パラグライダー

2009年02月15日

残念無念

adc4c725.jpg
友達&妹といつものパラエリアへ行くつもりだった。
でも数日前からちょっと体調が変で、病院へ行くか迷ったりしていた。
片道1時間半で近いとは言え、タンデム希望となると時間の都合は自然と人任せになる。朝から晩まで…というのは自信が全くなかったので、泣く泣く諦めた。

←こんなに素敵な日だったらしい拍手
 皆がタンデムしてもらえて、私も嬉しい。

今回はももくんに「行くな」と言われたのかも。
こんな景色のテイクオフにもしも立っていたら…たぶんフライトを我慢するのも血圧上がってただろう。
それに途中で体調が悪くなったりして他の人に迷惑かけてたかも知れない。

赤ちゃんってお腹の中にいる時からママをうまくコントロールしてるんじゃないかっ!?

at 23:05|PermalinkComments(0)

2008年07月19日

モーターパラタンデム

8faaf740.jpg
北京で行われた世界選手権でお世話になったA氏に大阪市内で拾ってもらい、琵琶湖付近のモーターエリアに連れて行ってもらった。

午前中購入したカメラを持参。早速撮影にチャレンジ→
ひまわり大好きひまわり
こういう遠近感のある写真が撮ってみたかったのよぉ~!
覗いて半押しした時にピピッてピントが合う瞬間ワクワクするっ!
これは楽しいっ!
c0fa9a66.jpg

←A氏と季節はずれのコスモス。

午後風が強くて少々風待ち。
モーターパラは一度だけ遊ばせてもらったことがある。でもタンデムは初めて。夕方飛べたらいいなぁ~!

そんな願いが叶ったか、だんだん風が落ちてきた。
c04ff2c4.jpg
いぇ~いっ!
初モータータンデムフライト拍手
お決まりの足入り写真もしっかり撮った。
5c28eaf2.jpg

グライダーもばっちり撮った→
青い空とグライダー、めっちゃ素敵ぃ~キラキラ

きゃっほぉ~いっ!(テンションUP↑)

3c9e42a6.jpg
←琵琶湖で~すっ!
この角度から見れる人はそれほど多くないはず。
パラやってて良かったぁ~、しかも飛ばせてもらえて幸せぇ~音符

df682777.jpg
陸方面へと戻るとき、カラフルな橋が見えた。可愛い☆→

その他新幹線が見えた!
なんか「みみず」みたぁ~いっ!(笑)

c9bf8db6.jpg
40分ほどフライトを楽しませてもらい、しかも少し立ち上げもさせてもらい、「やっぱパラはやめれん」と確信しつつ夕焼けを迎えた。

そしてBBQびっくり
飛んだ後に皆でいただく食事がこれまた美味しい料理
満喫である。

ec13c0be.jpg
いつの間にか真っ暗、月も奇麗。


5eb29308.jpg
685395a0.jpg
そして近所で花火大会が始まった! ほんまラッキー電球

レオンはんに教わった、わざとブレブレ撮影→

←ずっと自動で撮影してた私。それではさすがに花火は綺麗に撮れない。詳しい人に設定してもらって撮影出来た。
やっぱちょっと難しいねぇ、少しずつ勉強しよっと。

帰りは電車で帰宅家
朝から夜まで盛りだくさんの1日だった!

at 23:02|PermalinkComments(0)

2007年09月09日

閉会式

午前中用事を済ませて、お昼過ぎにエリアに向かう。
着いてビックリ、Tちゃんのパスポートが入ったポーチが無くなったそうな…大変っ!
1629b689.jpg
ひとまず時間になったので閉会式に参加。
日本チームの後姿です。「空飛行機魂」

115e9e66.jpg
結果はスペインチームが凄かったようで、どの競技がどうとかはわからなかったけど、何度もスペイン国歌を聞いた。
私の半身日本チームと残り半身中国チームは表彰台はなくてちょっと残念。だけどエンジンにアクシデント続きだった日本のタンデムペアが5位入賞拍手 5組中の5位だと言ってましたが、棄権じゃなくて諦めずに入賞だっただけでも凄いと思いますです。

閉会式も無事終わり、本当に終了。
そしてここから臨時パスポート&ビザ取得が始まったのです。
今日本人は15日までビザなしで中国滞在出来るけど、Tちゃんは16日目に帰国。だからビザの手続きまでせねばなりませぬ。
とりあえず今日せねばならぬこと、出来ることとして、近くの公安に届出をし証書をもらうこと。1時間半くらいかかっただろうか…。
証書を得てから写真撮影に行った。そこで「カメラが壊れてるから駄目」とあっさり拒否られる。そこでA氏のカメラで撮影し、プリントしてもらう交渉成立。何でも言ってみなきゃ損するねぇ。
夕食をご馳走になって帰宅したのでした。

at 23:52|PermalinkComments(0)

2007年09月08日

大会終了

1週間の大会日程を無事終えた。
なんて早いのっ!?
4095c614.jpg
倉庫の日本人チームコーナーもお片付けが始まってしまった。
寂しいな悲しい
でもすっごい楽しかった!
また何かの機会があることを期待しつつ、お片付けのお手伝い☆ってかラッキーなことに残ったガソリンが弟くんの車と同じタイプだったのでいただき、更にお水1ケースもいただいた、謝謝ウインク

長城から戻った日本人関係者や選手と夕食に行けた。
b216eb74.jpg
場所はなんと昌平市内にある全餐徳、こんなところにもあったのねっ!
北京ダックをいただく。やっぱり大勢で食べる中華はお喋りも楽しいし、お料理もいっぱい種類が食べられるしいいなぁ~音符

皆さん、また絶対北京に遊びに来てねっ!
次は私も一緒に飛びたいっ!

at 15:48|PermalinkComments(0)

フライト

今週は仕事中も空ばかり見上げ過ごした。
午前中のフリーフライトを終える頃、久々に飛びたいモードが盛り上がっている時にラッキーにも「上山(上がるぞ!)」の声をかけてもらった。やった☆
しかも選手やスタッフの日本人の人と一緒に上がり、久々にテイクオフや立ち上げ練習等日本語のアドバイスをもらうことが出来た。
何事にも良し悪しがあり、普段ひとりだと自分で判断してるのだが、誰か居ると頼っちゃって相談とかしまくりの頼りないパイロットになっちゃったかも…。

でも無事テイクオフ!
2476d397.jpg
最高は4.3m/秒の上昇
テイクオフからプラス230m
30分のフライトでした。

←湖の右下辺りに見えるのがテイクオフ、塔の横から飛びます。この塔が中国っぽくていいのよねぇ~。
さすがベストシーズン、風もそこそこ、景色が良いっOK

4d00c88c.jpg
お決まりの足入り、今回はダム湖と足→

56bef5de.jpg
←こちらは十三陵ゴルフ場ゴルフと基地。
サーマルコンディションだけど、山から離れると穏やか。やっぱりちょっと上がって、荒れてなくて、景色がいいフライトって最高ドキドキ大

86275aee.jpg
ランディングしたところで、今回パッセンジャー参加のTちゃんがグライダーを触りたい…ということで、飛飛で立ち上げ練習。→
我ながら飛飛かっちょいいなぁ~ラブ Tちゃんの言う通り、ちょっと立ち上げ重いけどね…。

af3955ef.jpg
←こちらは弟くん
今日はモーターも飛んでるし、人も多いしってことで立ち上げ練習のみ。だけど何より私はまずグライダーを変えるべきだと思う訳です。ボロボロ過ぎて危ないよ、きっと…。

選手は午後万里の長城散策へ。
その間私はエリアを離れた。

at 12:43|PermalinkComments(0)

2007年09月02日

世界選手権初日

a89a3e8b.jpg
開会式の日は日本人選手のお部屋にお邪魔してシャワーをさせてもらい、基地に戻ってキャンプ。
おNEWのテントや寝袋達が大活躍☆
朝晩は涼しく快適な気温、そして郊外だから星もそこそこ見え、草と土のいい香り~でストレス解消OK
(ちなみにこのテント、199元=約3,000円と超お買い得っ!!)

そんなこんなで寝過ごしてしまい、起きた時には8時を回っていた。
大会は6時からのはず、モーターの音がしてないからまだなのか…と思いきや、もう飛んでいたらしい。
248f57e5.jpg

外で朝食を済ませて戻ってみると、既にほとんどの選手が午前の競技の離陸をして、空には色んなモーターパラがいっぱい。
そこで日本人選手のエンジンがトラブルらしく、頼まれてもないのに首を突っ込む私。ちょびっとは言葉で役に立てたかと自己満足。でもテイクオフ締め切りギリギリにエンジントラブルがあった日本のタンデム機が離陸したのを見た時は感動して涙がちょちょぎれた。(後から聞いた話、パイロット本人も色んな人にサポートされて離陸できたことに感動されていたそうな)

c4a7efae.jpg
今日は「90分の間にどれだけ多くのポイントを回れるか」という競技であったらしい。次々にランディングしてくる。

1a8f0cbf.jpg
ちなみに、エンジントラブルの日本タンデムは慣れないエンジン&ハーネスセッティングで大変だったそうな。そしてもうひとつ、離陸前に言われたので伝えたけど、燃費の悪い物だったそうで、最後の最後に燃料切れで、ランディング間近でアウトランディングの失格だったそうな…残念。

4c396554.jpg
ランディングにはテレビカメラがいっぱい!
色んな言葉が飛び交っていた。

今回注目の中国人選手「わんみんじ~」
本人に聞いたところ、彼は85分でランディング、まぁまぁの飛びだったそうだ。
私の体の半分は日本応援、半分は中国応援、どっちも頑張れぇ~っ力こぶ


そして雷雲発生で中止となった午後もまたもや頼まれても居ないのに首を突っ込む…
まずは中華お弁当に疲れた日本人スタッフさんの要望により、マクドへ買出しにいく車の手配。そして一緒に昌平の街へ出た。

戻ってみると臨時で借りたエンジンも絶好調ではなく、更に個人の持ち物だしということで問題あり。レンタル出来ないかと交渉してみるがダメであった。
そこでは個人的に嬉しい(?)事が。臨時でエンジンを貸してくれた人が「君、日本語うまいね」って…(笑) 私が日本人であることを伝えると非常にウケていた。何故っ? その後「ボランティアの中国人学生かと思った」…ということは、私が学生に見えたのですねっ!? うっしゃっしゃ笑い

話は戻って、レンタル出来ないなら次のエンジンを探す。
M氏にお願いしてみるも、忙しくてヘロヘロなのが一目見ただけで伝わってくる。こんなM氏は初めて見る。
申し訳ないので、自分でも続けて探してみる。ほぇいちゃんに相談したら、中国人有望選手わんみんじ~に相談してくれた。すると彼が「このエンジンは大丈夫。でも枠と燃料タンクがダメだからこっちと交換して」と2つハーネスを貸してくれた。

続いて備品を買いに行きたいということで、またもや昌平の市内へ行くことに。今度はタクでなく弟くんが車を出してくれたので道はあやふやだが、お昼にマクドを買いに出たついでに寄った場所でお買い物が出来たりと、少し昌平の街も知ることが出来た!
次はガソリンスタンドもスッと辿り着けるよっ!!

お使いから戻り、問題のエンジン組み立てが終わったところでタイムリミット、私は帰宅。その後うまく動いたのかなぁ…気になる。
週末しか首を突っ込めないのが残念…

at 23:10|PermalinkComments(0)

2007年09月01日

世界選手権開会式?

486b2295.jpg
以前からず~っと練習を見ていた5機の見せ所☆
「北京歓迎ni」オリンピックのリングカラーに2008年北京オリンピックの言葉の漢字が1機ずつに書かれてある。
どの色が誰だか分からんけど、いつもエリアで会ってる人がやってるんだなぁ~って思うととっても身近なようで、でも凄いような…とにかく大会を身近に感じるのである。

d5a82999.jpg
そして5機からテープが出て→


c751c221.jpg
←円を描いてオリンピックマークOK
一瞬のポイントではいまいちのように見えるが、動きを見ているととっても素晴らしかった。

365df555.jpg
締めはトライクから中国女子スカイダイビングチームの美女達がダイビング、次々とポイントに降りてきたのであった。→

とにかく見所たくさんの開会式であった。
大会は9日まで(のはず)
期間中条件に恵まれて、無事大会終了出来ますようにっラブ


追記:舞台の後ろにも、皆が来てるTシャツの背中にも、オフィシャルのロゴが入っている。中には私が集めた会社のロゴも入っていて、なんだかひとり得意げな気持ちであったドキドキ小


at 23:57|PermalinkComments(0)

世界選手権開会式?

楽しみにしていた世界選手権が始まった。
開会式は夕方4時から、2時過ぎに到着した私はいつものエリアが華やかになっていることにウキウキしていた。
すると「あ~っ、お久しぶりっ!」大連時代に会ったイントラさんが審判として来ていた。北京で会ったけど移動で地方へ行った人も湖南省林州へ飛びに行った時に会った人も最近会ってなかったフライヤーさん達も…久しぶりがいっぱい笑い
そして初めて会う日本の選手や大会お手伝いスタッフさん達…
私の興奮は最高潮であった。大会が始まる前から体力使いまくりっクラッカー
a1898c15.jpg

そして開会式が始まった。
22カ国(のはず…)、100名を越える選手(のはず…)が集結
日本からは6名の参加である。

11c42d76.jpg
一通りのご挨拶が終わったところで、中国らしくカンフーのお披露目。
その時にトライクが3機、ごぉ~っ!!と通り過ぎた。空も見せてくれますねぇ~!!→

7573d177.jpg
←その後おばちゃんたちによる扇子を持った太極拳が始まり、その後ろを参加国の旗を付けたモーターパラ達がっ!!
こんなにいっぱい一気に見るのは初めてぇ~っ!! 私の血圧はまた上がる…
カラフルで、優雅で、モーターパラの良さを見せ付けられた感じであった。エンジンがあるからこその見せ方、私も飛びたぁ~いっ!!

a913988e.jpg
どこの国だか忘れちゃったけど、マンタが居た魚
お腹にはご丁寧に小さな魚もくっついていた。
め~っちゃ可愛いっラブ

6d6cb9d8.jpg
←そしてスパイラルも見せてくれました。

大会が終わったら、各国の選手がリラックスして飛ぶそうで、その時がもの凄い見ごたえがあるそうなっ!
来週日曜日にそんなチャンスがあるかな? 楽しみぃ~っ!!

at 23:51|PermalinkComments(0)

2007年08月26日

雨のエリア

雨の山を久しぶりに見た。
北京では雨が少ないし、そんな日にエリアに行くことがないので、ご無沙汰だった。
土と草が雨と混じっていい匂いだったラブ

さておき、雨の日だったがエリアに行った訳は、淘淘(たおたお)ちゃんを新しいきちんとした飼い主の元へ届けるため。
そしたら日本人が居るではないかっ! 着いた私を見てエリアの人に「おぉ~っ、通訳が来たっ!」っと喜ばれた。私が専門的な単語は分からないよと言ったら、そんなことはいいんだって言って訳して欲しいと言われた言葉は…「ご飯だよ」
ん~、これなら私にも通訳が務まります。とんがらしはいるか? おかわりは?…と得意分野で通訳完了。少しお喋りしてたのだが、今度の大会の選手さんでした。

逃走クセのある淘淘は奥の檻の中でドロンコ、シャンプーをしてやることに。
おりこうさんにシャンプーを終え、車で約2時間の旅。
72f2a296.jpg
←車酔いはマシになったようなものの、やはり車に乗った瞬間、なんだか情けない顔になる淘淘。
なんだか真っ白だった毛が薄茶色っぽくなっちゃってるけど…でも可愛いのには変わりない。
それにしても来る時よりおっきくなったねぇ~。

ee102ca1.jpg
寝相その1→
普通におねんね。
よっぽど安心してるのか、すぅ~すぅ~いって寝ていた。

続いて…
6f0a0270.jpg
←寝相その2
最初は頭が足元の方へ下がって寝ていたのだが、苦しかったのか途中から上向きに。なんだか不思議なカッコで寝ています。

2b306115.jpg
寝相その3→
顎が上がりすぎるのもしんどかったか、鼻先が下がってきてすぅ~すぅ~。
二十顎になってますよ…。

相変わらず寝相は面白い淘淘ちゃん。

f31f3cec.jpg
新しいおうちは大きな倉庫&会社の一角。夜は門を閉めて犬を放しているそうな。
淘淘が慣れるかどうか、好きになるかどうかは少し時間がかかるかもしれないが、もしも合えば、短い綱で散歩して狭い部屋でキレイにシャンプーして居るより楽しいはずだ…そう信じたい。

紹介してくれた王兄さんに感謝犬

at 13:46|PermalinkComments(0)

2007年08月22日

お手伝い

9月にモーターパラグライダーの世界選手権が北京で行われる。
私が所属しているクラブ、北京飛人も主催者側に参列。そのトップは今年のいつからだったか日本人のM氏になった。
M氏はハングでもモーターパラでも日本記録を3種ほど持ったことがあるらしい。今も1種は打ち破られていないとか。凄いな☆

今回そのM氏から広告スペースのお手伝い依頼を受けた。
営業やってて役に立った! すぐに何社か浮かび連絡をし、結局4社私がげっちゅ! 初めて役に立てたのではなかろうか…めっちゃ嬉しい拍手

そして今日新聞記者会見があったので、こんなチャンスはもうないかも知れないからと午前中休みを取って行ってみた。
069c35ac.jpg
入り口は警備がキビシそう、来訪者は記名をと書かれてあったので、そっちへ向かおうとしたところ、入り口に居たスタッフに呼び止められた。よく見たら、見慣れた顔。(名前はハテナ?)
なんとまぁ、顔パスで入れてもらった。

案内された場所は何やら国会のお偉いさん達が集いそうなU字ソファー。M氏が居たのでその側のすみっこのイスを見つけてちょこんと座っていた。
ここであるのだと思い込んでいたのだが、どうやら違うらしい。時間が近くなって会場へ案内されてビックリ☆
34f31d77.jpg

おぉ~っ、VIP待合室だったのかっ!!→
なんだか天狗になってしまう出来事であった。

456c01b0.jpg
そして会見が始まった。
なんだか訳が分からないまま終わってしまった。
ほぇいちゃんに「分からんかった…」と打ち明けると、「日常会話とは違う難しい言葉だから仕方ないよ」と励ましてくれた。いつかはそれも分かるようになりたいな。

ランチを済ませ、一旦帰宅。
お昼寝を少ししてから出勤したのでした。

at 23:28|PermalinkComments(0)

2007年08月11日

飛ぶ気なし。

今日は朝からヌケヌケ。
初めて鍵を持たずに出てしまった。何故こういう時って閉める寸前ではなく、閉めた直後に「あっ!」と思い出すのだろうか? しかも携帯電話も持って出るのを忘れた…最悪困った
これは気持ちだけの問題だが、前厄なので厄除け7色ネックレスをゴールデンウィークに母に買ってもらい毎日つけているのだが、それも忘れた。

仕方がないので合鍵を預けてあるあきこはんを突撃!
今日はきっと会社に居るだろうと押しかけたら、門のところでバッタリ☆おぉ、神よっ! 鍵をもらいひと安心。

弟くんの車に乗せてもらって、さぁエリアに出発だ! と動き出したら、交差点でコツン… 当たった? 止まったと思ったのに…という速度だったので、当たったところも分からない程度。でも相手が警察を呼ぼうと言うのでそうしたのだが、弟くん免許証を忘れてしまったらしい、ピンチ汗 そこに相手がやってきて「やっぱり時間がかかるからもういいじゃないか」と言い出した。そして事なきを得た、ほっダッシュ

八達領高速を北へ向かって走る。いつもの道で、変なところで渋滞している。これは事故だな…そう話しながら現場の見えるところになってビックリ宇宙人 どでかいトラックに乗用車が後ろから追突していた。それも物凄いスピードを感じさせる突込み具合、トラックのバンパーの下に車が潜り込み、天井はひしゃげて後ろに流され低くなっている。絶対死んだよね…。ブルー。

でもエリアには無事到着、そして楽しく過ごした☆
最初っから「飛ぶ気なし」だったが、条件も後押し(?)、強風の西風でダメダメでしたとさっ。

e75ae9ba.jpg
淘淘に3週間ぶりに会ったら、でっかくなってた。そしてべっぴんさんになってた。
d6e1e595.jpg
0afa3a63.jpg


70393af7.jpg
エリアでは徐々に9月に行われるモーターパラグライダー世界選手権の準備が進んでいます。

そんなエリアを後にしてから後で書くEちゃん達と夕食を食べ、ボーリングに行き、ビリヤードをして、マッサージをして…4時半頃に帰宅。
そして悪夢はまたやってきた…
ドアの内側から鍵を挿してるせいで、部屋の鍵が開かないのであるっ!!
うっそぉ~!?
結局弟くんが付き合ってくれて、8時まで車で仮眠。早々に鍵屋さんに電話してくれて、40分後に鍵開け氏到着。そしてマンションの管理会社と公安も住人確認の為に登場…はずかしっ☆
20分後に無事ドアが開き、私の賃貸契約書とパスポートを公安が確認。そして更に弟くんの身分証で保証もしてもらい、一件落着。
凄い1日であった…

at 22:10|PermalinkComments(0)

2007年06月10日

へろへろフライト

エリアに着いたら「上がるか?」の声がかかり、テイクオフへ。
368a970e.jpg
皆でいつものように飛び出します。
そこで私に異変が…ねっ眠いっZZZ
ここに来て早起きのパンチが効いてくるなんて! それでも飛び出し、少し上げて、さっさとゴルフ場の方へ行って無事ランディングしたのでした。

眠くてへろへろフライト
ゲイン150mの20分、安定してきてふわふわ気持ちのいいフライトでしたOK

0e6811f3.jpg
ランディングで雑談タイム。
王兄さんがダンボールに納まって面白かったので撮影→

もう1本飛ぶか?の声がかかったけど、眠くてしょ~がない。弟くんにさっさと街まで連れて帰ってもらい、まだ暗くなる前に寝ちゃったのでした夕日

at 23:29|PermalinkComments(0)

2007年06月09日

ゴルフ場

早朝5時にお迎えの車が来て、日本人会のゴルフコンペの受付のお手伝いのためにゴルフ場へ。
家を出た瞬間、朝のいい香り。たまに早く起きるのもいいこともあるね!
b47a22ab.jpg
ゴルフ場へ足を踏み入れるのは初めて、朝の緑のにおいと景色がと~っても爽やか太陽

受付けのお仕事を1時間半ほどで終えた。
大使も参加☆

b924a7ab.jpg
受付けを無事終了して、朝食をいただく。こんな景色の中でいただく朝食はなんて爽やかっ! 次々とスタートしていく組を遠めに見ていた。

1b69db27.jpg

←こちらはキャディーさん。
雰囲気は日本と同じなのかな??

58530eb7.jpg
そして朝食の後は皆が戻ってくるまで練習までさせてもらった。
打ちっぱなしもさせてもらい、次に初パター練習もっゴルフ
グリーンの上では走ってはいけない、そ~っと歩くこと…なんてマナーを教えてもらったり。それを聞いてから妙に気を使っちゃって、グリーンの上をあっちゃこっちゃ変な歩き方でウロウロしたのでした。

72ddc6df.jpg
そうこうしてると…
おっ!飛びだしましたねっ!?
そう、ここは十三陵のゴルフ場。私が普段上から見てるところです。

きゃっほぉ~い、飛びたい!
集計はすっぽかしちゃってエリアに移動したのでした。
朝がんばって起きたとは言え、ただ食い&ただ打ち逃げ…すみません汗

at 23:26|PermalinkComments(0)

2007年04月30日

姫路

1600161e.jpg
マイグライダー飛飛と日本で飛びたくて、キャノピー(グライダー)だけ一緒に連れて帰った。その他の道具は元私の1つ目、今は妹のものを借りてのお出かけ。

兵庫県姫路の書写山へ行った。
トム・クルーズの「ラスト サムライ」の撮影がここで行われたらしい。へぇ~。

ランディングは写真中央の高速道路のすぐ右側脇にある田んぼ1枚分…プッ、プレッシャーだっ困った
とりあえず気合を入れてゴンドラに乗って上がり、頂上駅から3分ほど歩いたところにテイクオフがある。

3a0b102b.jpg
こちらがテイクオフ→
上がってみてビックリ☆ 私の出身エリアのI氏に偶然出会った。いやぁ~、パラの世界って狭いね、日本でも中国でも、どっか行くと誰か知り合いに出会えるんだ。

テイクオフも1機広げられるだけでそれほど大きくない。普段河原や湖等でかなり気楽な雰囲気の中飛ぶのに慣れちゃってるので、テイクオフも空中もランディングもなんだか不安がいっぱい。
とりあえずは人が飛ぶのを見てみよう。なんて言いながらお喋りを楽しむ。当たり前のことやけど、言葉が全部無理なく分かる。言葉で苦労することがないってラクチンだなぁ~っ☆

3e34dc37.jpg
 3b95cae2.jpg

こちらは今日一緒に連れて来てもらったT氏(左)とM氏(右)である。
美しい。
しかし私はビビッて飛べず、お金払ってゴンドラで降りたのでした…。

そしてランチへ。
海際なら気楽に飛べるか…とエリアを変えてみてくれはったけど、こっちは風が弱い、弱すぎる。何故だ? さっきのエリアはあんなに強かったのに。崖をよじ登る気もせず、海と砂浜があったので少し水に触れて大満足!

「でも折角だから飛ばしてあげたい」という有難いお言葉と共に午前中のエリアに戻った。がしかし誰も居ない。飛んでないんじゃなくて、フライヤーがどこにも居ないのだ。でも上がってみて、T氏が風見に飛んでくれて、M氏に見てもらってテイクオフ、そして3人でしばしフライトを楽しめた音符
こうやって飛びたかったんですっ笑いドキドキ小

0a85cbca.jpg
そして帰り道、家の車もハンドル握ってないのに、T氏の車を高速で少し運転した。緊張しました汗

そして着いた先はお寿司屋さ~んっ魚
回ってないよっ!!
超フルコースで全て楽しませていただいて、本当にありがとうございましたっ譜面

at 23:08|PermalinkComments(0)

2007年04月15日

久々フライト

久々に十三陵水庫の基地へ。
弟くんより私のほうが通っていたらしい、エリア付近でも私がナビる。

524db840.jpg
ランディングに到着☆
気候が良くなったので、人もいっぱい!
久々に会う顔がいっぱい!
地方から戻ってきたというイントラぐ~さんも笑顔笑顔
グライダーを見て誰だか分かるようにもなってきて、ランディングで見ていても楽しい。でもどうやらあまり穏やかではないようだ、穏やかな夕方を待とう。
続々とランディング、そして私も一緒にテイクオフへ上げてもらった。

ca2c9842.jpg
午前中のお花見はなんだったんだ!?
テイクオフに近付くにつれ、ランディングからは裏側で見えなかった近くの山々が見えてくる。山の大部分が雪がちょっと積もったかのように白い花が咲いてるやないのっ! 花見に行ったよりずっと凄いぞっ!!
←いつものテイクオフ到着。

b233f02b.jpg
常連さんは流石に皆レベルアップなさっている感じがヒシヒシと伝わってくる。王兄さんがささ~っとテイクオフ。

そんな素敵な日、しかも夕方の穏やかな時間に…
私はテイクオフぼろぼろで、初フライトだというお兄さんに「あなた何本目?」なんて聞かれてしまった。「長年やってても調子が悪い時があるんですっ!」そう言ってやりたかったが、負け惜しみも悔しいので黙って「10年ちょい飛んでます…」って答えておいた汗
じたばたすること片手では足りず…結局浮かされて、フラフラ大きく揺れながらテイクオフ…木にかからなくて助かったダッシュ
グライダーがあっち向きこっち向きするし、テンションは感じられず、ゆっくり上げてるのに浮かされて、訳の分からん不思議なテイクオフだった。

フライトは35分程、寒くて鼻水たれてたかも。
穏やかで、ずっとテイクオフからゲイン100mくらいでふわふわ。
寒さに耐えられず高いままランディングを目指す。
テイクオフがダメな時はたいていランディングはとっても気持ち良かったりするのだった。

ランディングしたら北京→天津の最終列車に乗らなければならないおフランス人さんが居て、その人を北京駅まで送る為に急いでお方付け。
車内では弟くんとおフランス人さんはフランス語でお話、さっぱり分からんわ。けど皆さん英語がお出来になるのね…あぁ、また英語の壁にぶつかった。ちょび~っとは話せたんやけど、ぜんぜん言いたいことが言えない、中国語とあわせて英語の勉強もしたいなぁ~ってまるで中国語の勉強してるかのような発言。学校終わってから全然勉強してないの…。
なんとか40分前に駅に送り届けたのだが、おフランス人さんのGPSより私の方が到着予測時間が適切であった。ふっふっふ…。
 り~ほぇい「いぇ~い、私のほうが正確!!」
 おフランス人さん「天津に戻ったらGPS捨てて、中国人の彼女を探すよ」
 り~ほぇい「天津の友達紹介するから、GPSちょうだいっ!ウインク
 (注意;この部分は私は中国語、その中国語を弟くんがフランス語に訳という形で会話がなされた)

今日も楽しかったラブ

at 23:06|PermalinkComments(0)

2007年02月11日

お久しぶり!

お久しぶりのパラグライダーDAYドキドキ大
お久しぶりの十三陵のエリアにてのフライト(まだ以前の問題以降、政府からの許可はおりてないそうだが、倶楽部はノータッチという形でフライヤーが飛び出したという状態だそうな)

39c4fd0e.jpg
王兄さんに連れてってもらって、10時頃エリア到着☆
車はいつもと同じところまでだが、そこからテイクオフまでのコースが変わっていた。
そこで塔のウンチク発見☆→
まぁたいしたことないのだが、こんなのあったのねぇ~って感じ。

26805ca7.jpg
で、久々にここのテイクオフに立ってみて改めて思う。今年は暖かいなぁ~。ダム湖の半分は氷が解けてしまっている。昨年はもっと凍ってたぞ!?

7630a978.jpg
そしてテイクオフ準備。
おっと、スッゴイ静電気ですっ電球
グライダーを袋からしゅるしゅるっと取り出すといっぱいくっつく枯れ芝、それがツンツン起き上がっていた。なんとなくお好み焼きが食べたくなった…料理(だってカツオブシに似てたんやもん…)

そんなことより飛びであるが、今日は1日飛べた。レオンはんとイさんとルオはんともう一人名前を知らない人と現地合流。
到着後まず北向きテイクオフから1本、獲得高度100m、25分のフライト。私は2番目にテイクオフしたのだが、1番目に出た名前知らない人(顔は知ってるんやけど)がテイクオフすぐ横に山チン。後から聞いたところによると、彼はいつも寄り過ぎでよくひっかかってるそうな…。
a23cafda.jpg
そしてまたテイクオフに上がって2本目。今度は王兄さんがぱぱ~っと準備して飛んでった。
←の図。
ちょうど北向きエリアからテイクオフすると、明の十三陵が目の前に広がる。世界遺産を見ながらのフライトを中国で普通にやってるってのが我ながらスゴイなぁ~と思うキラキラ

で面白かったのが、王兄さんが飛び出した後、風が南西になってきた。その他の人々は皆南向きテイクオフへ移動、ぶっ飛んで行った王兄さんをさしおいて、皆滞空☆ 私は一時期皆を見下ろす形でゲイン620m、対地高度1,050m辺りを飛んでいたのだが…ある時はプラス4.6m/秒の上昇、かと思ったら沈下…安定せず上がったり下がったりのフライトとなる。こういうの、精神的に疲れるのよね…40分でダウン。ランディングした頃、リベンジ王兄さんが飛び出した(笑) けど荒れててさっさと降りてくる。

そこで朝、王兄さんが買ってくれた大量の包子を取り出して皆でつっつく。その間もルオさんひとりで1,200m辺りを浮遊してはった。無線でヤイヤイ言い合ってるのも楽しい。

今日は夕方いいかもしれない。お腹も落ち着いたところで再度テイクオフに上がる。
イさん、王兄さん、レオンはん…最後の5人目に私もテイクオフ☆皆でアーベントを満喫、最高びっくり 私はそんなに高く上がらなくてもいい、安定してる中の飛びが一番好きなのだっ!! ちょっと混雑してるけど、知ってる人ばかりの中でのフライト、すれ違いざまに手を振ったり合図しあって飛ぶ…楽しいっ!! 中国で現地フライヤーとこういう飛びが出来るなんて拍手 言葉じゃない、同じことを楽しむ仲間に感動!!
そしていっつもさっさとランディングに向かう私が最初から最後まで一番高く、そして長く飛んでいたのであった…アーベント好きラブ ゲイン120m、フライト時間1時間。

そして3本目のアーベントフライトの時、ランディングにもおまけがあった☆
ランディングで皆が立ち上げをしている。しかも横1列に並んで。面白い! 私はその端を狙ってランディング、そのまま一緒に立ち上げ☆ 素敵な仲間と風に酔いしれた1本であったグラス

帰りにスキーから戻った朱さんと彼女も合流して楽しい夕食乾杯
そしてレオンはんにのっけてもらって帰宅家
素敵過ぎる、楽しい、爽快な1日だったクローバー

at 23:01|PermalinkComments(0)

2007年01月07日

2007年初滑り&初飛び

スキーの会に初参加、石京龍滑雪場へ行ってきた。
f6b45d52.jpg
今シーズン&今年の初滑りである今日は晴天太陽
雪質もかなりいい雰囲気雪
入り口ででっかい雪だるまさんが迎えてくれた。

元旦に家族に持って来てもらった板とブーツを取り出し、ご機嫌で滑り始める。
しかしそこで悲しい事実に気付く…レンタルの板より私のが古い悲しい かれこれ10年になる私の板とブーツは、カービングばっかりの中でシャキーんと真っ直ぐ長く伸びていたのであった…。
毎年買おう買おうと思いつつ、使えるもんやからなんとなく流れ続けてきたのだ。そして今日も滑る…。

6d5ed4c3.jpg
数本滑ってリフト乗り場で顔を上げたら…
なななななななぁ~っ、パラやぁ~っ笑い
観光タンデムらしい。リフトには乗らず、慌ててランディングへすっ飛んで行った。係りの人に必死で私も飛べるか聞いてたら、パイロットさんが声をかけてくれた。
するとなんと十一連休の時に河北省は大崖で会ったことのあるパイロットさんであった!! 実は私は覚えてなかったのだが、外人さん特典でハオさんが覚えてくれていたのだ。しかもグライダー貸してくれるって!!
後ほど連絡を取り合うってことで、興奮状態のままスキーに戻る。

ca19b522.jpg
ゲレンデは1コースしかないし、初中級って感じである。年末に積もった雪がまだ少し残ってるが、ゲレンデは人口雪である。

b0cc8b93.jpg
今日は足先が特に冷えるな~と思いつつランチに戻ったところで発見☆
ブーツが割れてるっ困った
折角苦労して持って来てもらったのに、一回滑りに来ただけでアウトだなんて…ショック☆
この機材で午後もだましだまし少し滑ったが、ヒビが足首を越えたので怖くてやめた。後から怖い話を聞いてビックリ☆ 怪我せんで良かった…。

ブーツとは記念写真を撮ってゲレンデでさよならしてきた。
これでイヤでも買い替えの時期が来たようで…。

でもってパラだが、ランチの後ハオさんを見付けて本当に1本飛ばしてもらえた。思わぬ初飛びは、人生初ゲレンデフライトとなった音符いぇ~いっ!!
ここは南向き(雪溶けるよね…)、ゲレンデ中央辺りからのテイクオフになるので高低差は100m強だそうで。
借りたグライダーはイーデルのDHV1、下限が95キロやって…。「ほぼ無風だから大丈夫だっ!」って言って貸してくれた。
無事一発テイクオフ、無事ランディング。1分足らずのフライトであったが、穏やかでめ~っちゃ嬉しくて楽しかったハート ハオさんに感謝!!

423dc07d.jpg
夕方5時、ゲレンデを後にする。
いやいやいやぁ~、楽しかった!!

夕食まで参加☆
しっかり食べて飲んでしまったので、今日の消費エネルギーはバッチリ補ってしまっただろうな…。

ゲレンデからの帰り間際、ハオさんが声をかけてくれた。
これから朱さんやしゃおつぁお達(私も知ってるパラ仲間)とホームパーティーするんやけど来ないか?って誘ってくれた。誘ってもらえただけでもとっても嬉しかった☆
仲間に感謝ラブ

at 23:55|PermalinkComments(0)

2006年11月26日

房山区

王兄さんに連れてってもらってパラ。
兄さんの車に乗せてもらって高速を走ってたら…
バンッ注意と目の前に白い物体が吹っ飛んできて、もの凄い音を上げた。卓球ボールサイズの石がぶち当たったらしい。助手席に乗せてもらってた私はびっくらこいてヘロヘロ、それを見て兄さんは笑いながら「ん~、このフロントガラスいけてるねぇ~」なんてのん気なこと言ってる。ヒビも入らず、少し傷が入った程度、割れてたら危なかったねダッシュ
ってか車にキズが…私ならショック受けちゃいそうやけど、王兄さんはスッゴイな笑顔

北京市は房山区にある、王兄さんが発見したエリア。この辺にはいっぱい飛べそうなところがあるらしい。
聞いてみたところ、どうやら適当にいいところがあったら飛んでもいいらしい…ほんまにっ!?

ceba5636.jpg
「ランディングはこの奥にある」ってことで、レブントはんについて確認に行ってみた。ふたり顔を見合した…「ここ?ウソやろ?」
「あっちからアプローチかけて、この木の間を抜けて、急降下させる…もしくはあの木にかかるっ!?」なんておちょけて説明してくれる。
でもマジでこれがランディングやったら、私飛~ばないっ!!
(写真ではマシに見えてるが、右側に1本立ってる木のところは1mくらいの段が続いて足場も悪いのだ)

7d0cc0ea.jpg
とりあえずテイクオフまで上がってみる。テイクオフから見たランディング→
すぐ足元に写ってる広~いところがそうらしい。ほっ、これなら飛んでもいいな。

このテイクオフは高低差200m、北風以外飛べる。北風の時はお隣の山に行ったらいいらしい。ってことで全ての風対応だそうだ。

ここでふっと思ったのだが、日本のエリアは管理されているけど、中国はかなり野放し状態。
エリア(ってか、飛べそうな山)を見付けては飛んでる王兄さんもまだパラを始めて1年弱ほどらしい。なんとっ☆
フライヤーの自立の違いに感心させられる。

4e43b812.jpg
いまいち風が良くないので飛行機登場飛行機
あれに乗ってたら…酔うだろうな困った

1493f621.jpg
ルォカ~(なんともカタカナ表記のしにくい発音の名前なのである)がテイクオフで遊んでいた。→
彼もパラを始めて1年ちょいということらしいが、め~っちゃ上手いっ拍手 テイクオフが特に美しいっ!! 結局今日はテイクオフしては少し飛んで降り、降りてはグライダーを頭上にキープしながら登ってきて、登ってきたかと思ったらテイクオフ…を繰り返してはった。

そうこうしてる内に微風が突然強風にっ!!
さっさぶいっ、そして飛べなくなったドクロ
微風で飛んだ人のみが飛べた。(と言ってもほぼぶっ飛び…)


66c0a779.jpg
夕食は皆揃って王兄さんのお店でゴチになる料理
おぉ~、麺削ってるぅラーメン

at 22:58|PermalinkComments(0)

2006年10月29日

なんとか撮影

2日目、林州。
朝ごはんを終えて(昨日はまともに食べたのは夕食だけだった。テイクオフでバナナやクッキーをもらって生きていた)エリアへ。
ランディング後帰路につくということで、宿泊費やエリア代の清算を先に済ませてテイクオフへ行く。

林州はテイクオフまでの車代が1回40元(約600円)で、エリア管理費(ビジター)が1日100元(約1500円)だそうだ。
北京もたぶんいると思うけど、私がグライダー買ったからクラブ員にしてくれてる。北京のクラブバーへ行っても、クラブ員価格にしてくれるしっ笑顔(半額!!)

さておき、北京のスタッフに中国語をペラペラ喋るトルコ人が居る。それも元どこぞのテストパイロットで、自分のグライダーもラインの位置等注文を出して作ってもらってるような凄い人が。
その人とは北京のクラブで見かけたことはあるが、話したことはなかった。今回引率の一人として来ていて、お話するキッカケがあった。私の昨日の飛びを見てアドバイスをくれた。「ココのサーマルの場合は小さく回した方がいいよ」っちゅうことですので、行かれる人が居たらご参考に。

テイクオフまで歩いてると後ろを歩いてただ~ぱんが白さ際立つ私の靴を指摘した。昨日ランディングでどろんこなってん…って話すと、「テイクオフと飛びが良かったら、ランディングくらいなんかあっても不思議じゃない」といった風に慰めてくれた。

今日は若干弱めであるが、いい東風。
たぶん昨日のどろんこパラパラ落しながらの、だけど気持ちいいテイクオフ。3時頃には帰るから、飛べる間に早めに飛んでおく。こういう時「いい飛び」を追及してないお手軽さが出る。飛んで嬉しければいいのだから。(↓わたし)
20e33560.jpg


562b426a.jpg
テイクオフ前に「昨日より荒れてる」と言われビビリもってテイクオフ。ん~、荒れてます困った そして上空はかなり南東風が強いですっ!! 飛び出してだ~いぶして振り向いてみたけど…テイクオフがすぐ近くにある。(白い部分がテイクオフ)
テイクオフ前と崖際はかなりグラグラ、少し離れてみたら超ド安定(風が強くて止まってる感じやったけど)な瞬間があったので、なんとか撮影出来た。

ace51bdb.jpg
安定してる間にいつもの足入りお写真もげっちゅ。→
よく考えると凄いカッコで飛んでいる。元は太極拳練習用に買ったズボンだが、今は部屋着(寝巻き)となっており、靴は子供用のクマちゃん付き。そしてフリースも部屋着化しているものを着ていて…もっさいダメ

カッコ悪いけどどうしようもなかった。
飛びもカッコ良くはなかったなぁ~汗
今日はテンションは抜けなかったが、グラグラが激しく、遠くの方でバサァ~っと潰されてる人なんかが見えたりする。11時半に飛び出したのにこの風の強さ、ピークは1~2時頃が一般なので今後更に強くなる恐れだってある。はい、私の不安は末期状態。ランディングへいちもくさん。
今日も1000m、150mゲイン。25分のフライトであった。

db288f84.jpg
ランディングは東側を避けて降りる。足元はバッチリOK しかし…グライダーは私の抵抗も虚しく低い茂みの上に。回収に近付いてみると…トゲがあるやないのっドクロ もぉ~っ、ほんまイヤんなる。飛飛ごめんねぇ~悲しい

←この道でグライダーを畳む。
昨日飛ばなかったインレイも今日は飛んでお方付け中。

私と変わらない飛びをしたレオンはんは物足りず、もう1本飛びに行った。レオンはんの車に乗せてもらって北京に帰る私はしばらく時間が出来た訳で、とりあえずランディングしましたメールだけ送ってランディングで遊んでいた。

私は肝っ玉の小さいフライヤー、荒れてたらすぐ逃げるし、ランディングにとどかなくなるかもっていつも高~い高度でランディングに向かうから粘りも少ない。そして知識も浅く、GPS等持たずに飛ぶので数字的な話もしない。だけどフライト暦は10年。中国における日本人フライヤーのレベルのイメージを落としているような気がする。申し訳ない。
誰かイメージ回復に来てぇ~っすいません

飛びは「…」だけど本人は満足しているのである。
そしてテイクオフでうだうだしたり、ランディングでもうだうだしたりするのも楽しくてしょ~がないのだ。
eed2c90b.jpg
昨日の青年の内の2人が会いに来てくれた。→
ハッキリ言って日本人は嫌いだ。だけど「初めて会った日本人のあんたは好感が持てる」と言ってくれた。フライヤーさん達も時におちょくりながらも相手してくれはる。
日本人の飛びのイメージは落としてるかも知れんが、交流はまかせてっラブ

結局彼らは3時間近くここでお喋りしてくれたのであった。
そして帰路に。肉まんを買って走りながら夕食。ほとんど休憩もせずに走り続け、7時間後に北京到着。
レオンはん、ありがとぉ~っパンダ

at 23:30|PermalinkComments(4)

2006年10月28日

どろんこ

39b3d4fc.jpg
テイクオフから見たランディングである。
霞んで非常に見難いが、真ん中にクッキリ見えてる道の上の少し左上辺りがメインのランディングである。
広さは十分。電線に気をつけて、そこらじゅうにある畑に下りればいいのである。注意点は2点、?西向きにランディングしないこと。段々畑になっていて、西が高いから激突しないように。?ランディング後は畑から速やかに出て、道路でグライダーを畳むように。持ち主だと言ってお金を請求してくる人は無視して、絶対払わないように。ということだった。

で、瓜子をつまみつつ会話すること1時間ちょい、だましだまし入ってくる東風で風見現地フライヤーがテイクオフ。しばらくリッジで粘ったあと上昇し始めた。その後外人(私も一応外人)フライヤーがひとりテイクオフ。そしてまだまだ東風が安定しないテイクオフで見上げる人を残して二人とも見えなくなった。2000mくらいかなぁ~なんて見上げる。リッジエリアのようで、実はサーマルエリアなのかっ!? でも中国に来てからこんなに上がってる条件は初めて見たかもしれない。景色とリッジとサーマルと…人気の理由かな?

でも気になるのはちょっと荒れてるんだよねぇ~。
司馬台で3mとかでビビッてた私には過酷そう。でもせっかく来たし上がったし、車で降りるのはイヤ過ぎる。危険は冒したくないので、さらに暫く待ってから東風の時間が長くなってから2時半頃テイクオフ。

は~い、やっぱり荒れてますっ困った 中国で飛んだ中で一番荒れてた。
飛飛はパシャパシャ言うし、すこんすこん左右テンションが抜けるし、4m越えのアップダウンが時に襲ってくる。後から皆の話を聞いても、最高7mのアップダウンってのも聞いたし、片翼潰れは皆あったようで…。でも1000m越えもたくさんおられたよう。

そんな中私は…
怖くてねぇ~。手が放せなかったから、写真は撮れず。ずっとビビりながら必死で飛んでいた。安定はしてないけど、比較的おだやかなサーマルがあったので、しばし空中滞在。
高度は1000m(ゲイン150m)
フライトタイム30分
負け惜しみとかじゃなくて、粘ろうと思ったらまだまだいけた。だけど精神的に疲れて無理、余裕がある内にランディングを目指したのであった。

そしてランディングでアクシデント注意
どこでもいいと聞いてたので、電線と西向きに降りないことだげ注意して無事ランディング…ズボッダッシュ
右足が足首まで埋まったのだ。しかしなんとか走りぬけ、犠牲は右足だけで済んだのだが…
羊飼いのおじいちゃんが私に向かってなんか叫んでる。で、助けに来てくれたかと思うと、グライダーを持って連れてってくれたところは…ズボッダッシュ ズボボボッ困った 左右の足がスネまで埋まった。そして動けなくなった…ドクロ
前をゆくおじいちゃん、慌てて引き返してくる。しかし私はもう動けない。肩をかしてくれて足を抜いたら靴が脱げた。ドロの中から靴を取って履かせてくれる。
0138b0bf.jpg
そんなこんなでなんとか道まで出たときには膝下までどろんこで、ドロと水分で足が重かった。そして飛飛もどろんこ悲しい あぁなんてことっダメ だけどおじいちゃんもどろんこ、腹立つような、申し訳ないような…。そんな情けない姿である。→

飛飛はなんだか可愛そうなグライダー、錦州の大会でいつの間にかタバコ(私は吸わない)の穴があいてたり、司馬台のテイクオフでラインの被覆がはげて中身むき出しになり、林州ではどろんこに。…そこで私は開き直ってしまった。心は痛い、痛すぎる、でも安全に飛んで降りた、それでええじゃないかっびっくり 穴はふさぎ、ラインは換え、どろんこはそのうち落ちる。

開き直ったところでグライダーがだいぶ乾いたので畳む。
片付けをすませたら、現地の子が話しかけてきた。「あんたも飛んだんや。怖くないの?」よくある質問の後、「外人も飛んでるの?」って…おっ、バレんかったんや音符 「白人さんがおるけど、私も外人やで」って言ったら「不可能!(そんな訳ないやろ~)」ってところから囲まれる。
こういう時「日本人です」って言うのにちょっと抵抗があったりする。日本人を嫌いな中国人がいっぱい居るから。でもウソもつけないので、時に渋りながらもマジメに答える。
まだまだ飛んでる人がいっぱいだったので、道端での待ち時間がいっぱいあった。えらい興味を持ってくれた青年達5人(内女の子1人)がずっと私のところでせっせと話しかけてくる。方言はサッパリ分からない。時間が過ぎるにつれお互い訛りにも少々慣れ、話は弾む。楽しく待ち時間を終え、クラブへ戻った。

1c99bb1c.jpg
f35364dd.jpg
クラブからはレオンはんの車に乗る。この足では乗せてはもらえないだろう。優しい地元の人が靴屋さんに連れてってくれた。

左が情けない足、右が新しい靴と寝巻き用に持ってたズボン→
待たせてるので慌てて選んだ靴はなんと子供用ヒヨコ 気に入った靴を見つけたので23センチの靴を出してもらったのに、指が2本も余裕で入る。何故だ!? デカい…。しょうがないので、お店の人に「小さいの」って注文で出してもらったのが右側のクマちゃんつきのであった。自分で選んだのも、出してくれたクマちゃんも29元(約450円)だったので、2足とも買って戻った。

そんな私を見て天津のパラ仲間が「明日の分か?」って…グサッうんち


夕食は焼き羊肉。
飛んで喋って食べて飲んで…どこでもコレが楽しい。
その時隣の人と喋ってたら「東の方に降りたのか? あの辺は麦を植えたてやからヤワいねんで」って…テイクオフ前に聞いた時に教えてくれぇ~っロケット

今日はアーベントが出たらしい。アーベントについて北京のイントラが説明をしていた。そういや、中国でアーベントに出会ったことなかったかも!? アーベントの中フワフワ飛びたいなぁ~っ天使(今日はアーベントの時はランディングでどろんこだった…)


食後はホテルへ。
2つ選択肢があったが、私は市内のホテルを選んだ。インレイが付き合ってくれて同室に。妹と言って可愛がってくれる、優しいなぁ~、嬉しいなぁ~音符
そして一緒に床屋さんに行って頭を洗う。10元(約150円)である。サッパリして帰った時にランディングで会った青年から電話があった。明日も飛ぶのか? 出来たら会いに行くから降りたら教えてって。でも話の途中でプツッダッシュ きっ切れた…もしや汗
プリペイド式の携帯、しかも地域で分けられてるので北京でしかチャージできない。あぁ~っ、なんてこったい落ち込み 仕方ないので、北京に戻るまで最低限のことだけ会社の携帯を借りてメールすることとなったのだった。
そして今日は早め(11時)におやすみなさい月

at 23:27|PermalinkComments(0)

林州

朝から1時間半ほど車を走らせ、10時前に林州のクラブハウス到着。
グッズ等も並ぶ本格クラブ。ちなみにプロデザインのフライトスーツが680元(約1万円)、フライトシューズが850元(約1万3千円)といった感じでお安いっ! 北京より安いとレオンはんはスーツを買ってらした。私も日本に置いてきちゃってるから欲しかったけど…そんな大金の余裕がなかった悲しい 中国でもビンボー落ち込み

気を取り直してテイクオフへ上がる。
テイクオフまではクラブの車で上がる。グライダーは専用トラック。約1時間の道のり。どこの山の上にも村があるもんだ、ここにも村があった。道は最後の5分ほどが舗装されてなかったが、それほど厳しい道ではなかった。
16772017.jpg
7ecb94c9.jpg
そして到着ヒヨコ
道中もテイクオフの立派な道路標識があり、山頂にも立派な石碑があった。すごっ拍手
石碑があるこの平地は駐車場といった感じ。ここで降りてテイクオフまで100m程歩く。

a7dd5fc0.jpg


こちらは駐車場から見たテイクオフの裏側。→
ずっとこんな岸壁が続いている。そして自分が立ってるここもこんな岸壁の上なのである。

01da45ee.jpg
←これが駐車場からテイクオフまでの道。ラクチンなもんである。
道の先に移ってる斜面がテイクオフ。傾斜も距離の余裕もいい感じである。

f91b2795.jpg
  テイクオフ→
  広さもいい感じである。

東向きのテイクオフ、高低差は850m
南北には先ほどの写真のような岸壁が十数キロ広がっており、飛び応えはバッチリキラキラっぽい。いい風であれば…。
なんと南西の風、右後ろから風がきてるじゃんっ! あきまへんやんっ!
しばらく待つこととなる。

本日のフライヤーは40人弱、現地、上海、広州、天津、北京、カナダ、ドイツ(等白人さんが10名程、お国は未確認)、日本(私)…噂通り凄いエリアだ。
日本人もたくさん来ると聞いていたのだが、今日は居ないのかって思ってたら…「2年前にワールドカップ(パラもあるのです)の時に数人来てた」とな。なんだ、年に○人とかじゃないのか。

そしてこの待ち時間に私は中国ではかなり役立つ技術をひとつマスターした。
それは…瓜子(ひまわりの種のお菓子)を片手で食べる技!
左手に瓜子をたくさん持ち、右手でひとつずつ口へ運び、殻を割って中身を食べ、殻は手に残りその辺に捨てる。これが今まで出来ず、両手で殻を分けて中身を手で取り食べていたので、手が汚いと食べられないし、ひとつずつ手に取らなければいけなかったので、瓜子を手に雑談することが不可能であったのだ。
世話好きの人が相手をしてくれて、講習をしてくれる。そんなこんなで色んなところの人との会話も出来て、「瓜子端会議」(正しくは井戸)の仲間入り。

そこで笑えたのが、上海のパラ仲間のお話。
上海には飛べるところがなく、普段の練習は10mのゴミ山だってこと。からかわれただけかなっ!?

at 22:43|PermalinkComments(0)

2006年10月27日

河南省

昨夜レオンはん家にグライダーを届けに行っておいた。
そして今日6時5分に私を会社まで拾いに来てくれて出発~車

万里の長城の後の目標に挙げた「林州」へ週末の旅に出る。
名前はよく聞くので知っていたが、はたしてどれくらい遠いのかよく分かっていなかった。
出発して間もなくマクドでバーガー購入、かじりながら進む。私の仕事が終わる時間が遅くて皆の出発に間に合わなかったので、レオンはんと李おっちゃんがわざわざ時間を合わせて拾いに来てくれて追いかける。途中で追い付いて皆で走る。そして私はいつの間にか眠っていた寝る…すんません汗
e515506c.jpg
気が付くと高速を降りていた。
そこは…河南省だった。
北京を出発してから6時間、河北省を通り抜け河南省へ。初めて足を踏み入れた。今夜は河南省へ入って間もない安陽という街で1泊し、明日の朝エリア入りすることとなった。

ホテルで春のゴールデンウィーク以来にインレイに会った!
きゃ~っ、久しぶりぃ~っ!
しゃおつぁおとインレイと私の3人部屋となった。るんるんっ音符

部屋は5階、エレベーター1台、皆が乗ったらブ~ッて言ったので、だ~ぱん初め2~3名が降りた。そして5階に着いたらだ~ぱんが居た。
「どうやって上がってきたん!?」ってビックリした仲間に、「いいサーマルがあった」と答えるだ~ぱん。私大うけっ!


こういう時に街中は絶対無理やけど、高速くらい運転出来ればいいなぁ~って思って、免許を取ろうかと考えていた。日本のイメージやと、夜の内に走って…ってのが時間の短縮やったりする感じやったから。でも中国人は夜走るのが嫌いだという人が多く、青島へ行く時も朝出発であった。
その理由が今回よく分かった。
だって大きなトラックがいっぱい走ってて、しかも追い越し車線もふさいで走ってるし、街灯がないから暗くて見にくい。こりゃ走りにくい。そして追い越しテクニックもかなり必要になるので、私運転せんほうがいいかも…落ち込み

at 23:09|PermalinkComments(0)

2006年10月05日

妙峰山と街

ほんまにぃ…休むんちゃうんかいっ!?って自分でツッコミ入れながら
気付いたら妙峰山に居た。
ジヤさんにパラに連れてってもらうのは、1年近くぶりになるのではっ!? ビックリ☆

2bf43ce2.jpg
ランディング付近の駐車場にて楽しむ人々。
←お茶とオレンジジュースのペットボトルを積み上げる。
パラグライダーの山飛びとは、お喋りや小さな遊びで仲間と楽しく時間を過ごせる人でないと続かないのである…と私は思う。道中やテイクオフまで上がる時間や、風待ち(飛べるかすら不明なことなんてザラだ)等の時間の方がよっぽど多いのだから。

テイクオフへ上がる車の中、1時間の道のりである。私はずっと起きて到着したためしがない。今日も寝てもた…。
起きてる時に分からない会話があったので「どういう意味?」って聞いたら、だ~ぱんが「これはちょっと説明が難しいから100元」とか言う(笑) すると王兄さんが「だ~ぱんは悪い奴だ!」ってチャカす。負けずにだ~ぱん「ボクは都度言うから易しい人、王兄さんは年末決済でドッと請求されるで!」「なっ!?…頑張って辞書ひきます悲しい」 そしてさんざんチャカした後教えてくれるのであったドキドキ小

今日の飛びは…
以前飛んだことのある東向きとは違い、南西!? 飛べるの!?
なんとほぼ裏側からテイクオフ、低い部分の峰を越えて裏側のいつものランディングへ。低く越えては危ないであろう…テイクオフ前を少し往復してからさっさと峰を越えたら上がりなんてなし、ほぼぶっ飛び。

ランディング付近まで行ったらキレイな印が出来ていて、「ターゲット」とアピる。あぁ苦手なんだなぁ~ランディング。テイクオフの感覚が大好きなんだけど、飛飛になってから特にランディングは少々苦手。でもテイクオフしたらランディングせねばならない、しかも安全に。しゃ~ないのだ。
草で円を描き、中央は白い人工芝のようなもので×印、どこから拾ってきたのか、ランディングで待つ今日は飛ばないジヤさんと地上のイントラさんが楽しんだのであろう。
結局私は15mほどオーバー、でも一番苦手な無風ランディングだけど超スムーズだったので個人的に満足OK

時間は早かったが、今日は皆1本で終了となった。


1bd94bfe.jpg
そしてランチってか夕食に行った。
その時横に市場があり、ひとりでちょっとお散歩した。
こういう市場もよく見かけていたが、いつも車が走ってる時なので通り過ぎる。一度見てみたかったのだ。値段を。
「えんどう豆2斤(1キロ)1元(約15円)!」
「バナナ1斤(500グラム)2元(約30円)!」
やっぱ市内より市外は安いな。

c5850e92.jpg





お野菜やフルーツはこんな感じで売っている、サトウキビだってそのまま。→
動物や植物、日用用品、携帯、簡単な電気製品、便器…何でも売っている。ただプラスチック製タライは割れているのもあるし、スリッパや便器もドロだらけである。ちょっと売り物に見えないものがいっぱいであった。

5e31ef92.jpg
c5833a1c.jpg

そして羊のしゃぶしゃぶをたらふく食べて帰宅したのであった。
倶楽部に帰ったのは6時半、遅いランチ、早い夕食…どっちやったんかな???

更にジヤさんと飲みながら、サイコロゲームをした。
大連で覚えたこのゲーム、かなりハマッてる。また今度ご紹介します☆

at 17:00|PermalinkComments(0)

2006年10月04日

満城2日目

11fbc84b.jpg
肝心のフライトの方は…
今日はこちらのパラ暦1年程のお兄さんに乾杯乾杯
なんと12本飛ばれた、12往復である拍手 とにかくテイクオフしてランディングして、畳んで上がってきて…いやいやいや~、そりゃこの短期間で上達されますわ。なんも問題なくてお上手。やっぱ日本の方が安全やけど、中国の方が伸びる人が多く速度が速い気がする。どっちにも利点がありますなぁ。

私は午前1本、午後2本。
飛びの内容はほぼぶっ飛び。私以外も皆ほぼぶっ飛び。

c5276981.jpg
ランディングから見上げたテイクオフ。→
お寺の右側から飛びますっ鳥

だ~ぱんが「り~ほぇいのテイクオフは鳥のようだ」なんて言ってくれて…もっもしや褒め言葉も有料とかって請求せんやろうねっ!?

やたら昼食を気にし、ガンガン飛ばず気ままで、ちょいと居ないと思うとどこかでお昼寝してる…そんなイメージの人になってしまった、今回のWツアーの私であった落ち込みありゃりゃ。

647433b0.jpg
帰り道、王兄さんが天安門前を通ってくれた。
今年の国慶節飾りは「ラサ」であった。北京からの鉄道開通を祝ってであろう。
ライトアップがいつもに増してキレイだった。街中ねっ!

今回W1泊2日ツアーを経て…
宿泊費+食費+テイクオフに上がる車代(これが一番高い)で消費した金額は合計250元(約3800円)であった。安っ!!

でもお泊りがなぁ… 田舎はなぁ…
満城は部屋にシャワーがあったが、やっぱり電気タンクでチョロチョロチョロ… ショートにして良かったと強く感じたのであった。

at 16:59|PermalinkComments(0)

満城2日目

朝6時半に目が覚めた。
というより、爆竹と派手なラッパ音楽に起こされた。
ホテルの真下で結婚式の演奏と爆竹がそれはそれはもの凄い音を立てていたのだ。
朝早すぎやしませんか? と思ってたら後から「5時半から煩かったで」という仲間の発言を聞いてビックリ! じゃぁ私は中休みがあったとは言え、1時間もの間知らずに寝てたのかっ!? アッパレ国旗 皆に感心していただいた。ど~もど~もダッシュ でもだ~ぱんも6時半頃に目覚めたらしい。同類だっ!

9746e697.jpg
←8時過ぎに朝食へ出た際に見かけたお車。
なんか知らんけど、ここは朝からとにかく賑やかな所やなぁ…。

しゃおつぁお姉さんが「ここのように朝早く結婚式をする地域もあれば、北京は昼食を一緒に食べる昼型だし、新疆は夕食の夜型で、民族や風習によって違うのよ」と教えてくれた。
そういえば王兄さんがここへ来る途中に「民族」と「民俗」の意味の違いを教えてくれた。この場合「場所が変われば民俗が違う」と表現出来るのだな。
色んな人が教えてくれる言葉に感謝キラキラ

70671c63.jpg
朝食の風景→
ん~、オープン太陽
衛生面は…えぇ~い、この際考えてはならない。他に場所はないのだから。

だ~ぱんが2種類の漬物の袋を持って来た。どちらにも「日本風味」と書かれている。知ってる?と聞かれ1つは高菜のようなものだったので「これ知ってる、好きなやつ」と答えたが、1つは分からなかった。すると「もうすぐ食べたら好きになるやつ」って言ってあけてくれた。「きゅうりのきゅうちゃん、唐辛子入りの辛~い版」って感じだった。もう少し辛さ控えめだったら好きになっただろう…。ってかそんなん日本にあるのかな?

d84cdfba.jpg
c5b0efa7.jpg
←朝食の内容はワンタン1碗とツナのサンドイッチ1つずつラーメン
と、だ~ぱん持参のお漬物であった。

at 16:57|PermalinkComments(0)

2006年10月03日

満城街

35dcee25.jpg
今日のところはフライト終了
←ホテルへ戻る時に見た看板。走行中だったのでピンボケだけど汗 やっぱ手振れ防止機能優先にすれば良かったかな…と思う瞬間である。

とある写真館(ウエディング系の独特のやつ)の看板にこう書かれていた。
「台湾発祥、上海からやってきた ニューヨーク☆ニューヨーク」
一体… どこの地名を強調したいんだか!?

639aec6e.jpg
こちらは満城の街外れ。→
こういう雰囲気は最初「おぉ~っ」って見てたが、色んなところに飛びに連れてってもらってる内に見慣れた。でもパラしてなかったらやっぱり珍しい景色であったであろう。
そう思えるくらい色んな所に色んな人が連れてってもらえるこの環境に感謝したい気持ちになったのでパシャリキラキラ

2e5ec5ed.jpg





そう、この給油タイムに道路まで出て撮ったのだ。だから「ブレてなぁ~いっOK」(切れてるチーズのCMのパクリすいません

そしてホテルから夕食に出かけた。
歩いてる時、しゃおつぁお姉さんに「あれなんて読むの?」って聞いたらスラリと教えてくれた。
そこへだ~ぱんがやってきて…「他に分からん文字あるか? 教えたげるで。1文字50元でっ!」(笑)
だ~ぱんってこんなに面白い人やったんやぁ~。改めて発見電球

夕食の場で少々飲み過ぎた。
乾杯の度に「一口ね」なんて言って白酒なめてたら結構な量になった。しかし私は顔に出ない。飲める奴…となるのであった。
結構酔っ払ってたのにな…やばっ汗

at 18:55|PermalinkComments(0)

満城

23b157d7.jpg
4時前に離陸、5分のフライト…ぶっ飛びぃ~ダンス

←こちらが先ほど触れたランディングの曲者達。
中央の30m四方の茶色い部分以外、全て私の肩くらいの木が植わっているのだ。何故だっ!? 何故植えたっ!? 3年後はもう飛ばないのか!?

飛飛になってから無風のランディングが特に苦手な私は、1本飛んで無風ランディングとこの木達に本日終了と決定。体力的にも無理したくなかったしね。

5fa5c9c2.jpg
1本飛んでランディング誘導の為残ったイントラのだ~ぱんとお喋り。(お写真はだ~ぱん→)
り~ほぇい「この木たち、大きくなったら降りられへんやんねぇ…」
だ~ぱん「大きくなる前に人がグライダーひっかけて切られるから、大きくなれないから大丈夫」
り~ほぇい「えぇ? マジでっ!?」 うけた。
だ~ぱんとは初めてエリアに行った時に会った。何度も会ってるが、大連を経てからは前に妙峰山でも会ってるが、久々にゆっくり話す機会となった。

ランディングは無風、だけどテイクオフはとってもいい風(のように見える)なのに誰も飛ばない。私が出るときも地元の頭が「サイドだ、今はイカン」って叫んだけど…結構な安全思考の私から見ても大したことがない、ってかいい風やんって感じだったのだ。
り~ほぇい「地元の頭がサイド風だ!なんて止めてるんちゃう? いい風やのに…」
だ~ぱん「(笑)そうそう、無線で言ってやって!」
何より私の意見や感想で会話になったことが嬉しかった。

ちなみに私は中国のおじさま系パラ業界の人には日本フライトツアーをオススメしたい。それは日本のエリアには20代の飛んでる女の子が多いから。
そして日本の女の子フライヤーには中国フライトツアーってか、ここで学ぶことをオススメしたい。何故なら超若い(18歳から)のカッコイイ又は可愛いイントラさんが多いから。まぁそれには中国語が付き物なのだが…。

58bc27a1.jpg
さっさとグライダーを片付けて、またランディングに戻る途中、ガレージを通った。
そこでは雑技やダンスが披露されていたのだが…
お客さんは車?
人は車の後ろの後ろに6名程居たのだった。
この環境…見せる気あんのかな?って感じ!?

3534f4ad.jpg
9ecb3fff.jpg


こちらは何やらの像(左)と古墳地図(右)→

漢時代って…凄いんちゃうん!?って思うけど、何もかもが何気ないところだったパンダ

at 17:50|PermalinkComments(0)

河北省フライト?

あれれれれ? 休むはずの私がまたもややってきてしまいました、次なるフライトの地へ。

0c942759.jpg
河北省の満城、漢時代のお墓らしい。
おぉ!? そんなところで飛んでいいのかっ!? と思いつつ、ここはもの凄くパラが歓迎されるようで、駐車場では一般者が入れない奥まで入れてくれる上に、駐車場、昼食、リフト全てが無料なのである。凄いまる
←無料で乗ったリフト。
そういや、秋だ。もう秋だ。紅葉してるねぇ…。
去年は紅葉で有名な香山に頑張って行ったが…予想以上に紅葉する木が少なくガッカリだったなぁ~なんてリフトに乗りながら懐かしく思い出したのだった。

5616ebb7.jpg
さてさて、こちらがテイクオフ斜面+ランディングのお写真。→
写真中央(やや上め)にあるサークルが乗馬コース、その中央の茶色い土地がランディングである。降りてビックリのランディングである。それは後ほど触れるとして…

b8f5b377.jpg






←こちらがテイクオフ。
砂地で飛飛がどろんこ、ランディングでもどろんこ、ついでに私もどろんこになったのであった…宇宙人

テイクオフにはお寺がある。しっかりお参りしてからテイクオフ!

a9fcd408.jpg
 9384b1f6.jpg
テイクオフの右前方と左前方には小山があり、それぞれ峰が繋がっている。U字型とまではいかないが、これは…少々飛びにくいのでは?
方角は東向き、高度は230mである。

at 16:44|PermalinkComments(0)

2006年10月02日

大崖2日目

72ab0e8e.jpg
←こちらが今回のお宿。ホテル…と呼ぶのかな。
お安いお部屋で、トイレもなかった。ひとり1泊30元(450円)、シャワーは共同もないと言われた。ギョエェ~って騒ぐ私に、優しい64歳の最年長フライヤーさんが、うちの部屋にあるから使ったらいいよと貸してくれた。感謝ウサギ

2330d2af.jpg
朝ごはんを食べてからちょっくらドライブに。着いたところからエリアがきれいに見渡せた→
昨日は中央右側の少々低めのところから、今日は一番高いところへ行くことに。でもやはり登り道はあの過酷な道、そして今日はあの苦しいジープで上がったのだった。砂埃で死にそうだった…。

なんとかテイクオフに着いた時、午前10時過ぎ。ん~西風強し。西向きのテイクオフは過酷過ぎるし…あきまへんやん。待つ。

553a229b.jpg
6688a72b.jpg
待ってる間に朱さんがしゃおばいさんと私を連れてテイクオフお散歩に出かけた。
ここは○風の時に使うんだとか、あそこが荒れやすいとか教えてくれる。ふむふむ。
←そして崖っぷちで写真を撮ってくれた。
張り出す岩に張り付くぶちゃいくな私(左)と蹴り落されそうな私(右;じょ~だんでも怖いんですけど…)である。
飛ぶくせに、崖っぷちやビルの屋上は怖いのである。大抵のフライヤーがそうだそうだ。

4452c2c4.jpg
だいぶ良くはなってきたが、お昼ご飯時になっても飛べず。おなかがすいた…。
そんな時、お弁当が上がってきたのだっ! おぉ、神よっおにぎり
お昼ご飯後の風景、朱さんの膝にいるのはしゃおばいさんとこのアイドル。中国人の子供嫌いの人って会った事がない、「本物の人皮のソファーだ」なんて言いながらだっこする朱さんであった。

そんなこと言ってるかと思うと、今日は飛ぶ宣言をしていただけあってテイクオフに。タンデムである。さぁ~っと出て行った。
テイクオフ前荒れ荒れ、その他もグ~ラグラしている…。
上空はかなり風が強そうだ、タンデムがあのスピードでは…。
続いて出る人は居なかった。

そして朱さん、崖の上へ安全にランディング。さすがである。
今日来たテイクオフは荒れてるから、皆荒れの少ない昨日の場所へ移動しようということに。
3名のみ選択権が与えられ、その場から飛ぶか昨日の場所へ行くか…その3名に私も入ってたのが光栄であり、でも実は空中の荒れにはもっぱら弱い怖がりさんであることが悲しかったりして…。

結局皆して移動。
今日も夕方に1本、穏やかな…ぶっ飛び。いやんっ!

2泊くらいで帰りたいと思ってたのだが、本日北京に帰る車を発見!
夕食後一緒に連れて帰ってもらったのであった。
その車の中で…明日から1泊2日でまたもやツアーに参加することに…あれれっ!? 休むはずではっ!?

at 16:42|PermalinkComments(0)

2006年10月01日

大崖つづき

d9c56cf1.jpg
←テイクオフ直後に撮ったランディング方向である。
テイクオフの真正面にある。
黄色いグライダーがランディングを目指していて、グライダーの右側に見える道沿いのトウモロコシ畑(収穫済みの場所のみ)がランディングとなる。まぁほっとんどが畑である為、収穫済みであればどこに降りても問題はないそうだ。
そうは言われても「あそこがランディングだ」と言われた場所に降りたい私。冒険はいらないのだ。

今回もその場所に降りたのだが…ひっ低い汗 隣の未収穫トウモロコシをザザザ~っとやって、収穫済みの地へズシャァ~っ困った ひっかかってヤバイことになるかと思ったけどそれは免れ、私は右膝の上に青アザを作っただけで済んだ。しかし…そこには片付けられてないグライダーがっショック 大丈夫だと言ってくれたが…ごっごめんなさいぃぃぃぃ~っすいません 彼には司馬台長城フライトの時に急斜面で大変なテイクオフにて何度も助けてもらい、今回はランディングで…。あたしゃ彼の疫病神だなドクロ 会った回数も少ないので、「なんちゅう10年フライヤーやっ!」って思われてるやろうなぁ悲しい

37d174b0.jpg
dcebe0b6.jpg
とにかく片付けが済んで、お迎えの車を待ってる間の村の人々の景色。
野菜をいじってるおばあちゃん(左)と兄弟(右)である→
素朴な感じである。
ランディングに居た女の子に少し話しかけたら、恥ずかしそうに答えてくれる。可愛すぎるっ、その雰囲気!

at 16:39|PermalinkComments(0)

大崖

aba97e47.jpg
←早速風見。
今回の主任はスッゴイ飛びの朱さん。
今日は皆が安全に飛ぶのをサポートすると、めっちゃ安全重視。2時半くらいにテイクオフに着いたこの時は少々強め、開発したての新しいエリアだし、荒れててはいけないと風待ちの決断。

ほほ~い、
私は絶対一番に飛ばないので、とにかく誰かが飛ぶのを見るまで待つ気満々!
帰国した時に購入したNEWデジカメで色々撮影。アップが1センチまで近寄れるというのが売り文句にあったので、花に寄ってみた。なるほど、なかなかいけとります、サンヨーさん。

3c56de20.jpg
こちらはテイクオフからの景色→
いたるところこんな崖っぷち、もちろん自分達が立ってる地もこんな崖っぷち。このテイクオフは幸い切り立ってなくて、少し草の生えた斜面が続いていたので、テイクオフにプレッシャーは少ない。良かった…。

有名な林州もこういった切り立った崖らしい。
しかもここは300m足らずの高度差だけど、林州は800mだそうな。


f47b849f.jpg


お待たせしましたっ!
3時半を回った頃、風が落ちてきた。
風見にイさんがテイクオフ音符

ん~、ヒジョ~になんと言いますか…
穏やかで…
上がりがないですねぇ~汗ってな感じ。
風がなくなる前にテイクオフだぁ~っ!!
急いで準備。

37d462b8.jpg
はいっ、飛びましたっ拍手
お決まりの足入りお写真、崖と一緒に入れるのに右旋回しもって…なんせ上がりがないので、ちょっと苦労しました。→

1bd7d764.jpg
大丈夫だとは思うけど…
怖がりの私は必死の思いで崖の写真を撮ってみた。
初めてのエリアの1本目は本当に緊張する。しかも中国だしね…。
さっさとランディングを目指す。

10分足らずのぶっ飛びであったが、安定してたし、飛べたということであたしゃ満足☆

ほんとここは凄い景色だ!

at 16:36|PermalinkComments(0)

河北省フライト?

やって参りました、国慶節7連休クラッカー 秋のゴールデンウィークでございまっ!

5554988a.jpg
大連からの引越しや帰国、お仕事開始等でバタバタと忙しい時が続いていたので、「ゆっくり休むぞぉ~!」なんて言ってたのに…

いきなりパラツアー参加でございます。
超有名エリア「林州」と、北京近くのプチ林州(と地形が似てるらしい)の「大崖」へ行くツアーがあるよと教えられたのは2日ほど前。林州は遠いから、大崖の方に興味があるなぁ~なんて返答をしたら、しっかり人数に入れてくれて情報が回り、付近から出発する人を紹介してくれたので…流れに乗っちゃいましたダッシュ
↑飛ぶ人飛ばない人、半々くらいの連休ツアー。こんな列して行って参りました。

3158ffa6.jpg
超有名な万里の長城観光地「八達領長城」へは6度も行ってるけど、通り越すのは初めて。
ど~んと通り越して、こんな道を通り抜けて→

北京市内から走ること3時間半、河北省の大崖エリアに到着。

59fac1ba.jpg
ホテルで昼食を取ってから、テイクオフへと登るジープに。そう、ジープに。

←こちらは過酷なジープの風景。
私達レディー3名はローバーのジープにちょこんと乗せてもらった。いぇいっOK

525fe62f.jpg
過酷な道を30分、テイクオフを目指す。
途中5~6箇所程かなりの坂道で切り返しをせねばならぬ曲がり角があり、手に汗握る感じの道。車でテイクオフまで行くのもかなり疲れます。

こんなジープも登場。→

001b8345.jpg
←ぷはぁ~、テイクオフ到着。
車酔いで苦しむ人が数人…

さておき、テイクオフは十分な広さ。
南風が真正面、少々東風が絡もうがOK、西風なら隣の崖っぷちへ行けばOK。条件は広めです。

at 16:32|PermalinkComments(0)

2006年09月23日

長城フライト

e12b0e78.jpg
←はい、お決まりの足入れて撮影。
破れてきてたので、新しいスニーカー買いましたキラキラってそんなんど~でもいっか。

崩れて歩けなくはなっているが、ひたすら遠くまで続く長城。と私の足。足要れずに撮る方がいいようにも思うが、私にはこれがスゴイお写真なのである。

飛びながらちょっと思った。
自分の体調と腕がベストコンディションでなかった中、夢が叶ってしまった、目標が実現した…ちょいと複雑である。今後はどんな飛びになるのだろう?
まぁフワフワ飛ぶのが好きな私やから、ちょいちょい飛べたらそれで嬉しいのだ。どこで飛んでも同じなのかもね…落ち込み

8702c126.jpg
そして更にもうひとつひしひしと感じた。飛んでるときはひとりやけど、ひとりじゃ絶対飛べないと。皆に感謝ドキドキ大

カラビナの中に長城を入れて撮影→
不安な飛びの中も夢実現の写真を残したい…頑張りました!

あっそうそう、エリア情報
テイクオフは南向き、高度差は280mでございます。

4c6ac28e.jpg

←私の最高獲得高度はテイクオフからゲイン210m、午後2時にテイクオフして、45分間のフライトであった。

もっと飛んでいられたが、飛ぶ前からお疲れモード、アップダウンや揺れに耐える精神もあまり持ち合わせていないので、安全な高度の間に、ランディング同時侵入者がいない内に、何より体力気力がある内にランディングしたかったのであった。

912cb24a.jpg
ランディングに向かう。
写真左側のダム湖の上にある茶色い部分がランディング。→
ランディングは美しく出来てホッダッシュ 無事ランディングしてから、長城フライトの喜びがドッとやってきたのであった。

イさんを含め3人がまだ飛んでる最中に、用事があるということで私の乗せてもらってきた人が帰ることに。無線でお礼を告げてからお先に失礼した。
帰りの車でも爆睡してしまった…失礼しました。

at 22:39|PermalinkComments(2)

緊張のテイクオフ

d4db8ea8.jpg
←2番手にレオンはんが出た。
今日はなんだかいつも以上の気合を感じる雰囲気。
飛びも凄かった拍手

で、気になるコンディションは「最高」とのこと。
西よりの南風を受けてテイクオフは問題なし、空中も荒れてないし、誰でもステイ出来るでしょう…とのこと。
見た感じ、時々エレベーターっぽい上がりがあるようだが、特に荒れ荒れって雰囲気でもなさそうだ。最高と言ってるし…飛ぼうかなぁ~ロケット

abbda326.jpg
c0f66a6a.jpg
こちらがテイクオフ→
足場が悪くズリズリ足元が安定しない。草がイガイガしている。その2点を除けば特に問題はなし。

なはずなのに、私は2度も上げたのに横にヘロヘロヘロ~って落ち込み イガイガの草でラインをやっちまったらしい。被覆がはげてしまった…。「ラインの中身ってこんなんなんかぁ~」なんて思いつつ、問題ナシってことで再度チャレンジすることに。
出る気あんのかっ!?って自分に気合を入れる。3度目の正直、出たぁ~っ、飛んだぁ~っクラッカー

dda1728a.jpg
最高のコンディション…でも安定してるとは言いにくい状況であった。所々で3m/秒のアップダウン、上昇はいいけど前進してないぞぉ~って思ったら翼端ペロン、飛飛とはいつも穏やかな中飛んでたので、久々の飛びやし体はボンヤリした感じやし、ビビリまくりであった。

←そんな中頑張って撮影
長城の右下の草の部分からのテイクオフであった。
この崖、10キロ程続いてるらしい。

ff66d9d1.jpg



ほんまよくこんな所に作ったなぁ…もの凄い権力とパワーをひしひしと感じる。
今度はここの長城を歩いてみたい…。


at 22:29|PermalinkComments(0)

夢叶う

私はパラグライダーを始めてもう10年が過ぎた。
短大生の時に練習生となり、卒業後1年働いて貯金して、初めてグライダーを買った頃のこと。高原のスクールでパラワールド(雑誌)を見ていた。その時の特集が「万里の長城フライト」であった。
当時すでになんとなく中国が好きだったので「私も長城で飛びたい!」と思った。でも校長先生に「上級エリアやで」と言われ、すんなりと諦めたのだった…。

21899a1c.jpg
それから8年と少しが過ぎた今、現地フライヤーの友達イさんが「長城フライト」を企画してくれたのだ。ずっと行きたいと言ってた私にも声をかけてくれて、ついに…

司馬台長城
私は八達陵長城には6回行ってるのだが、こちらは始めて。高速が便利で市内から1時間程、行きやすい八達陵は修復がバッチリなされている。司馬台は市内から2時間ちょい、修復は控えめの長城である。噂には聞いていたが、八達陵とは違った雰囲気をかもし出していた。司馬台が見れただけでも今日は満足である。

ってか昨夜遅かったので、市内の倶楽部で集合してから乗り合わせで長城へ向かう途中、私はひたすら寝てしまったのだった…すんません。

0282f25c.jpg
ランディングを見に行く。→
ってか、ランディングに車を止めてって感じが多いのだが、何度かテイクオフ直行で「あの辺」みたいな感じでテイクオフから教えられることもあった。長城フライトの難点として「テイクオフ、ランディングの過酷さ」と聞いていたので、ちょっとビビッていた。お願いしてでも先に見せてもらおうと思っていたら、イさんが皆を連れてランディングを先に見に連れってくれた。中国で初めて☆
で、こちらがランディングだが、片側が切り立っているので、実際降りられるのはバスケットコート大くらい。それにご覧の道が30mくらいおまけで着いてる感じ。広いとは言えないが、思ったより広いんじゃない?って感じを受けた。

1028f1f8.jpg
←管理のところへフライト申請に行き、ゴンドラでテイクオフへ向かう。
緊張してきた…。
なんか眠くてボヤ~ッとしてるし、胃はなんだか変やし、2ヶ月ちょいぶりのフライトやのに…こんなスゴイとこ飛んでも大丈夫やろうか!?
でも今このチャンスを逃したら、また来られるかどうかも分からない。
とりあえず上がって、テイクオフと人の飛びを見てから決めよう…ゴンドラを2つ乗り継いで、重い体にずっしりとグライダーをかついで最後の登り。距離にしてほんの200~300mだったと思うが、万全の体調でないこの日にはキツかった。

at 22:16|PermalinkComments(0)

2006年07月22日

ええ飛び

bd51f9f1.jpg
私も飛ぶ。
お天気が最高に良く、さらに穏やかな上昇があちこちにあって、私の大好きな条件(飛んでる人誰でもそうやと思うけど)の日であったラブ

c5d65200.jpg
天気が良かったので、市内も見えた…のだが写真にすると霞んでしまってるなぁ汗

3cdc0e48.jpg
テイクオフ直後、そこにサーマルがあったので、テイクオフ上空で上昇。すると徐々に後ろの山が見えてくる。「おぉ、私上がってる!」って実感できる景色。爽快!!
←そのテイクオフの裏側の山たちである。

気持ちいい上がりなのだが、他クラブ&他国のフライヤーも含め本日のフライヤー数40人程、滞空してる人もいっぱい。得体の知れない人ばっかりだし、接近飛びは怖いので北側の尾根へ向かって出発した。

7055e416.jpg
北側尾根でふわふわ飛んでいると、他のグライダーがやってきた。→
緑とグライダーがキレイ~と思って気付いた。この辺の山は緑だっ! 北京の山=茶色のイメージやったのに。万里の長城辺りのイメージ。

e800a02f.jpg
←更にそこで粘ってると、グレーにインテイクは赤のジンがやってきた。隣で手を振ってくれたので、手だけでなく足まで振って応答、楽し~い音符
そのジンさん、あっと言う間にやってきて、あっと言う間に通り過ぎてった…ブーメランかな? はやっキラキラ これでも私一応飛飛に変わって早くなったのになぁ…。

そしてランディングでアジア人に「赤いスウィングは君か?」なんて英語で話しかけられてビックリ☆ 例のグレーのジンは韓国人さんだったらしい。
そっからは韓国人さんの英語を朱さんが中国語で日本人の私に説明してくれた。「穏やかないい飛びしてるよ!」笑いめちゃ嬉しい!

こういう飛びは最高! この1本でいまいちだった前も、今後少々いまいちでも「まぁいっか」ってなるのである。最高の1本ドキドキ大

そして帰りに北京ダックを皆で食べて帰宅。
素敵な1日であったバラ

at 23:17|PermalinkComments(0)

パラ日和

レオンはん不在の週末、朱さんとしゃおいんはんに連れてってもらう。
行き先は本日も妙峰山。
5ac891d9.jpg
なんとスバラシイお天気太陽
地元フライヤーさんに「こんな天気はここはほんまにめったにない。君、運がいいねぇ~」って言われた。へへへっ音符

f0a7a77c.jpg
テイクオフの裏側。
ずっと山が続いている。

そう言えば北京の山は万里の長城がある辺りのような茶色ばかりだと思っていたが、ここは緑が美しい。

876b8f78.jpg
←朱さん
帰り道で本人に聞いた話。
彼はコンペディターであり、元々他のクラブであったが、今は北京飛人に所属となっている。何故なら、1年に1機グライダーが貰えるからだそうで…。そうだったのねぇ~ロケット
今日も人より高く、そして最後まで飛んでいた朱さん、「皆上がる時は誰でも上がる。誰も上がらない時に上げたり、粘って最後まで飛んでるのが本当に凄いんだ」という朱さんの飛びは本当に凄い。
皆1時間前後のフライトタイムの中、到着してからすぐテイクオフし3時間半、最後にランディングなさっていた。拍手

b0b1c842.jpg
今日はテイクオフの北側に延びる尾根も美しく見えている。→

f571ca33.jpg
←タンデムが飛ぶ。
ちなみに価格を確認したところ、登りの車代40元+フライト200元=妙峰山30分以上は確実のタンデムフライト240元(3,600円程度)っちゅうことらしい。
ご希望の方は長袖長ズボンを準備の上、運動靴で靴紐はしっかり結んでお越しくださいとのこと。
先週テイクオフで靴が脱げた人がいるのだっ笑顔 裸足のランディングは痛かったであろう…。

at 23:13|PermalinkComments(0)

2006年07月16日

連日パラ

やっぱ北京はいいなぁ~♪
週末に1時間ほど車で走ったらバッチリ飛べるエリアがあるのだ。
今日も妙峰山。

テイクオフに着いたら1機飛んでいたが…
テイクオフ前のガスの中を飛んでいて、見えたり隠れたり。
私はしばらく待つ事に。

2e421563.jpg
少し待ったところでランディングがうっすら見え始めた。
朱さんのタンデムテイクオフ。
30キロの子を乗せてのフライト、ウエイトに私をぶら下げるか…なんて冗談言いながらの美しいテイクオフでした。

0103c8e8.jpg
こちらはレオンはんのテイクオフ→

そして私も準備を始めて、1本フライト。
ランディングが見えなくなったら怖いので、とにかくランディング上空へすっ飛んでいく。いざとなったらさっさと降りれるところまで行くと安心して楽しめるんだよねぇ~。ほんま小心者ですわ。
ふわふわと30分のフライトを楽しんで終了。

3時前にはエリアを後にし、4時には市内に。
レオンはんの超お気に入り「毛毛ちゃん」をお迎えに行って一緒に夕食。
夜はゲーム「アンバランス」で盛り上がり、毛毛ちゃんもお泊りコース。

楽しい1日のはずであったのに…
この中国生活で初めての大型ホームシックにかかり、夜遅くに家に電話したのであった。寝ぼけ声の両親の声を聞いて、アルちゃんの近況を聞いて、なんかホッとして眠りについたのであった。

レオンはんが私のホームシックは僕のせいだ…と言っていた。
今朝グーグルアースで家と馴染みのエリアを見せてくれたのだ。確かにそれからかもしれない。グーグルアースすっごいっ☆ エリアなんてパラまで見えるのだ。テイクオフに黄色いグライダーが広がっていた。あぁ、久々に「紀」で飛びたぁ~いっ!
今度帰国する時は「飛飛」と一緒に帰りたい。その時は是非よろしくお願いしまぁ~すっ!!

at 22:17|PermalinkComments(0)

2006年07月15日

やっぱパラ

7cba3e5f.jpg
←テイクオフ前の空域から北を見た景色。
中央に青いパラが飛んでる写真なんやけど、見えんくなってる…。

930314a8.jpg
愛しの「飛飛(ふぇいふぇい)」→
あ~、飛んでるねぇ~ドキドキ小 嬉しいねぇ~ドキドキ大なんて語りかけながら飛んでいた。かなり怪しい人だな…。

こうやって私が写真撮ったり出来てるから、安定した日である。
所々で1~2秒/mでの上昇、のんびりまわして最高っ! 最高高度はテイクオフから100m程やったけど、めっちゃ嬉しい1本クラッカー

c205f4c6.jpg
←そして振り返ってテイクオフをパシャリ☆
一番高い山頂にテイクオフがございます。

ランディングからテイクオフまでお車で1時間…これが結構長いね。ちなみにお車代40元(約600円)でございます。

61e66556.jpg
残す高度500mをきった辺りで撮影したランディング。→
左足の先にあるサークルの中がランディング、広いけど背の低い木と水溜りがいっぱいで、実際降りられるところはちょっと少なかったけど…。
右側の直線は小さい滑走路。そっちにも降りられるし、その他周りも畑がいっぱいだと言ってたので、ランディングもそんなにプレッシャーはない感じかな。って言いつつめっちゃ不安な気持ち抱えて飛んでたけど…。

bd5a600f.jpg
サブちゃんのランディング。
彼は2年らしいが、かな~り上手だと思う。この日もフライトタイムNo.1だったはず。

彼が大連旅行に来てる時に、ジミーはんが私とサブちゃんを順に拾って連れてってくれた。
今回私が北京滞在中に、レオンはんが私とサブちゃんを連れてってくれた。待ち合わせ場所で私の顔を見てサブちゃんビックリしてた、へへへっ譜面

基地よりも北京市内に近い。
帰りに皆でごはん食べて帰っても7~8時、やっぱいいねぇ~北京パラドキドキ大

at 23:34|PermalinkComments(0)

初☆妙峰山

久々に思いっきり飛びましたびっくり
北京のいつもの基地が今飛行禁止命令(理由は後ほど)が出てるため、今北京の仲間が飛んでる初めてのエリアへ連れてってもらうことができた。禁止命令は嫌だが、おかげで新しいエリアが見れてちょっとラッキークラッカー

c774e6d8.jpg
←こちらはテイクオフ間近の駐車場。
ちょいと坂道を200mほど歩く。

a3274c15.jpg
こちらはテイクオフ→
東向き、1機広げられる広さ、背の低~い木が結構あり、前は崖…。
まぁ風さえあれば何の問題もないんだけどね。

高低差は1,100m、飛び応えはバッチリOK

b71db8a6.jpg
←テイクオフからランディングを見た景色。
ちょいとこれでは小さすぎてどこがランディングか説明つかないか…。

f49df01f.jpg
北側には8キロほど山脈が延びている。→
レオンはんがランディングを教えてくれた後に、「条件が良かったら山に沿って飛んでったらいい。ほとんど畑やから降りるところは心配しなくていいよ」って言ってくれたけど、私のお答えは…
「私はランディングに降りるわ」であった。すんまそん。

そして北だけでなく、南にも山が続いている。でもこちらには触れはれへんかったなぁ…なんでかな? 今度聞いてみよう。

で、基地が飛べない理由だが…
基地のテイクオフから出たパラが、基地の規定高度を越えて上昇。高度4,000mまで到達。北京首都空港のジャンボの航路の障害になったそうだ。
端から見てもジャンボが路線を大きく変えてそのパラを避けて飛んだらしく、混乱を起こした…ってことで、北京首都空港から飛行禁止命令が出たそうな。たぶん1~2ヶ月だろうということだが、今のところ期日は分からないままの解禁待ち状態。

ちなみにご本人は笑いながら「自分の周りをジャンボが飛んでるぅ」って思ったと語っていた。そのまま80キロほど北へ飛んでったそうな。

at 21:56|PermalinkComments(0)

2006年06月17日

長興島続き

c50d69d1.jpg
お昼頃、急に風が強くなった。
またもやレディーは「待て!」状態。

←赤、青、黄色のグライダーがきれいであった。

3336b832.jpg
青のグライダーは朝陽のはいぱんイントラはん。
実は足元はこんなことになってる→

めっちゃ楽しそうにひとり黙々と立ち上げを楽しんでいらした。めちゃ上手っす。

そして1時を回ったところでランチへ。
ワイワイといただくお料理は味よりも雰囲気が素敵であった。
こうやって中国人さん達に混じって何かが出来るっていうのが、とっても有難くて楽しい瞬間である。

32e3ae0c.jpg
食後は場所移動。
←まず吹流しを立てます。
ん~、やっぱちょっと私には強いねぇ~。

空がとってもきれいであった太陽

830ce0c5.jpg
ここも練習バーンって感じ。360度こんな景色が広がる20m程の小山。→
飛ぶっていうんじゃないのよねぇ…悲しい

a759f2ff.jpg
←そしてまた強風の中数名が遊んでいたのであった。

本日帰宅組は、4時過ぎに帰路についた車
私はダラダラしてる内に遅くなったのだが、飛馬はんもサッカーで睡眠2時間程であったらしい。運転お疲れ様でした。ありがとうございますっ!
街中は怖いけど、高速なら大丈夫かも…。長期滞在が決定したら、中国で免許取ろうかなぁ~。

at 21:18|PermalinkComments(0)

長興島

ef8cd455.jpg
本日の地名=長興島
大連に来てから、一定の飛び場所がない変わりに、色んなところを見ることが出来ている。それに伴い、各地の人と出会っている。
パ~っと飛べてないけど…。ほんま「一長一短」って感じ。

気分を取り直して飛飛と遊ぶ。
お~っとビックリ! 毛毛虫(ハンドルネーム)さんが、飛飛にゴミが入ってる…と取り出してくれたのは、石ころではないかぁ~っ!!
先週のだな…。毛毛虫さんに感謝。
その後自分でもひとつ見つけたのであった…。

←こちらは梁兄さん。

3100a4c3.jpg
梁兄さん、担ぎ上げの図→
でも人がでっかいから、グライダーも持ちやすそうだ。私が持つとひこずらないように注意しないといけない。

今日も何故か担ぎ係りの人が居たが、グライダー絞っての担ぎ上げ、人に飛飛を持たせたくない。だって素人、ひこずっても踏んでも痛くない。それで何かあったら私耐えられない。
「私の宝物やから私がやる」
ってことで、断り続けて自分で担いだ。ちょっと異常な愛情かも!?

64053073.jpg
←降りたところから離陸地を見たところ。
愛しの飛飛と共に。

そうそう、ここにはいっぱい風車があるのだ。
日本やったら飛ばせてもらえないやろうなぁ~って感じであった。

583e5210.jpg
しょうようの練習姿→
彼は2年前から始めたらしい。98年に一度遊んでるらしいのだが、当時大連にパラ組織がなかったので、ひとりではしょ~もないとやらなかったそうだ。
そんな彼の飛びはとっても上手だと思う。

中国のフライヤーを見ていて思うのが、フライト暦のイメージより上手い人が結構居るのではないかということ。
まぁ私のイメージなので、あてにならんけど…。

72a1e389.jpg
←本題の講習。
講習風景はなんだか1日体験フライトのようだ。
簡単なライセンスとは言え、自分でテイクオフとランディングが出来てこそなのではなかろうか? と思うのですが…。完全フルサポートである。
日本のそれとは違い、簡単にライセンスが出るのだろうか??? 後は自分でしなさい…みたいな。

風の条件、人の素質…10日程の講習でパラライセンスってのは、やっぱ無茶な話やおまへんかぁ? という私の心のツッコミであった。

at 21:09|PermalinkComments(0)

短期ライセンスツアー

69f9d1cb.jpg
朝4時半に起きた。
日の出が北に偏ってる…。
部屋の陽台(ベランダ)で海の向こうから日が出てるのが見られて、1文得した気分になった。さてさて、あと2文はどこに転がってるのかなぁ~朝日

5時5分にお迎えの予定が、4時50分に「着いた」とメールが…。飛馬はん、ちょっとキツいっす。
10分待ってもらい、5時に出発自動車 目指すはパラの地~音符
途中ひとり合流して、3人で前日入りしてる人の居るホテルを目指す。1時間半ほどで到着、皆で朝食に行った料理

5ea6f534.jpg
朝食後エリアへ。
「海辺のいいところやでぇ~」って聞いてたので、ものすっごい楽しみにしていた。着いたそこは…
風車もいっぱいあって、とってもきれいなとこですキラキラ

しっしかし…低っ汗
10m程の練習場って感じであった。
「いいところ=バッチリ飛べるところ」と勘違いした私であった悲しい

cb017aa3.jpg
着いた時間は8時前、まだまだ風が弱く、立ち上げをする気にもなれない。
のんびり景色を眺めていた。

すると…
←ここでもトランプが始まる。
ほんま、好きですなぁ~。

7f6f15a4.jpg
朝一状況見で1本降りたイントラさん。
突然ズボンを脱いで海で遊ばれてました…。
半ヌード???→

そうこうしてる内に少し風が出てきた。
私も立ち上げでもしよっかなぁ~なんて動き出す。
しかしまだトランプ…
「あすま姐! あんさん短期レッスンっしょ!? トランプしてる場合やおまへんでぇ~」って突っ込みたかったが言えなかった…。

at 20:55|PermalinkComments(0)

2006年06月11日

おまけ

a18e641c.jpg
お片付けしてるところへ、馬に乗った人がやってきた。
すっすごいっ!!

どうやら馬に乗ってた人がパラを見て興味津々、イントラさんに色々聞いている。

こっちは馬に興味津々馬

5e062e55.jpg
おぉ~、馬面ぁ~っ(笑)→
そう思ってひとりでウケていた。
撫でてもいいか聞いたら、お許しが出たので触ってみる。
アルちゃんやと、毛並みからして鼻から頭へ向かってだが、馬さんは頭から鼻に向かって撫でるのねぇ~。
ポタポタ水分が…涙? 汗?? よだれ??? って聞いたら、汗だと教えてくれた。馬も汗かくのか!!
新しい発見であった電球

4233a070.jpg
なんせ興味深々で馬を見ていたら、「ちょっと乗せてもらえば?」って声がかかった。「えぇ~、いいのぉ~? 乗りたい乗りたい!!」ってことで
←乗せてもらった譜面

子供の頃に親にポニーかなんかに乗せてもらったことがあるような気がするが、ずっと係りの人が手綱を持っていた。今回は本物の馬、手綱は私の手に。

乗るのはスッと乗れた。
「おぉ~、高いっ!!」
手綱を渡されて…歩き出す。いやいやいやいや、じっとしててくれたらいいのよぉ汗 焦る私に指示をくれる。引けとな。
手綱を引っ張ってピンとはると止まった。おりこうさんだぁ~拍手
ってか、これはおもろいラブハマりそうだ。
早速乗馬が趣味のパラ仲間のそん兄さんに、機会があったら連れてってぇ~とお願いしておいた。

7de3316a.jpg
馬さんとサヨナラして、夕食へ。
道中寝ちゃって、気が付いたらお店に着いていた。
お外でいただく。ん~、いい雰囲気。
側の山に鹿が居たっ! 野生だっ! すっごぉ~。

そんなこんなで、うちからはまだ遠いと思ってたら…
すぐ近くだった。こんなとこに野生の動物が居るのねっ!?

at 23:56|PermalinkComments(0)

練習場

60757503.jpg
ランチの後は場所移動。
←本日乗せてもらってるしょうようのお車。

午後は大連ゴルフ場の横っちょの空き地で練習。
新しいパラ仲間にはピッタリのちょっとした坂道&高さであった。

a7ecd455.jpg
こちらはにんぽ~イントラのお手本→

やっぱり足場は石、しかも結構鋭いのもあったのだが、とにかく飛飛にリペアを…ってことで私もひと遊びして、下の草地で再度チェック。
そして鉄っちゃんがちゃっちゃと貼り付けてくれたのであった。
白いリペアをくれた人も、皆様ありがとうございます。少し私の心の傷も癒えました…悲しい

下の草地で指示だし係りの鉄っちゃんとのんびり会話。
私のひと遊びを見てか、鉄っちゃんに「ほんまにパラ好きやねんなぁ~」って言われた。
「ん~、めっちゃ好き~ドキドキ小

なんて話をしていた。
練習生が準備完了、「ワシの動きに合わせて手を動かすんやで~」って叫ぶ鉄っちゃん、下でふたり風を待ってし~んとしてる時に…
ぷぅ~ダッシュ
って…(笑) 鉄っちゃん汗
流すべきなのかツッコムべきなのか、ツッコムならなんて言えばいいのか…なんて考えてる内に練習生スタート。流れていったのであった。

しょうようも1本、下で一緒にグライダーを畳んだ。
いつもやられっ放しなので、今日はこっちから攻撃!!
「石ころプレゼントしたげる(中)」ってインテークから入れるフリしたら、「バーカ(日)」って言われた。おぉ~、これは一本取られましたっ!!
って歓心してる場合じゃない。「バカ・バカヤロー・アホ」について語るはめに。やんやんも来てほんまにアホな会話が交わされた。そして私は中国語で「アホ」に値する言葉を覚える。大連に来てからほんま悪い言葉を覚える機会が増えた…ってか北京ではひとつも覚えなかったのにダッシュ

a3bff6fa.jpg
そして風向きが変わってしまったので、イントラさんがモーターで遊び始めた。
海辺のゴルフ場の上を自由に飛び回る。

大連はモーターにばっちりの土地だねぇ~。
モーターがあれば好きな時に飛べるだろうなぁ…。
…買わないけど。(買えないの間違いかっ!?)

at 23:53|PermalinkComments(0)

とほほ。

「朝8時半に出発やから、20分までに来て」と言われていたので、頑張って行った。8時5分頃に着いたのだが誰も居ない。8時20分になっても誰も居ない。30分になっても誰も居ない…どないなってんねん!? 連絡してみたら…場所は確か、もうちょっと待ってみて…って。おいおいおい。結局9時に出発。

7cc0fad7.jpg
しゃおやんの車に乗せてもらってお出かけ。
今日は飛べるぞ~って思ったら…「テイクオフは何風がいいの?」って聞いたらしゃおやんが「東西南北」って答えよる。こいつぅ~って思ったら、立ち上げだそうで…今日は飛べないのね悲しい

確かに風にあわせて移動して立ち上げ練習、何風でもいけるわ。
海辺で立ち上げしたのでした。

efa42dd7.jpg
でも途中から風が強くなって…
レディーは見学。
のんびりした時間を過ごしたのであった。

e042f653.jpg
あたいの大連のお姉ちゃん=あすま姐。
パラ仲間が連れてきたわんこと共に。
こやつ、機嫌によって人を襲うらしい。今回マジで性格の悪さ発覚☆

うちのアルちゃんと同じゴールデン、気性の荒いゴールデン初めて見た。
うちのアルちゃんは大人には寄ってくが、子供には大人しくされるがままにしてる。ほんまに賢いのだっ!!
あぁアルちゃん…家族の愛に支えられて頑張ってるみたい。
食い意地だけは健在だそうで…お母さん似やなっ☆

at 23:44|PermalinkComments(2)

2006年06月04日

大会結果

最後の最後、グライダーを畳んでる時に発覚!
「飛飛が火傷してるぅ~っ!!」
誰やぁ~っ!? 私の宝物に穴開けた奴はっ怒り
エンピツが通るくらいの焦げ跡であった。ひとつ見つけた。もしかしたら他にもあるのかも。今度チェックが必要だ。胸が痛い…。痛くて痛くて痛くて…。

選手の2本目の後に飛んだレオンはんが降りてきてて、涙の報告悲しい
優しいレオンはん、慰めてくれる。そしてリペアテープをくれた。黒しかないけど…って。「ハートにして貼るわ」って言った私に「黒のハートはアカン、蝶々にし」って…(笑)確かに。
白い部分なので、帰って新規購入グッズの中に白のリペアがなかったら、レオンはんの使わせてもらいます。

携帯お金切れから始まり、飛び、飛飛の火傷…ふらふらになりながらホテルに戻って表彰式へ。
31f5851b.jpg
結果…
大連の団体は3位
しょうようが男子ターゲット1位、男子総合5位
り~ほぇいが女子ターゲット2位、女子セットタイム1位、女子総合1位でした。

お気付きですか???
女性参加者は二人でした。よってトップがビリですダッシュ
女性フライヤーは本当に少ないので、今回私が大会に参加出来たのも女性だったからではなかろうか…と思う訳です。
(見た目が)若い、外国人留学生フライヤーってことで、可愛がってもらってます。
特に今回は本当にスター扱い。それはそれは凄かったです。

e75c20eb.jpg
 3db7258e.jpg

帰宅後撮影↑
金メダル2つと銀メダル1つ。結果だけ見るとものすっごいようですが…。とにかく素敵な記念&思い出となり、しかもものすっごいたくさんの人と知り合えました。ってことで、今後遼寧省のエリア(錦州、瀋陽、朝陽、岫岩、そして大連)は、連絡1本で遊んでもらえそうでございますまる
大会のTシャツと、大連チームのTシャツ、これも素敵な思い出グッズであります。あと、遼寧省のパラ会員証も作ってもらっちゃったので、今後参加出来るわぁ~んOK

でも今回痛感、私は大会向きではない。
今後自ら望んで参加することはないと思われます…。

at 23:39|PermalinkComments(4)

大会成立

はい、今朝も4時半起きの5時10分朝食、5時40分出発で6時過ぎにはテイクオフ到着…
風は向き、強さ共に最高びっくり
しかし、ガスガスガス…

1d4d98a6.jpg
←今日は朝早くからテレビ局も来ていて、インタビュー予告をされてしまった。狭いエリアでせっせと逃げ回ったつもりだったが無駄な抵抗。
北京、岫岩、錦州…パラで3度目の地方テレビ出演だ。ビミョーに質問事項が多く時間も長くなってるような気がするのだが汗 いやぁ~、参った。動画は苦手だムービー
今日の分は明日放映されるらしい。錦州の皆様、どぉ~もぉ~ウサギ始めまして。

そうこうしてる内にランディングから山がうっすら見えたり見えなかったり…。だいぶ待っての吉報だが、時計を見たらまだ8時半。「早起きは三文の徳」である。

2fb8510d.jpg
っと、飛んだっ!? →
テイクオフしてすぐこの状態。中央にうっすらパラが見えますか?
「飛んだらすぐにランディングが見えるから」って言われても…私は飛ばないっ!! 怖い怖い怖い。山やランディングも心配だが、3機も出て空中で突然「こんにちは」したらどうするのぉ~っ!? ハラハラしながら見ていたが、次々ランディングの情報が入って皆無事であった。
何度も「飛ばないの? 準備しないの?」って聞かれたけど、「うん、まだ飛ばない」って私の決意は固い。

テイクオフからも少しランディングが見え出して、やっと準備を始めた。
そして緊張の1本目テイクオフ…南風3~4m、石ころひとつ入れて鉄っちゃんのサポートで押し出される。振り向く前に浮いていた…。
空中は安定していて怖くはないのだが、とにかくランディングが少々遠め、とどかないと怖いのでさっさとランディングを目指す。ん~、グライダーの速度を選んで良かった。なんとか進んでいるがとどくかひたすら不安。
ランディング上空に着いた時、まだ100mはあった。ん~、私いつもこれだけ余裕あっても怖いのね…小心者。 次は人の目が怖い…見ないでぇ~っ!! そっと飛ばせてください。

4d66a672.jpg
しかし今日はターゲットやから見られるのはしゃ~ないか。
だいたい短めになりがちな私、今日は高すぎた。なんとか外枠内に入ったがへにゃへにゃと座り込んでしまった。
そこへドドドドドドって人が集まって来て、テレビ局もインタビューにやってくる…たっ助けてぇ~っ!! それだけに留まらず、「この子が9年飛んでる日本人か!?」って色んな人がやってきて私の横に立って写真を撮るのである。ほんまスターキラキラなのである。
へちょへちょの…悲しい
普段の私の飛びを知ってる人は少ない、日本のパラ業界にドロを塗ってしまった気分。もっ申し訳ないっすいません
中国の皆様、私は知識も追求しない、ふわふわ飛べたら嬉しいだけのフライヤーなのですっ!! 皆こんなんじゃありましぇ~んっショック そして私ももうちょっとマシに飛べるんですけど…。

で、後から知った。
お尻をついたら記録なし… そうなのね… 記録なし…

2b164c3e.jpg
更にもう1本。
今度は景色もちゃんと見えて、テイクオフの風も2m程で最高である。
それでも鉄っちゃんの完全サポートでフライト、踏ん張ってくれるので、またもや振り向いた時には浮いてました…。

40586814.jpg
時折ランディング情報で4mなんてのもあったが、今度はランディングのド不安から開放され、ご機嫌のフライトである音符
きゃっほぉ~い音符
少しリッジ(斜面に当たって上がる風)でふわふわして、低くなっちゃう前にランディングへ。2本目もターゲット、今度は…
同時進入機があったので、怖いから逃げた… 記録なし…

攻めたらタッチの差でランディング出来たかもしれない。後から思ったが、後の祭り。そんな私を宋さんが絶賛してくれた。「素晴らしい判断だ! 安全意識が凄い!」と。
あっありがとうございますペンギン

at 23:34|PermalinkComments(0)

2006年06月03日

錦州観光

食後、ホテルに戻って皆お昼寝。
私も1時間程寝たが、やっぱ折角なので何かしたい!
って思ってたら、大会には参加しないけど飛びに来てた北京のフライヤー友達がメールをくれたので同行することに。
昨夜もチラッと会えたのだが、今朝は早くから諦めて近くの街へ観光に行っていたのだ。羨ましい。私も選手じゃなかったらついて行けたのに…。
ってことで、4時ごろからくっついて行く。

レオンはんと朱さんとイさん、朱さんとイさんはネットCAFEへ、レオンはんが朱さんの「北京ジープ」で観光に連れてってくれた。

3ed6e23d.jpg
←「遼瀋戦役記念館」
こちらは通り過ぎただけぇ~。

78e2b60a.jpg
古塔公園→
こちらは車を止めて入る。
入り口に2元と書かれてあったのだが、人がおらずタダ見ぃ~♪

キレイな塔だった。
花も咲いていてキレイ、キレイハイビスカス

d83b850c.jpg
←こちらは公園内にあった「木化石」
1億何千年も前の木だそうだ。
悲しいことに「本物か?」とまず疑ってしまう。部分的にはニセモノであったが、ほとんどが本物…らしい。
本物なら博物館で大切に保管されていそうな気がするのだが…。
色んな種類の木化石があり、木化石林と名付けられていた。
木も莫大な時間が過ぎるとこうなるのねぇ~。

そしてホテルに戻り、朱さんとイさんと揃って夕食に出かける。
そこで大連のフライヤーにも会った。先に行ってたらしい。
リャン兄貴に「お前なんかいらんわぁ~」って言われてしまった。確認せずに出かけたのが悪かったのだろうか…? 「えぇ~、要らんのぉ~悲しい」って返したら、「来たかったら来てもええで」って…許してくれた?
帰りはリャン兄貴に連れて帰ってもらった。

早く起きると早く眠くなる。
10時には目がトロン。おやすみなさいZZZ

at 23:31|PermalinkComments(0)

フォロー&悪天候

c08ceeab.jpg
 797fe440.jpg

テイクオフからの帰り道の山道で既に雨が降り出し、一時激しく降っていた。今日はもうだめねぇ~なんて帰って来たホテルの辺りはまだ降ってなかったらしい。道が濡れていない。
ホテルはユニークな形をしていた。

cddd04c1.jpg
ランチはハルピンビールの工場横のレストランへ。
今日はもう飛べない、飛べても飛ばない…宴会だぁ~っ乾杯
ウサギの肉…美味しかった。
注文の際「好き嫌いはある?」って聞いてくれたヤンヤン、「ないです」って答えた私にショウヤンが「人肉も食べれるんか?」って…こやついっつもこんな感じ。最初はイジメに疲れていたが、最近慣れてきた。「食べれませ~ん」って言えるようになってきた。
胃薬をくれる時も「ほれ、毒薬!」ってくれるし、趣味を聞けば「たくさんの美女と付き合うこと」って帰ってくるし…こやつの言動は慣れるまでほんま疲れた。今は3ヶ月年下だと判明したし、今後こっちからも叩けるように頑張るぞっ!!
って話はそれたのだが、とにかく美味しいビールであった笑顔

b9a7691a.jpg
レストランからの帰り道、写真屋さんに寄ってもらってお写真作成。これでエントリーに使える。初めてバックが赤の証明写真を撮った。
見るなぁ~って言ったら覗き込むショウヤン、くっちょぉ~。絶対おちょくられてる。赤いバックをいじるお店の人に、「バックはいいから前の人物修正しといて」なんて言ったりして。少しであるが、私の発言に笑ってくれる機会が出来てきて、なんだか喜びを感じる。

写真屋さんの後はネットCAFEに寄って天気予報確認→
リャン兄貴、さっきまで眠い眠いって言ってたのに、天気予報を見る姿はマジメでございま。
レストランでは、近々赤ちゃんが産まれるというお話をしていた。「一般の赤ちゃんは産まれたら『おぎゃ~』って泣くだろう? 俺の子供は(ド真面目な顔できょろきょろしながら)『風はどう? 飛べそう?』って言うねんで」って…そりゃ凄い(笑)

2cc833c4.jpg
←ネットCAFEの隣の路地。
雨上がりの道路。

錦州は大きな町ではない。
パラしてなかったら来ることもなかったであろう。
貴重な機会に参加出来て嬉しく思う。

at 23:26|PermalinkComments(0)
livedoor 天気