2012年08月

2012年08月30日

カンパ

時々習慣が分からなくて戸惑う時がある。
昨日の午後、見覚えのない30代くらいの男性が突然家にやってきた。
子供が昼寝中にドアベルが鳴り、 起こされては困るので慌ててテラスから顔を出した。
(うちは3階で、インターホンでも話せず、鍵も開けられないから。)

その男性は英語で「近所のものです、話があります」と言う。
昨日から旦那さまは出張でいないし、ちょっと心細かったが無視もできず、とりあえず降りてみた。
男「フランス語は話せますか?」
私「話せません」(私はフランス語が話せません…だけはフランス語で言えるのが面白いよね)
それ以降は英語で会話。
なので、私のだ~いたいのイメージである。(汗)

男「道路工事の男性(たぶん友人) が胃癌になった。治療費のカンパを近所の人にお願いしている。5000DA欲しい。」
胃癌はショックで大変やろうけど…身内でなんとかする範囲では?
挨拶もした覚えもないようなところへ突然来て、金額まで提示してくるとはなんだか納得いかない。
私「 主人は土曜日に戻ります。私はよく分からないので、また来てもらえますか?」
その後も何度か同じ説明をし、しまいには2~3000DAでもいいからって言い出した。
とにかく「土曜日以降また来て」を通し、帰ってもらった。
本当はご近所さんなら会社の人に相談したかったのだが、中国人スタッフも英語ができる現地人スタッフも不在では話もできない。
とりあえず延長して、また来たならば少しは信憑性もあろう。
たぶんもう来ないような気がするけど。

prettydog_alf at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)主婦inアルジェ 

2012年08月29日

ビミョー

今回アルジェに戻ってからしばらく大家さんちのお孫さんを見かけなかった。
それがここ数日、下の女の子(小2くらい)がまたたっくんのところへ遊びにくるようになった。
最初の頃は子供に遊んでもらえて有難いと思ってたのだが…

一昨日はなんとかたっくんが一緒に下へ遊びに出かけたのだが、下からたっくんの「のん!のん!」って声がずっと聞こえてきてて、5分もするかしないかで帰ってきた。
たっくんもまだ集団生活に入ってないし問題もあるのだけど、下の女の子もいかがなもんかと…。
まぁたっくんが自分で帰ってきたんだから、それでいっかとその場は放っておいた。

もう来ないかなと思ってたのだけど、今日もやってきた。
ちょうどお昼寝したところだったので、「寝てる」と伝えたら「起きたら下に連れてきて」みたいな雰囲気だったけど流して、こっちの言いぶん「4時くらいに起きるよ」って伝えたつもり。

いつもなら玄関開けっ放しでお昼寝するのだけど、旦那さまも出張中だし、現地の人と会話できる人が身近にいないので、心細いから鍵をかけておいた。
私も添い寝でうとうとしてたら、また玄関のドアを叩く音がした。
お客さんは外門のインターホンを使うので、直接ドアをノックするのは大家さんとこの孫。
しかもドンドンドンドン…と軽快に何度も叩くのは間違いない。
すると今度はガチャガチャガチャ…とドアノブを回す音が!
…鍵かけてて良かった。
勝手に入ってくるからなぁ。
しかも土足で。
この前は脱いでくれと言ってもゴチャゴチャ口答えしてた。
なら入ってくるな。

距離感が難しい。

prettydog_alf at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)主婦inアルジェ 

2012年08月19日

連休

週末+ラマダン明けの休暇でただいま4連休の真っただ中。

連休の初日から1泊2日でシェラトンに連れて行ってもらった。
2回目の宿泊なのだが、前回も同じ連休の時だった。
当時はたっくんビビりまくりでプールでもろくに遊べなかったのだが、今年は足のつくところは一人で歩き回っていた。
「飛び込んでみてよ~」ってお願いしてみたところ、眉間にしわ寄せて「だめ、怖いから」って断られた(笑)
階段を使って入る、慎重派たっくん☆
bプールななちゃんも子供用のプールだと深めのところ(水深65cm)も爪先立ちでちょこちょこ歩き、楽しんでいた。
子供の成長って凄いなぁ~って改めて感じた。

子供用プール→
来年の夏はどんな成長が見られるのかなっ♪

先週まで行っていたおフランスのお友達のおうちに、ななちゃんの水着だけ忘れてきてしまった。
急きょ現地社員さんに外出のついでに水着を買ってもらったら…
b後姿なんとまぁ、可愛いビキニ☆
パパさん、メロメロ。

←セクシーな後ろ姿☆


残りの2日は家での~んびり。
色々お買い物に行きたいけど、ラマダン絡みで全く循環していない社会なので、のんびりするしか仕方ないと言うのが正しい表現なんやけど。
まだ棚を買いに行けてないのであまり大きな変化は期待できないが、手を付けられる場所からお片付けせねば。

現地の人は今日から正常にお食事してはるらしく、今朝は近所に人気があった。
隣近所に人が住んでた事を思い出したよ(笑)(ラマダン中は日中超静か。)

prettydog_alf at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)主婦inアルジェ 

2012年08月13日

続・おフランス

つづき…

6日目はパリからリヨンまでの移動日。
ネットでうまく買えなかったらしく、当日チケット売り場に並んだ。
お目当ての列車は普通席は完売、グリーン車に残り3席!

残りのお席をゲット、満席になったのでした。
いやぁ~、助かった☆
b電車駅には改札がなく、車内で切符チェックに来ただけ。
私ひとりでは全く太刀打ちできんな…。

←朝バタバタと出てきたので、電車の中でミルクを飲むお二人。

リヨン駅にはお友達が車で迎えに来てくれていて、そのまま郊外のお宅へ。
パパのおフランス留学時代のお友達(中国人男性とフランス人女性の夫婦)のお宅でお世話になった。
リヨンに行ったけど郊外で、カルフールに連れて行ってもらった以外、ずっとお家の中だった☆
カルフールでは主に豚肉製品を購入!
アルジェリアには豚肉ないからね…。


7日目はたっくんがお熱、午前中に私はしゃがんだ際に腰にグキッと痛みを感じ座れなくなって、ほとんど寝ていた…。
日曜日はお店も閉まるらしいので外に出る予定はなかったけど、なんかお食事させてもらう以外寝てばっかりで申し訳ない感じやった。

子供の事で、文化の違いを発見。
①友達の子供は3歳半と7カ月の女の子2人で、どちらももう自分の部屋があってひとりで寝ている。
生後1か月になるかならないかくらいから、添い寝もなしでひとりで寝てるらしい。

②それから、お昼にたっくんの熱が発覚した時も…
り「38.3度やわ」
友(フランス人奥さまと中国語で会話)「37.5度までが平熱、37.8度を超えたら解熱剤を飲ませなきゃ」
り「中国の病院で解熱剤貰った時は38.5度を超えてる時にだけ使うよう言われたよ。38.5度を超えてる時に既定の量を飲ませて、たっくんが低体温になった瞬間があって怖かったから、あんまり使いたくないんよね」
友「そうなの。無理強いは出来ないけど、たっくんが可愛そうだよ…」
という会話をした。
結局夜中に39.5度だったので解熱剤を飲ませた(嫌がって半分はこぼされたけど)のだけど、38度にも満たないのに解熱剤はどうしても抵抗があるわ。
私自身が37度台の熱だと平気やからっていうのもあるやろうけど。

③他にも2人ともめちゃぽっちゃりでよく食べる。
下の子にあげる離乳食の量を見ながら、私がやるのが少なすぎたのかなぁ~なんて不安になったりした。
でも二人とも標準体重内やし、病弱な訳でもないし、これも個人差。

なんか色々考えちゃったりしたけど、色んな方法があり、それぞれメリットがあるから、臨機応変に柔軟さを持ってやってればいいか…と数日後になんとか考えがまとまったのでした。


8日目はアルジェに帰る日。
私の腰は随分マシになったのだが、朝から何か飲み食いするとたっくんが吐く。
空港でチェックイン待ちしてる時にも思いっきり吐きどうなることかと思ったけど、飛行機の中ではよく寝てくれて、アルジェに着いた時は随分楽になってたみたい。
そして夜には熱もなく元気になっていた。
エッフェル塔ディナーの後船でちょっと冷えたのと疲れが原因かな??


リヨンではボロボロやったけど、8日間ずっとお天気にも恵まれ(到着日の午前中まで雨やったらしい)、食材もゲットでき、色々楽しめて、お友達にも会えて、楽しい時間だった。
飛行機2時間、時差1時間☆こんなに近いおフランス、また絶対行きたいっ!



prettydog_alf at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年08月10日

初☆おフランス

北京からアルジェに移動して間もなく、初めてのおフランス旅行へ!
パリに着いて市街地に入った瞬間、私のテンションのスイッチが狂った!
おぉ~っ、パリ~っ☆

b部屋からノートル自分が仕事中に、少しでも私が外に出て遊びやすいようにと旦那さまが選んでくれたホテルの部屋からは、ノートルダム寺院が見える!
小学生の頃、ピアノの先生がパリのお土産でエッフェル塔のブローチをくれた。
まぁ単純にパリ=エッフェル塔と思っていたけど、これだけノートルダムを見ていると、パリ=ノートルダム寺院というイメージに変わった。
ノートルダム寺院に超愛着が湧いた単純な私。

チェックインを済ませてから…
bバラアイス最初にたっくんのリクエストでアイスクリームを食べた。
AMORINOっちゅう有名アイスクリーム店らしい。
バラの形のアイスクリーム…凄い☆
でも溶けると大変!
ボリュームもあるし、子供が食べてるアイスを横からせっせといただいたのだった。

到着した日はホテルの近くを散策するだけのつもりだったのだが、同行したフランス人社員さんが気合の入った案内をしてくれはって…
b寺院途中子供たちも私もヘロヘロで何度も「帰ろう」ってお願いしたのだが、結局「SACRE COEUR寺院」とやらに連れて行ってもらって、夕食(ファーストフード、パリなのに。)に辿り着けたのは9時近かった(T_T)

b初日夕食←パリでの初お食事…パスタ。

後からお土産屋さんで商品を見てると、エッフェル塔とノートルダム寺院とそこがモチーフになってるのが多いことに気付き、もし自分たちだけやったら絶対行けてなかっただろうと感謝に変わったのだが、しかし疲れた。


2日目は午前中パパがお仕事なので、子供を連れてルクセンブルク公園まで歩いた。
bルクセンブルグ←公園では砂利遊びで真っ白に。
どんな素敵な景色でも、ふつ~に遊ぶ子供たち。

中国とアルジェリアの携帯がある(パリに着くなりメール受信してた)ので、どっちかは繋がるだろうと思ってたのだが、なんとまぁ使えないっ!?(何故かSIMカードが抜けかけてたらしい)
だいたいのコースは伝えてあったけど、パパは午後も仕事になるかも知れなかったので、連絡を取らないと動けもしない。
もう子供のお腹がすく時間やから、移動するにもご機嫌がヤバい…

b遊具
遊具コーナーで遊ぶ→
有料の遊具コーナーで遊ぶ子供をチラチラ見ながら、必死で携帯をいじってたら…
コーナー脇にパパの姿がっ!!
疲れちゃったし、言葉も出来ず心細かったし、涙がちょちょぎれた(>_<)

ホッと一息、ランチへ。
公園内にレストランがあり、またファーストフード。
しっかし物価高いな…。
お腹もいっぱいになり、午後はフリーになった通訳パパも身近にいて、元気を取り戻した。

地下鉄でホテルに帰りお昼寝。
起きたらもう夕食。
近くに和食のお店があったってことで、夕食は日本料理…パリで。
ノートルダム寺院を見ながら梅酒におうどん、お鍋をつついて喜んだ私であった。
日本から旅行してたら考えられないけど、アルジェには今1軒も和食屋さんはないし、家でも朝はパンで昼夜は中華やから、和食に飢えてるのだっ!
でもその日本料理屋さん、実は中国人オーナーやった…。
味は日本とは違ったけど、でも美味しかった。
何より中国語でお話が出来るから、私も会話に入れて嬉しいったらありゃしない。

物価高いし、人はなんだか冷たく感じるし、めちゃ疲れたし、アルジェに帰りたい気持ちだった。
この時点で帰ってたら、私はおフランス嫌いになってただろう。


3日目も午前中お仕事のパパ。
bノートル遊具今度はノートルダム寺院のセーヌ川沿いにある遊歩道をお散歩。
遊具を見付けてしばらく遊んでいた。→
結構単純に見える回るだけの遊具、乗ってみたら目が回っちゃったので、私は早々降りた。

bセーヌ川ノートルお茶ちょっと疲れたので、セーヌ川に浮かぶ停泊船でジュースタイム。たっくんの大好きなリンゴジュースは注文出来るのっ♪(なければオレンジジュース)
本当はここでパパと社員さんと合流してランチを済ませる予定だったのだが、突然店員さんがやってきて、ランチサービスが出来なくなったと言われた。
案内されて席に座ってたのに何故!?
理由は謎のまま。

bルーブル美術館仕方なくパパと合流してからルーブル美術館まで歩いた。
(美術館も寺院も、今回は全て外から見ただけ…)
そこの広場でサンドイッチを買い、屋外で食べた。
ここのPOULっていうサンドイッチ屋さん、とっても美味しかった。

広場にあった移動遊園地みたいなところで少し遊んだ。
ちょっとした出店(お祭りの屋台みたいなの)が4ユーロって…やっぱり高い!
その後オペラ座の方へちょびっとお買い物に行った。

夕食はセーヌ川のディナークルーズ。
私の持ってた服ではマズイ…っちゅうことで、慌ててホテルの近くで
購入。
bエッフェル←出航して間もなく、こんな素敵な景色から始まった。
しばらく屋上(?)で大人は景色を楽しむ。
子供は走れて喜んでいた。
こんなに何気なくエッフェル塔の下に自分がいるなんて、なんだか信じられない。

…なんて感動してる母とは関係なく、
b子どもどんな素敵な景色の中でも子供って変わらないねぇ。
エッフェル塔と自由の女神の見える船の上でも、走ったり登ったり…やっぱり遊んでいた。

ちょうどこの辺りからノボテルホテルが見えた。
北京のノボテルで披露宴をした私たち、ちょっと思い入れがある。
近くに気球も見えたし、今度はこの辺りで宿泊も思い入れがある面白そう、なんて最初のホームシックなんてもう飛んで行っちゃった。
ちなみに帰宅後旦那さまが調べてみたら、結構リーズナブル(立地条件かなぁ?)で良さそうみたい。

☆パリで初めてのコース料理☆
bフォアグラbお魚
私は前菜にフォアグラ、メインにお魚料理を選択。
デザートは赤いフルーツのスープやってんけど、子供たちがすでに落ち着きがなくバタバタして、きちんと食べられなかった&写真が撮れなかった。

少し慣れてきて、美味しいものを食べて、お買い物も少し出来て…3日目からノッてきた。


4日目はパパがやっぱり午前中~お昼過ぎまでお仕事だったけど、ランチまで部屋でだらだらして、2日目の夜に行った中国語で注文できる和食屋さんでおうどん食べて、近くの公園でのんびり遊んでる内にパパと合流。
bパパを待つ
パパを待つの図→
しかもフランス人社員さんは午前中の便で実家へ帰りはったので、家族水入らずでお気楽モード☆

bバス観光2階建てバスでシャンゼリゼ通り&凱旋門へ。
←たっくん、大喜び♪
チケット購入時にイヤホンをくれて、街の案内(日本語もあり)を聞きながら目的地へ。
残念ながら私たちは子守りでそれどころじゃなかったけど、2階建てオープントップのバスから街を眺めながらの移動はとっても素敵やった。(1日または2日券があって乗り放題やし。)
b凱旋門
シャンゼリゼ通りでアルジェで知り合ったお友達一家(すでにアルジェを離れてパリ在住)と再会!
夕食までご一緒した。
ホテル近くのインド料理屋さん…パリで。
どうしてもお米が食べたかったのっ!
だけど中華は嫌で、スペイン料理屋さんは席がなく、ふらふら歩いてたらインド料理屋さんに出会ったのだった。(途中クスクス料理屋さんに呼び込まれたけど、ぜ~~~ったい有り得ないっ!(笑))
bこどもたちでもちょうどいいことに、2階席に案内され、そこそこの広さのフロアにテーブルは私たちだけ。
だから友達の双子ちゃんとうちの子ふたりが動き回って遊んでも平気で、パリの雰囲気はさておき、気楽にお食事が出来て良かった。


5日目は昼前から観光2階建てバス(2日券買ってたの)に乗ってオペラ座方面へ。
オペラ座はチラリと見ただけで、日本人がやってる日本料理屋さんがいっぱいというSAINTE-ANNE通りを目指す。
そこで麺のお店を見付け入ったのだが…
何やら中華っぽいぞっ!?
うおぉぉぉ~~~っ! 早とちりしてしまったやないのぉ~~~っ!!
中国人のやってるお店やった(>_<)
焼うどんとかがちょっとあるだけで、ほとんど中国麺やったけど、まぁ美味しかった。
そしてここでも中国語が使えたので…会話出来るって楽ちんだなぁ。

注文を済ませて、すぐ近くにあったBOOKOFFへひとりで走った。
日本語の本に大興奮!
旅行ガイドや子供用の本を数冊購入。

食後は日本食品スーパーに立ち寄り、これまた大興奮!
そこでチョーヤの梅酒の住所を見て、涙がちょちょぎれた。
大阪府羽曳野市駒ヶ谷…実家から5駅の地元、小学校の時社会見学に行った工場(記念品は梅酒ではなく、じょうごやったのが忘れられない)なのだ。
他にも調味料やら乾物、野菜ジュースやヤクルト、お豆腐やお菓子などなど…200ユーロをゆうに超えるお買い物をしてしまった。
しかもスーツケースに収まらず、スポーツバックもひとつ購入…おほほほほ。

一度ホテルに戻り、着替えをして、また観光2階建てバスに乗ってエッフェル塔へ。
展望台にあるレストランに連れて行ってくれた。
このレストラン、受付を塔の下で済ませたら、長蛇の列のエレベーターも横からパス出来てナイス!
しかもお子様コースまであって、しかも19ユーロでこのお料理!
bモッツァレラbとりbエッフェルチョコ
モッツァレラチーズとトマトの前菜、鶏肉とポテトのメイン、デザートにチョコレートケーキ。
6時半からと9時からのコースがあり、私たちはもちろん6時半からのに行った。
次のお客様があるので8時半に出ないとダメでちょっと気は焦るのだけど、大人も80ユーロ程でコース料理をいただき、素敵な景色を楽しめて良かった。

たっくんのリクエストでレストランを出た後にアイスクリームを食べてから塔を降りた。
これまたたっくんのリクエストで船でホテルまで帰ったのでした。

つづく…

prettydog_alf at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年08月03日

移動

8月2日深夜に北京を離陸、同日正午頃にアルジェに着陸。
いつもカタール航空使ってるから経由時の移動や子供の気分転換場所も分かり、少し長距離移動にも慣れてきたよう。
今回は二人とも機内で結構寝てくれたので楽やったぁ~!
しかもアルジェに到着した日から夜8時~朝5時半まで、3時、5時と目は覚ましたもののそれほど手こずる訳でもなく寝てくれ、まだ2日目の夜やけどちょっといい手応え感じてます。
って、いつもどんでん返しで「やっぱそんな簡単にはいかんかぁ~」と思い知らされるんやけど…。
ななちゃんの方は夜中に目を覚ますこともなく、ホンマにめっちゃいい感じ!
このまま時差調節が落ち着いたらいいなぁ~。

今年のアルジェの夏は、昨年とイメージが違うっ!
暑いやないの…。
いつも「北京より涼しいよ」なんて答えて「アフリカでしょっ!?」って驚かれてたのだけど、今年は変わらんなぁ。
到着した2日は37度、クーラーなしでは厳しい感じやった。
昨年は一番熱い時期に1週間くらい使った程度やったのに。
今日は何度か知らんけど、昨日よりは少しマシな感じ…でもかなり暑い。
子供部屋兼寝室に1台しかないクーラー、リビングにも追加購入が必要か?
考え中。

ラマダン真っ最中の移動、どんなだろうと思ってたのだけど、特に今までと変わった事はなかった。
友達にメールでお話した際
り「機嫌が悪くて大変とかはないですか?」
友「私もラマダン中に移動した事あるけど、変わりなかったわよ。というか、普段から対応悪いからね。」
って一言に妙に納得、そして爆笑。
以前のお掃除の人が物を取る人だったので、今回の人は紹介してもらってるから前より随分良いのだけどやっぱ不在時にひとりで家に入られるのが嫌で、到着した日にお掃除に来てもらう事にしてもらった。
家に到着後、すぐに連絡して呼んでくれた。
いつも3時間なのだけど、2日は午後に1時間ちょいのみで、「また日曜日(普段日・火・木にしてもらってる。アルジェは金土曜日が休日)にちゃんとやるから」って帰って行った。
後から片付け時にソファーを動かしたら…後ろが汚いっ!
えらい手抜きやぁ~って話したら、旦那さまに「ラマダン中やからな」って言われて納得。
ラマダン中の暑い日の午後に呼び出されて来てくれて、ある程度掃除してくれただけでもまぁ良しとするか。
めっちゃ暑い中午前4時頃~夜8時頃まで飲まず食わず…大変ですな。

アルジェに到着して間もない時差調節中なのだけど、6日から8日間フランスへ行くことになった。
旦那さまが出張で、しかも2~3時間人に会う用事がポツポツ入ってるだけの状態らしく、一緒に行こうかと言ってくれたのだ。
2日に到着した時、スタッフが空港からたっくんのパスポートを持って大使館へ走り(事前申請はしてくれてた模様)、前日にビザを受け取れる事になったので、ついにヨーロッパ旅行成立っ!
パリとリヨンに行ってきま~すっ!

ひとまず、無事に北京→アルジェ移動の報告でした。



prettydog_alf at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)主婦inアルジェ 

2012年08月01日

キレました

3日ほど前、イヤ~な夢を見た。
舅&姑が突然来て、翌日に怒って帰っていく夢。

アルジェへ出発が近くなり、また電話が増えてたようなのだが…
昨日のお昼過ぎ、旦那さまに姑から「孫に会いたくてたまらんから、明日行く!」と電話があった。
なななんと、正夢になるのかっ!?
っちゅうか、明日って…出発の日やないのっ!
ただでも荷物や片付け等準備で頭がいっぱいで、シーツの洗濯も済ませ、食料品も期限のあるものは消費して、家具にかける布の準備も整えて、空港へ荷物を運んだりする段取りも決めたっちゅう時に何を言い出すんじゃっ!

以前食料品が準備されてないとか、布団が足りないとか色々言われた。
ただでも忙しいこの時に、今から準備しろと??
今回の帰国中会ってないならまだしも、1週間がんばったやないの。
ほんの数時間会うとかじゃなくて、来てそのまま泊まるなんて…非常識ちゃいますっ?

って、キレました。
煮えくりかえって、でも一応変更プランを考えてみたけどやっぱり迷惑で、旦那さまに断れないか頼んでみた。
夕方、「なんとか説得出来たよ」って!!
旦那さま、素敵っ!!
ひとまずホッと一息。
今度は振り回された事にイライラ、そしてなんだか悪者にされた気分でイライラ、さらにこんな可愛い孫(親バカです。)に会いたい気持ちを叶えてあげなかった罪悪感みたいなのに襲われた。
キレて嫌悪感で体力消耗…ほんまに迷惑。

今日チラリと会いに来てくれた中国人女性の友達に聞いてみた。
り「これって普通?」
友「ちょっと急過ぎると思う。」
やっぱりそうよねっ!
私は悪くなかった!
そう自分を慰めつつ、荷物の準備&おうちの片付けのテンションを上げていかなければ…
今夜家を出て、2日の深夜便でアルジェへ向かう。


うちの両親はアフリカと聞いただけでそれはそれは遠く感じるけど、在住経験有りのフランス語が出来る舅&姑やからアフリカ大陸と言われても平気な彼ら。
やけどアルジェに行ったらとりあえずこのような「明日行く」なんて急なお話はされることはない。
大変な事もあるけど、早くアルジェへ行きたい… そう思った私だった。

prettydog_alf at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)主婦in北京 
livedoor 天気