちゃんも帰ってこない~ 僕は寂しくひとり~
譜面

航空券価格を調べたところ、CAが直行で一番安い。続いてCAビジネスクラス、そして日系航空会社のエコノミーとなる。価格を見て…
「行きは妊婦、帰りは赤ちゃんも一緒。
 だから今回の往復はCAのビジネスクラスにしたらいい。
 望むなら日系航空会社でもいい。
 安心だし、高いからチケット無駄にするのがもったいなくて必ず戻るだろ?」

色んな条件を考えて私が選んだ帰国出産。
だけど本当はやんやんの傍であったらいいのに…と心から思う。
大丈夫、何処であれ、あんさんが居るところに必ず戻るよっラブ

ちなみに、往路は1月27日(火)の北京→大阪、CAビジネス、復路は1年オープン(7月末か8月上旬を予定)でチケットを本日確保飛行機

妻り~ほぇいの悩み(不満):
最近ももちゃんのGOOD JOBが続いてるせいか、便秘解消中拍手
それは素晴らしいのだが、いつも詰まる…トイレ
ポッコンが手放せません。
日本ではあまりない事、中国の下水管基準がいけないんだっ!!

平和な家庭ドキドキ小
ももちゃんが順調赤ちゃん
感謝ラブ

at 23:23|PermalinkComments(0)主婦in北京 

2008年12月21日

検診の日

今日は冬至。
農歴では「九九」の1日目(一九の第一日)に当たる。
そんな今日は北風ビュービューで息も出来ないくらい凄く、気温も最高マイナス4度とか。

寒い中、検診に行ってきた。
前回から期間が3週間ってことで、本日はエコーなし=性別はまたもや持ち越し。
でも他は問題なく、鉄分も持ち直して薬を飲まなくてもいいことにっOK
次回は帰国前の1月中旬。

検診を終えて、ひっさしぶりにめがね君に会った。
一緒にランチ料理
相変わらずな感じ。

その後、親戚のお姉ちゃんのお使いで、靴(中国武術用)の発注に行く。
今回は2度目の発注、しかもいつも数十足単位なので、サービスしてくれる。
4ef3bfbc.jpg
そこでず~っと前に公園で見かけた「太極柔力球」ってのを発見!→
おばちゃんが踊るように運動してたイメージだったのだが、DVDを見るとどうも雰囲気が違う。むきむきのお兄さんがバトミントンコートのようなところで飛ばしあいっこしてる…これじゃ練習出来ない。なるべく近所でこれをしてるおばちゃんを捕まえるしかないか…。ちなみに価格はDVD15元を購入して、1セットおまけ。ラッキー笑顔

更にその後、車の2万5千キロ点検に。
道中北五環を走行中、昨日お祝いに行ったパラ仲間のパパの車と出くわす。しばらく並んで走った車 北京って広いようで狭い!?
点検中、待合室でテレビを見てたら、ももちゃんのダンスが始まった。やんやんに伝えて、お腹を触ってもらって間もなく…ボコッ☆っと今までで一番のキック(パンチ?)が入った力こぶ 二人顔を見合せて大笑い笑顔
そうこうしてる内に点検も終わり、スーパーによって帰宅家

中国では冬至には餃子を食べる。
夕食は餃子で本日締めくくり。
週末って仕事してなくても過ぎるのが早い…。

at 22:11|PermalinkComments(0)papa&mama 

2008年12月20日

もりだくさんの日

午前中、久しぶりにパラ仲間に会いに行った。
テンションが上がる。
協和病院に出産を終え、退院するところへ会いに行った。
なんと双子の女の子、ちっちゃ~いっ赤ちゃん
帝王切開から4日目の今日退院ってのも凄い…。
お正月に妹が来るので粉ミルクを発注、1月にお祝いに持って行くことにして病院で別れた。

続いて私の生命保険の手続きの件を片付けに行く。
ちゃっちゃと済ませて…

3時に東単でおフランス人と待ち合わせ。
パラ仲間のホームページを見て連絡して来たけど会話がスムーズに行かず、フランス語ならやんやんへ回せ…とお役が来た。
パラのグッズが買いたかったらしいが、ショップと連絡がつかず観光することにした。

彼の名前はギオム(英語名だとウイリアムらしい。なぜこうも違う!?)。やんやんと妹と同じ29歳、現在はモンゴルで山のガイドをしているらしい。ロッククライミング、スノボ、パラ…色々しはる。山とロッククライミングは軍隊に指導するレベル…凄いっす。ビザの件で一度出国したそんな彼の本日の観光は「北京駅周辺のホテル発→三里屯→天壇公園→CCTV新ビル→東単待ち合わせ。恐らくざくっとみても20キロくらい?」というコースを全て徒歩で走る ビックリ。さすが山のプロフェッショナルである。私も初めて友達と北京に旅行に来た際は交通機関の利用方法が分からず、「建国門のホテル→天安門→天壇公園→ホテル、15キロくらい?」と1日徒歩観光したのを覚えてるが…20代前半の私でヘトヘトであった。今は考えられないっ!

さておき、東単を後にして後海へ観光に行く。
車の中の話題は宮崎駿映画、トトロだってもののけ姫だって立派な外交官!
後海到着後は観光お散歩。
400a19cb.jpg
←そこで変な日本語発見電球
これは…日本語だけ見ると意味不明。
インタビューしたところ、フリー翻訳を使って訳したらしい。
「台湾式(炭火焼)の焼き芋」と表現したかったのだが…なんてこった。

お店のおっちゃんは気さくな人で、あれこれお喋り。
27f93c74.jpg
記念撮影までバッチリ→
久しぶりに思いっきり観光モード

しかも私の頭には…
b56b5bf6.jpg
←買いたてのパンダ帽子を着用。
今後使用チャンスがあるかは不明汗


それにしても、英語が話せないのはいけてない。
またもや壁にぶつかった。
勉強せねば…。

フランス語もやんやんと居ると聞く機会も多いので、少し理解したいなぁ~なんて思っちゃう。
本日使えたフランス語
・ぼんじゅ~る、むしゅ~(私はマダムと言われ、なんだか高貴な気分になった笑顔
・とれびあ~ん
本日覚えたフランス語(数日後は忘れているであろうフランス語…)
・ダコッ=OK、分かった
・コムサ=Like this
・ファーイグザンプル=for example

at 23:43|PermalinkComments(0) 

2008年12月14日

1年

1年って早いなぁ~。
北京で働いていた会社を退職したのが昨年12月14日付け。
あっという間に1年が過ぎた。

そんな今日は日曜日。
昼近くまで寝て、ブランチを食べてからやんやんと外出。
ピアノの横に欲しかった棚をオーダーメイドの発注してきた。
仕上がりは1か月後…
これで少し溢れてた本や小楽器たちが収納できるっ!
楽しみだっ音符

あと、ももちゃんの簡易たんすを購入。
ある程度大きくなったらいい物を買うつもりで、今回はカラフルでかわいいプラスチック引出し。
ももちゃんが使わなくなったら、私がお下がり貰ってクローゼットの引き出しとして使うんだっ☆
ももちゃんとの生活に向けて、サボってたお部屋(というかクローゼットや棚の中)の片付けをするぞっ!

at 19:24|PermalinkComments(0)主婦in北京 

2008年12月13日

ベビーベッド

ネットで購入したベビーベッドが到着。
天然の木製だけど、やっぱり匂いとか気になるし、早く見たいし、早速組み立てた。
 ・ベビーベッド 365元(約5600円)
 ・マット     160元(約2400円)
 ・だっこひも   68元(約1000円)
やっぱり日本よりリーズナブルなのかな?
でもこれはネットで見つけた安いもの、百貨店等では2000元前後のベッドも当たり前にある。(もちろんもっと高いのもある)

15bc0249.jpg
だっこひもも安かったので試しに購入。
「コンビ ニンナナンナ」と書かれており、箱の説明書きもすべて正しい日本語なのだが…
怪しいのが、横抱き&縦抱き&おんぶが出来るタイプでややこしいくせに説明書が入っていなかったことと、箱のごくごく一部なのだが中国語のマークが入ってること。シンセンで作られたこの品、本物のコンビ製品ではないのかしら??

パンダのぬいぐるみで試行錯誤するプレパパ&プレママパンダ
何やら難しいし、ひとりでササッと使えるようになるには、訓練が必要そうだ。

やんやんが座るとベビーベッドがただのイスみたい…。

a5c6b477.jpg
ベビーベッドには蚊よけカーテンもついている。
使うかどうかは謎だけど。
部屋がシンプルなだけに、赤ちゃんのお部屋は色々飾ってカラフルにしたいなぁハイビスカス

手芸も好きだし、色々作ってみたいものはあるものの、まだ手つかず。
好きな事が出来るのは今の内だって聞くから、是非作りたいんやけど。

f40ea378.jpg
緑の皿を見てるとなんだか…
カッパ参上…



at 22:34|PermalinkComments(0)papa&mama 

2008年12月10日

おなか

376c3172.jpg
一時的同居も終了、リラックスの日々が帰ってきたぁ~っドキドキ小
今日は予報が当たって初雪雪 北京の冬のイメージ通りの色が広がってます。

ここ数日、日に日におなかが大きくなるような感じ。朝から昼にかけてはいいのだが、夜になると張る感じがして、夕食後は特に苦しい事が多い。
そしておなかや腰の辺りが特にかゆい。
胎動も少しずつ大きく、感じる回数(というか時間?)も増えてきた。
成長してるのねぇ~っ赤ちゃん

そしてももちゃん、早くもおなかの中で仕事をしているようだ。
胎動はおなか側に感じられるのは容易に想像が出来る。
でも背中側は?
堅い椅子に座ってる時にお尻の辺りで変な感覚が…。ももちゃん、蹴った?
そして十数分後、トイレに向かう私トイレ
ゴツゴツして嫌だったのか、臭かったのか? ももちゃんがうんちを押し出したような雰囲気であった(笑)
便秘解消、GOOD JOB、ももちゃんっOK
喜ぶ私にやんやんの一言「ももちゃん、可哀そう…悲しい


一昨日、ベビーベッドを見に行った。
太原の実家近くにあるベビー用品店を覗いてみたところ、色々お手軽価格でいい感じ~とやんやんと二人喜んでたら、店長曰く北京にもお店があるそうで、しかも北京の方がちょっと安いとかっ!? 家から車で15分のところにあるらしいし、早速行ってみたのだった。本当に北京の方が安い物が多く、今後使えるぞっ☆
そこでベビーベッド決定…と思ったら、やんやんが昨夜ネットでもっとお手頃で機能もアップされた物を発見。それを購入した。この価格ならば姑たちも諦めるであろう。

少しずつ変わっていく体感と生活と家の中家

at 14:19|PermalinkComments(2)papa&mama 

2008年12月09日

感想

902fa2be.jpg
一昨日の夜9時半に太原駅を出発、昨日の朝8時過ぎに北京駅に到着。
行きは北京西駅で不便だし夜だったのでおじさんが車で送ってくれた。平日の朝である今日は誰にもお迎えなんて頼めない、でも北京駅なら地下鉄が便利で助かった電車
2号線は意外とガラガラ(ちらほら立ってる人が居る程度)で助かったが、5号線は結構みっちり…でもスーツケースに座って帰って来れてホッダッシュ


さておき、今回の旅の感想。
結婚式には参加出来なかったけど、前日の新居の飾り付けに付き合ったり、当日の夕食を共に出来た。(ちなみに結婚式に妊婦が参加出来ないのはただの迷信。結婚は陽性、妊娠は陰性で良くないそうな)
やんやんの友達は相変わらず面白い。けど山西省弁が以前よりよく飛び交ってる気がして、よく分からんことが多かった。色々聞くのも悪いし、でもついて行けず。なんか中国人夫婦ばっかり見てたら、やんやんがちょっとかわいそうな気がしてしまった。

舅&姑の感想…
山西省での最終日、パパに「話がある」とお話タイムを設けられた。ちょっと反省する部分もあった。でも北京同居中に思ってた事は私も伝えた。

相手の意見は
・嫁らしくない(ぐうたら)…もう少し改善すべきところもあるかと反省。
・今は特殊かも知れないが、もっと中華を勉強しろ…やんやんが薄味に慣れて中華を外で食べた時に油っこく感じた話をしたことが、自分の好みだけに偏ってると判断された。妊娠前は作れる少しのレパートリーで週に1~2日は中華の日があった。これはやんやんのために考えるべきかと反省。
・客みたいで家族じゃないようだ…生活習慣(時間帯)も違う、食事も別。一緒にいる意味は?
・起床、仕事、家事、就寝、すべき時間にしなさい
細かい話しだすときりがないので、大まかなところはこの辺り。

で、私が言ったのは
・孫の学校や勉強の話ばかりでストレスだ…結婚前からしつこく言わないで。
・子供は私たち2人で育てますっ!…一般的中国の家庭のように、お母さんも働き、昼間は祖父母が世話することは期待しないでっ!

今回ママが行きたがって手伝いに行ったが、なんて生活してるんだ…
というのがパパの総合感想みたい。それは話をしてる時に分かった。

でも後からムラムラと湧いてきた…
だけどさ、気を使わなくていいって言うし、キッチンは占領するし、洗いものはしなくていいって言うから特にすることもなかっただけやねんけど。理想はどうも料理を手伝いながら覚えろという雰囲気みたいやった。
掃除や洗濯だってある程度してる。
手伝いに来た? あんたらは何を手伝いに来たんだ? ストレス与えるだけやんかっ!
米もなく…って私が使ってた米は昨日見たらそのまま、私が買った物は手もつけず「準備が足りない」だとっ!? どうしろっちゅうねんっ!!!
今考えてもイライラするだけやから、今度のチャンスにこの件について意見を言ってやるっ!

そして直接話をしても感覚が違うから通じないところも多いみたい。
「今後助けが必要な時に行く」…と言われた。私の中では助けは必要ないから今後長期滞在はないと判断した。だけど後からやんやんと話してると、どうも自分たちが必要と思った時に来そうな勢い。
「家族なんだ、一家の主人なんだ」…私は北京の家は私らが主人、山西省は親が主人と思い、今後は尊重してくれるのかと思った。でもどうやらどこにいても「主人」らしく、山西省の家でも主人らしく?という意味のよう。手伝え…ということか?

やんやんがよく言う。パパもママもあの歳でもう変わらない、変化を期待してはいけないって。
やんやんは私の強い味方で協力的だけど、何と言っても彼のパパとママ。あんまりもんく言ってるとやんやんも嫌気ささんかと怖かった。そんな不安=ストレス=反省も加わり、苦しさは倍増。
ほっといてくれたら私ら二人は今のところなんの心配もなく仲良くやってるのにっ!! 邪魔せんでくれぇ~っ!!

里帰り出産、中国では恥ずかしい事のよう、でもしぶしぶOKという感じ。
私としてはやんやんと離れちゃう以外は楽しみでしょうがない。
もし北京で出産するとして、ママが来ないで二人でやってけると保証されるのであれば、今になっても真剣に迷うところ。だけど「本当は北京で出産するならママが手伝いに行くつもりだったけど…」なんて舅に言われたら、逃げるしかないっ!! それが一番嫌やから帰国出産するんじゃいっ!って心で思った。

結局迷路、溝は埋まらないのよね。


at 14:49|PermalinkComments(0)主婦in北京 

2008年12月06日

ぶらぶら

6日は友達の結婚式、だけど妊婦は参加出来ない…
っちゅうことで、仕方なくニセモノ探しの散歩をした後に、山西省の特産「お酢(黒酢)」を買いに行った。
0ddbfbe0.jpg
有名なメーカー「寧化府」の工場に直売店があると聞き、行ってみた。
タクシーを降りたらお酢の匂いがっ。

そこには独特な昔ながらの雰囲気があった。
←油等の空瓶を持ってお酢を買いに来るおじさんやおばさん達。
はかり、そろばん…タイムスリップしたみたい。
残念ながら工場は土曜日はお昼まで、到着した時は12時を過ぎており、見学が出来なかった。(稼働中はお願いしたら見せてくれそうな雰囲気であった)
私たちはおみやげ用の瓶入りを少々購入して後にした。

e49b430e.jpg
そこから五一広場を目指しててくてく歩く。
歩道橋から見た五一広場→
珍しい物は特に何もなし…

でも広場側に降りてみてビックリ☆
16e75f92.jpg







←鳩マンション
何故こんな物が?
誰の部屋とか決まってるのかな??
謎だらけ…鳥


広場を後にし久しぶりに映画を見て(「梅蘭芳」を見たがよく分からず。分かったのはレオン・ライが老けたことっダッシュ
友達と合流し夕食を新郎新婦と共にいただいて(新郎新婦、ラブラブダンス
帰宅。

at 23:14|PermalinkComments(0)山西省の旅 

ニセモノが多い街

初めての旧正月には類似品、王力宏の真似した水のペットボトルを発見した。
そんな太原で今回は…
6e4cfd4c.jpg
7fd333f5.jpg
これは太原に限らず中国共通。
左写真:黒い看板はNIKE
隣の赤いのは中国のスポーツブランドLINING
右写真:白い看板は中国のスポーツブランドANTA
どれもマークがちょっと似てる気がするのよね…
更に右写真の緑の看板はPOLO…
9caf180b.jpg

これは間違いなく類似店!「吉川家」→
中華ファーストフードと書いてあった。

f8591672.jpg
←これはどこぞのメーカーのジョーダンシリーズをそのままメーカーっぽく仕上げた雰囲気、その名も「喬丹、QIAODAN」
バスケのグッズはもちろん、バレーボールやサッカーグッズもあったがこのマーク…変だろう!?

28053604.jpg
こちらは味がニセモノの「吉と川の章魚小丸子」(たこ焼き)→
4つで3元(約50円)…結構な値段。
中国でよくある予想通りの焼いたのか揚げたのか分からない油っこさ、それに加えコーンクリームのような甘い生地、タコはなく、ケチャップがけ…マズすぎるぅ~っ困った
太原の皆さん、これは日本のたこ焼きじゃないからねぇ~っ!!

太原の新たな楽しみ方は
ニセモノや変なもの発見電球

at 17:14|PermalinkComments(0)山西省の旅 

2008年12月04日

お祝いの旅

早くももう12月、オリンピックイヤーで盛り上がった2008年も残すところ1カ月。

6日にやんやんの親友の結婚式が太原で行われる。
参加する為に今夜から夜行列車で太原へ向かう。

本来結婚して初の旧正月は帰省すべきであろうと考えていたが、私は旧正月は人民の大移動に当たって大変なのと、帰国するにあたって飛行機に乗れる期限ギリギリになってしまうので、太原行きを諦めることにした。

ちょうど帰省するので、親戚とお食事を…という目的(口実!?)でパパとママも連れて帰る作戦である。
今回のパパ&ママ3週間滞在は、今まで通り大変でありながら、今までになく複雑であった。
複雑にしてしまったのは、私のわがままが原因かと思われる。わがままと言うか、私の考え&意見であり習慣でもある。もし意見を言わなければ完全に相手のペース、振り回されてストレスがもっと溜まるだけ。妊娠中だし、前の2回の経験のように痩せる訳にもいかない。

やんやんが間に立ってくれて、随分助けてくれた。
そんな彼の考えをほって行動する訳にもいかず、結局直接対話の機会はないままの帰省となった。
でも複雑だっただけに相手も前ほど居心地が良くなかったらしく、ちょっとは遠慮してくれるようになっただろうか?

無関心が一番辛い。
だけど心地いい距離は必要。
どう接していいのか本当に分からない。

一昨日友人周ちゃんに会い、聞いてみた。
・期間は無制限、うちに泊まるのは当たり前?
・新婚さんでも関係ない?
・キッチン占拠も普通?
・私がドア閉めてようとノックなしで部屋に入ってくるのは普通?
・花や金魚を勝手に買ってきて置いたり、勝手に絵を飾ったりするのも普通?
・何の前触れも連絡もなく、自分のお客さんを家に招くのも普通?
全て普通だと肯定された。
それどころか「泊まる」のではなく、「自分の家」の感覚なのだと。
更に中国人はデリカシーがないところが欠点だと言う。ほんと、人がどう感じるかっていう思考回路はほとんどの人が持ち合わせていないようにも思える。
バツイチ周ちゃんも一時は同居してたらしく、「結婚はしても同居はもう嫌だ」と言っていた。
嫁姑問題は世界共通、永遠の迷路…

そんなこんなブログを書いてたら、やんやんからメールが…
「新婦の母が迷信を気にするらしく、妊婦は結婚式に参加出来ないらしい」とな。お葬式には妊婦は参加しないという話は聞いたことあるが、お祝いごともダメなのか…。好きな友達だけに残念無念、だけど仕方ない。
「親友だし、私は遊んでるからやんやんだけでも参加してね」という私に「夫婦は『ニコイチ』、君が行けないなら僕も行かなくて当たり前」と言う。その辺も習慣というか、考えが違うね。
…ということで、大同に日帰りで石窟を見に行くか!?なんて話も浮上。
彼の実家に宿泊。
はたしてどんな旅になるのやら…。

at 15:47|PermalinkComments(2)山西省の旅 
livedoor 天気