2012年07月29日

光良コンサート

光良ってマレーシア人華僑…なんだよね?
北京で留学してる時にちょうど「童話」って曲が流行っててよく聞いた。
何の会だったか、出し物でその曲をクラスの皆で歌った。
それ以来、アルバム1枚ちょっと分の曲しか知らないけど、ずっと好きだった。

先日フリーペーパーを見ていたら、彼のコンサートの紹介があった。
10日後やないのっ!
まだ間に合うやないのっ!!
旦那さまにお願いして、チケットを取ってもらい、友達と行ってきた。

b宅急送「黒猿の宅急送」でチケットが届いた。
なんか面白い。


コンサートって、その人の色が見えてやっぱり面白いなぁ!
光良のイメージは「ファンサービスの良い、お茶目なやさしい人」
とても丁寧にバンドやスタッフや協賛会社を紹介して、途中2回も客席通路を歩き、ステージでも客席に耳を傾け…親近感倍増!

歌は聞いてたけど、お喋りする声を聞いたのは初めて。
歌ってる時は高めの透き通った声って感じやけど、お喋りはそれより低いイメージで素敵だった。
今まで考えたことなかったんやけど、彼ってお幾つ??
調べたら、1970年8月30日生まれ…なんや、へぇ~っ。

さておき、
b光良グランドピアノと彼。
なんかこういう雰囲気見てると、大好きなKANちゃんと被るわぁ~。
何曲か弾き語りがあって、めっちゃ素敵やった!

留学生時代に北京で念願のレオン・ライのコンサートに行った時、光良がゲストで出てきて「童話」を歌ったのを聞いて、クラスメイトでルームメイトの一緒に行った子と興奮したんよねぇ~。
あれは2005年の大晦日やったなぁ。
懐かしい…記事はこちら、続きはこちら

b光良歌詞舞台の上にデカデカと歌詞が出る。→
私たちには分かりやすくていいけど、歌手としては誤魔化しきかないから大変?

100%バッチリ理解してるとは言えないけど、お喋りしてる内容が聞き取れるようになったなぁ~。

歌を聴きながら、「歌詞を調べてゆっくり聞きたいなぁ~」と思った。

b光良詰め寄って途中通路を歩き、歌いながら握手していた彼。
私も1階席だったので寄ってはみたものの、ご縁がなかったようで、もうちょっとのところで通路を曲がって行っちゃった…。
←一番近くで撮ったお写真。

bCDツアーグッズとかは見たことのない中国。
今回はCD1枚だけ売っていた。
しかも直筆サイン付きっ!?(らしいけど…ホンマかな?)
いる、いるっ、いるぅ~っ!!
20曲入って150元(2300円くらい?)…お得感満点。
早速帰りの車の中で聞きながら帰った。(車を運転して行ったっちゅうのも昔と今の変化やわ。)

好きな何かをさせて貰ってる時、リフレッシュにもなるし、そして有難味を再確認するチャンスにもなる。
780元ものチケット代をスッと出してくれて(しかもチケット探してくれて)、子守りしてくれる旦那さまには本当に感謝。

11時に帰宅したら、嵐が通り過ぎたかのような家の中…
しかも過去何度か私が出掛けた夜は、子どもは遅くまで起きている…
でも玄関開けたらたっくんが「ままっ!?」って超笑顔で駆け寄って来てくれて、続いてななちゃんも「おか~り~」って来てくれて、パパは「ママは凄いな…。毎日お疲れさま」って出迎えてくれて…
帰宅しても幸せな今日の私でしたっ☆

prettydog_alf at 23:35│Comments(0)TrackBack(0)主婦in北京 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor 天気