家族旅行in中国

2012年07月01日

空港前ランチ

妹&じぃじのお友達旅行最終日。
午前中は近所のショッピングセンター内の写真スタジオへ。
妹も揃って一家で写真が撮れるチャンス、お友達には申し訳ないのだけどスタジオへ。

車組と徒歩組で行ったのだが、徒歩組の私たちが到着した時、車組だった「たっくんが見当たらない!」とな。
このショッピングセンターにちょっと慣れてきたたっくん、前にも一度ひとりで遠くまで行っちゃってて見つかるまで生きた心地がしなかった。
しばらく手分けして探し、見つかったと連絡があってホッと胸を撫で下ろした。
小心者のくせに、こういう面は大胆過ぎる…やめてほしいわ。

2週間前くらいに予約に来たけど、すでにいっぱいいっぱいやった。
家族の集合写真だけっちゅうことで、間に滑り込みで入れさせて貰ったんやけど、撮り終えたら空港へ出発する時間が近い。
車組は一旦家に帰り、荷物を積み込んで空港前のレストランへ。
徒歩組はもう少しお買い物をしてから、タクシーでレストランへ向かった。

一応空港に降りる飛行機が見えるレストランということで選んだのだけど…
じぃじとばぁばが到着した時に行ったレストラン「明閣」の方が景色は良かった。
お料理はどちらも最高!
bランチヒルトンホテルの「粤尚」

従業員さんがななちゃんのお相手してくれてる間に、今がチャンス!とばかりにせっせと食べる私。
北京(アルジェも)は子供に寛大なのが本当に助かる。

そしてここでも…ギリギリになった。
ず~っとバタバタでゴメンナサイ。
飛行機に間に合って良かったです…。

私たちは空港で見送った後、優雅にハーゲンダッツでアイスクリームを食べて帰宅したのであった。

prettydog_alf at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月30日

骨董品のち市中心

b骨董品骨董品が好きなお友達ということで、パンジャーユエンへ。
昨夜の夜更かしお喋りもこたえました…出発が遅くなり、1時間程しかいられず。

午後は故宮を見学予定なので、前門から北上できるようにセッティング。
ランチは前門の便宜坊にて北京ダック。
bダック北京に住んで(最近はアルジェがメインやけど)ても、北京ダックってあんまり食べない…よねぇ。
誰かが来た時、しかも初めて来た人って時くらいかなぁ?
とにかく久々に食べた。

焼き方がどうこうとウンチクを聞かせてもらったのだが、聞き流したので覚えてない。
お味は美味しかった!
…けどどこと比べてどうっていう違いは分らなかった。
あたしゃグルメ番組のようには語れない…。
bダック2
このお店は600年近い歴史があるそうで。
最初は有名どころの全聚徳にしようかと思ったのだけど、ひとり600元からのコースしか予約を受け付けないなんて電話で言われたし、ネットで見たら評判もここより劣ってたので、ならばと私たちも初の便宜坊にしたのだった。

そしてまたもや…
ゆっくりし過ぎた!
故宮の入場は4時までやのに、レストランですでに3時20分を過ぎていた。
急いで歩いても絶対30分はかかるよなぁ…。
旦那さまが車で両親と妹と子供達を連れてプレイコーナー(崇文門の国瑞)へ遊びに行ってくれる間に、大人3人で前門・天安門から景山公園まで突っ切る。
b遊び場
プレイコーナーで遊ぶの図→

レストランから故宮のチケット売り場までは、天安門で写真を撮った以外ずっと速歩き。
最後の最後はダッシュ!
お二人は入口ゲートが閉められる寸前に滑り込み、私はチケット売り場へ駆け込み。
「並んでても時間がきたら閉まったりして」って冗談で話していたんやけど、冗談やなかった!!
私の前の人が買おうとした時、ロールカーテンが閉めらたっ!!
私、順番抜かしでお金を窓口に突っ込み、「日本から来てる友達が明日帰国しちゃうねんっ!」って慌てて言ったら、お金を奪い取られ、チケットが出てきた。
助かったぁ~!
前後の人が買えたかは知らない。
しっかし本当に時間通りに容赦なく閉まるのね。 
その後チケットを提示する入り口のところを通る時に「チケットはどこで売ってるの?」とのんびり係員に聞いてるのが聞こえた。
心の中で「あぁ、可哀想に」って思いつつ、無事入場。
5時までに出ないといけないので、やっぱりいつも通り真ん中を突っ切るのみ。

なんとか無事に故宮を出て、景山公園の高台を目指す。
b景山から故宮不思議とこの高台はいつも歩けるんだよね。
長城はあかんけど…。

この高台からの景色が大好き!
…やけど、ココも誰かを案内するくらいしか登りましぇんが。
しっかしここの景色も随分変わったなぁ。
自分が初めて観光で北京に来て上ったのは1999年やったはず。
その頃は一歩入ったら、大きな筆を手に地面に水でお習字する人や、歌ったり踊ったりしてる人がうじゃうじゃいてたなぁ。
それから、高台からの景色も高層ビルが増えたし、いまだ建設中もいっぱい。
ちょっとしみじみ。

景山公園の西門で子供チームの車に拾ってもらった。
たっくんは大泣きしてた。
もっと遊びたかったんやって。
子供チームさま、お疲れ様でした。

夕食は景山公園のすぐ北側にある満福楼でお鍋。
ここは建物や雰囲気がザ中国って感じで、お値段も高くないのにサービスもお料理も良く、とってもお気に入り。
お腹いっぱい食べた後は、近所のヨーカドーに寄ってから帰宅。
帰ってお風呂に入って、子供を寝かしつけてたら…私も寝ちゃった。



prettydog_alf at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月29日

パンダのち長城

ホテルで朝食を済ませ、チャーター車でお出かけ。
まずはパンダが見たいということで、北京動物園へ。
bパンダ←可愛らしく、椅子に座ってはりました。
ほんま、パンダって癒し系。
いつ見ても食べてるか寝てるか…って感じやけど、あの白黒模様、内股等たまりましぇん!

四川省のパンダ基地へ行ってからパンダを身近に感じるとともに、柵越しではちょっと物足りないという贅沢傾向にある私。
だけどやっぱりさすが中国の首都の動物園なんだろうな。
オリンピック時に建物も増築され、普通に5~6頭はいつでも見られるもんなぁ。
今日は生憎の雨で、屋外スペースにはパンダちゃんはいなかった。

bパンダ食事椅子でも食べてたのだけど、場所を変えてもやっぱり食べる食べる。→


パンダちゃんは可愛いので、写真も気持ち大きくしちゃいました☆

グッズもいっぱい買ったところで、次なるスポット万里の長城へ移動。
到着寸前の農家園にてランチ。
釣り堀みたいな池の横で、そこの魚を掬いあげてお料理してくれる。
子供は食事より池の方に興味津津だったご様子…。

誰かが来てくれるといつも八達領に行ってたので、私はもう何回行ったかよく分からんし、うちの両親ですら多分3回は行ってるはず。
なので、今回は場所を変更!…してみたのだが、あいにくの雨上がりの霧であの雄大な風景は残念ながら楽しめなかった。

慕田峪長城
bおんぶで長城ゴンドラで上まで上がったのだが、駐車場からゴンドラ乗り場までも結構な道のり。
そこでたっくんのご機嫌が斜めで、私は抱っこひもでななちゃんを抱っこ+たっくんをおんぶ姿で登っていく…疲れた。
幸い長城ではたっくんが元気に走り回ってくれて助かった。
ななちゃんは危ないのでほとんどおんぶ。

私、長城へ行くたびに歩行距離の減少を感じる。
子供の有無やその日の体調等もあるだろうけど、それにしても…疲れすぎっ!?
体力がヤバいですなぁ…。

長城を後にして、一旦帰宅。
7人乗りのうちの車に大人7人、子供3人(なんとか乗れました☆)乗り込み、望京の面酷へ。
旦那さまの出身地、山西省料理のお店。
b面山西省と言えば、面(麺)とお酢(黒酢)と小米(粟)が有名。
麺作りのコーナーがオープンになってて、色んな麺を作るところが見れるのが面白いし、お味もお値段もお気に入りなのだ。

夕食から帰宅後、うちの近所の超お気に入り盲人按摩へ。
時間が押してたので、旦那さまとじぃじ、ばぁばは子供を連れて帰宅。
大人4人で行ってきた。
小さな店舗なので、ふたりずつに分かれて施術。
通訳出来たらマッサージ的には良かったのだが、でもなんか楽しそうにお喋りしてるのが聞こえて、そういう時間も素敵かなぁ~と勝手に納得。
1時間後に場所交代(足ツボと全身1時間ずつやったので。)してみたら…隣に座ってたおっちゃんが喋る喋る!
最初お店の人かと思ったら、お客さんやった。
私らが交代するとうの前に自分は終わってたのに、私らが全て終えてもまだ喋っていた。
昔はこういう人捕まえては会話練習してたっけねぇ~なんて微笑ましく思い出してみたりして。
終いには見送ってくれたりして…。

足も背中もスッキリ!…して帰宅したら、子供を寝かし付けてくれた後だった。
ヤッホ~い☆
bワインと生ハム大人7人で生ハム&ワインを楽しんだのでした。

子供のお風呂と寝かしつけをスキップして、しかもその時間マッサージしてて、その後に贅沢なお喋りタイムなんて…最高っ!



prettydog_alf at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月28日

胡同&四合院ホテル

両親が来てくれた更に2日後、妹&じぃじのお友達一家が遊びに来てくれた。
お友達一家は初めての北京なので、お決まりのコース+αの観光をプロデュース。

初日は13時に空港で合流して、空港電車で市内へ。
さらに地下鉄とバスでホテルへ。
準備中に特徴のあるホテルを探していたところ、旦那さまが影絵の見れる四合院ホテルをネットで発見。
下見に行って、予約をしておいたところ。
bホテル影絵
皮影主題酒店
 住所:北京市西城区松樹街24号
 電話:010‐8322‐0266
 ホームページ:http://www.shichahaitour.com/home_taste/shadowplay.html

火曜日、木曜日、土曜日に伝統の影絵の演出が見られる。
ちょうど木曜日に宿泊なので、20時の演出が楽しみ。
昨年(2011年)オープンなので綺麗やし、お部屋も水回りもなかなか。
ただ下見の際に見せてもらった普通のお部屋は窓がなく、なんか息苦しいイメージやったけど。

チェックインを済ませ、少し部屋で寛ぐ。
空港から余分な荷物を家まで運んでくれた旦那さまがホテルに到着、胡同散策に出かけた。

bフートンちゃりたく朝早く大阪を出て飛行機で疲れてるだろうし、風物詩である三輪車タクシーで散策。
最初はひとり180元って話やってんけど、結局支払ったのは1台120元…ってどんな割引き!?
昔私はどんだけぼられてたんや?って思った。
私は子供たちと妹と4人で乗車。
私らを乗せてくれた李おじさんは52歳、めっちゃ面白いおっちゃんやった。

北京の昔ながらの建築「四合院」は、中庭を中心に東西南北に4つ建物(部屋)がある。
公開してはるところがあって、そこへ連れて行ってくれた。
平日なのに人がいっぱい!
 四合院の説明(手抜き…)→http://beijing.japanese.china.org.cn/2008-11/22/content_16809406.htm
「西側のお部屋はここの住人が使用してるのでご覧いただけません」そうで。
入場料20元(約300円)、自宅を開放してるだけで儲けてるこのお宅の人…なんか悔しいようなビミョーな気持ちになっちゃう。

チャリタクの後は後海の船に乗った。
b船木製の手漕ぎ船で、演奏をお願いしたら二胡のお姉さんが同行。
7歳から初めたそうで、色々リクエストしても弾いてくれる。
子供乗船ならでは、キラキラ星とかも弾いてもらって歌ったりして。
二胡の音が加わると、風流でめっちゃよろしぃなぁ~。
小雨がパラつくお天気やったけど、中国はガスっててもまた綺麗に見えたりするから得やね。

b船から水泳泳ぐ団体もいる→
真冬は凍ってスケートリンクになるこの湖、そんな時も一部氷を割って寒中水泳するスペースがあるんだよね。
寒中水泳とかそういう意味よりも、ここの水(綺麗とは思えない)で泳いでも大丈夫っていうことの方がスゴイと思います。

船でゆっくりしすぎちゃって、影絵の時間までギリギリになっちゃった。
「京味面大王」でジャージャン麺等を慌てていただいた。

タクシーでホテルに戻れたのは5分前!
間に合って良かった…。
b影絵の裏演目は何だったかな…
カエルを食べようとするカメとカエルを守ろうとする鶴のお話やったな。
15分程の演出が終わり、舞台裏を公開してくれはった。

そこで現在練習中だという新しい影絵の登場に血圧が上がる妹。
b影絵マイケルと蝶マイケル・ジャクソンやんっ!
ムーンウォークとかも研究中で、あと1か月は練習が必要だそうな。
マイケルの横で、一緒にお泊まりした子が遊んでた蝶々がええ味出してはった(笑)
間違いなく演出時間以上に遊んでいたお客様でした。

そしてお部屋でマッサージ…と思ったら、そういうサービスはなく、近所のマッサージも9時で終了だそうな。
ちょっと残念。
明日に備えて早く寝るのみ…。



prettydog_alf at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月19日

市内観光

天安門→故宮→景山公園お散歩コース
景山公園こそ丘を登らなかったものの、ホテルから地下鉄に乗り、上記のルートを(子供だからまっすぐなんて歩かず、くねくねぐるぐる走り回りながら)歩き、バスでホテルまで帰った2歳1カ月のたっくんの運動能力は凄いっ!
b故宮←景山公園の丘の上から見渡した故宮
 すこぶる良い天気で、綺麗に見えた!

prettydog_alf at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月18日

郊外観光

万里の長城、明の十三陵(神路とランディング)の郊外観光へ。

たっくん、初めて万里の長城を歩いてみたけど…
まだちょっと無理みたい。
急な階段のところでこけて、2段程転がってしまった。
後ろに友達が居てくれて本当に助かった!
ということで、申し訳ないけど友達ひとりで登ってもらった…。
(ななちゃんは駐車場付近でじぃじとばぁばと待っていた)

神路に着いた時は子供二人はお昼寝中。
今度は通り抜けポイントやし、私は車で出口へ向かい、友達とじぃじとばぁばで歩いてもらった。

その後ランディングを見に行った。
社長さんに会ったのだが、なんだかクラブ内が随分変わったようだった。
空軍のなんかが山頂に出来て妙峰山は飛べなくなり、司馬台も飛べなくなり、十三陵ダムのエリアも風が強い日が多く前より飛べる日が少なくなってるらしい。
夢だった万里の長城(司馬台)フライト、出来てて良かったぁ~!

観光の後はホテルへ向かった。
1泊だけ北京チックなホテル、竹園濱館に泊まった。

夕食は羊のしゃぶしゃぶ鍋へ。
ホテルで近くの美味しいお店を聞いて、バスで向かった。
b18鍋前を通ったことはあったけど、こんなに素敵なお店とはつゆ知らず。
冷凍の丸まったお肉が定番やけど、そこは生(もちろん火は通します)が売りらしく頼んでみたら、とっても美味しかった!

落ち着かないたっくんがお茶をこぼしたら「子供にかからなければそれでいい」と言いながら拭いてくれたり、動き回ってたら「お母さんにゆっくりご飯食べさせてあげようね」なんて言いながら子守してくれたりする。
子供にはとっても優しいので、その点は絶対中国の方がやりやすい。

たっくんはどうやらバスが非常に気に入った様子。
「はしゅ、はしゅ! もういっかい!(バス、バス、もう一回乗りたい)」ってことで、帰りもバスでホテルへ。
そして子供が寝た瞬間、マッサージの人を呼んで足裏マッサージをしてもらったのでした♪

prettydog_alf at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月17日

サマーパレス

高校の親友が遊びに来てくれた。
正午に到着したので、午後サマーパレスへ行った。

b17サマーパレス習字←久しぶりに見たお習字の姿
 北京に来た頃はあちこちの公園で見かけたけど、そう言えば最近は減ったねぇ。

b17サマーパレスお菓子と橋昔ながらのお菓子「糖葫芦」を手に湖を眺めるたっくん→
くわえたままこけないかヒヤヒヤ、種は食べちゃうし…手放してくれないし困った!
でもここではもうこの形の物は今あるのを売り切ったらおしまいらしい。
色々変わっていくんやなぁ…。

b17サマーパレスたっくんと私の後ろ姿←おのぼりさん、かぶりもの着用

b17サマーパレス変なカメラマンかぶりもの着用してカメラマン→

留学生時代に北京オリンピック1000日前マラソンで走った事を懐かしく思い出したのでした。

prettydog_alf at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月28日

一歳記念家族旅行Ⅱ

旅は完全にたっくんのペース。
朝もたっくんが自然に目覚めるところから始まる。

8時半…いつもより遅いな。
私は8時前に起床、先に準備してすぐに朝食に出られるように…なんて、母親っぽいことしてみたりして。(一緒に寝坊しないなんて、自分でもびっくり)
9時半までという朝食を無事終えて、10時過ぎにホテルを出る。

目的地は雲岡石窟。
前日に引き続き、またもやデモやってて、予定の場所が通れない。
回り道するも、道路工事等でめちゃくちゃ。
なんとか城壁の外へ出たのはいいが、石窟へ向かう道路も工事中で通行止め…もぉ~っ!
きちんと道を教えてくれたバイクのお兄ちゃんがいたから、なんとか舗装されてない道を進みつつも無事辿り着いた。

石窟入口世界遺産・雲岡石窟

駐車場からこの入り口までが大規模な工事中。ほんと、どこもかしこも工事だらけやね…。

石窟メイン

 

パンフレットやポスター等で使われるメインの場所にて記念撮影→

石窟穴

 

 

←こんな穴がぼこぼこあいてて、その中にいっぱい大小の仏像さんが。
でも実はこの表面にも昔は小さな仏像が彫られてたらしい。今は風化して、ほんの一部残ってた。

石窟融合岩と木造の融合→
素敵な雰囲気。

ゆっくり見てたら、帰路についた時はもう2時過ぎ。夜8時にはおうちに着けるかなぁ…。

帰り道、どうも悪寒がするし節々変やし熱っぽい気がする。
乾燥と空気汚染がスゴイので、喉をやられたのは確実。
車内
帰り道も運転せず、態度XL(足を延ばして)乗車でパパに運転してもらった。

道中は色んな景色が広がる。
村


例えばこんな村→
私はここで1週間も持たないだろうな。

断層

 

←こんな断層だらけの場所もある。
土の色も地方によってどんどん変わる。

羊や牛を放牧してる人、山頂に雪が残る山、石炭を運ぶものすご~く長い列車(100輌はあった)…さすが中国は広い!
夕日

明るい内には家にたどり着けなかった。
途中で見た夕日→

そして夜8時にやっと帰宅。
熱を測ってみたら、やっぱり発熱。
ある程度用事を済ませた所で先に寝させてもらった。
私を寝かせるために二人は別の部屋でいたらしい。でも夜中にたっくんの泣き声で目覚め、タッチ交替☆
するとピタリと泣きやんだたっくん…やっぱりご機嫌斜めの時はママパワーってスゴイな。

体調崩しちゃったけど、前から大同には行ってみたいとは思ってたし、3人で旅行は始めてやし、めっちゃ楽しめた。
体はしんどかったけど、気分転換になって良かったわっ♪
たまにはいいかもっ!(もう少し近ければなお良し…)



prettydog_alf at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月27日

たっくん一歳記念家族旅行Ⅰ

たっくんの1歳を記念して、家族旅行へ!
…実は車が半年、6千キロを超え、一度長距離を走っておきたいので出かけようなんて話してたのが事の始まり。

パパが選んだ地は、山西省大同。
車で4時間半…ちょっと私がイメージしてたより遠いっ
でも他に思い浮かばず、実行することにした。

出発前夜はたっくんが鼻水で眠りが浅かったらしく、めずらしく1時間おきに泣くもんやから、私もヘロヘロ。
行きたくない…と朝からテンション低く出発。

でも出かけてみるとまぁまぁ。
車の中ではたっくんも結構寝てくれたし、普段の生活から抜け出して気分は変わるし、道中は二人でずっと喋ってる訳で、なんかこんだけぶっ続けで話したのは久しぶりなのかも!?…なんて、結婚2年弱にしてそんなこと思ったりして。

大同到着道中2回休憩を含んで約6時間…
たっくん、お疲れ様。

大同中心部に到着。
しっかし埃っぽいなぁ。
あちこち工事中。
しかも何やらデモしてはって、私たちが通りたい所が通行止めになってたりした。いやん。

無事ホテルのチェックインを済ませ、近くを散歩。
九龍壁九龍壁を見た。
北京にも2箇所あって見たが、これはそれより古いらしい。でも…違いが分からないっ(苦笑)

九龍壁芸術芸術的な写真を目指して、頑張って撮影☆→

その他付近のお寺はどちらも修復中で見れず。

鼓楼
(↑鼓楼) 鼓楼の横を通り過ぎ、夕食を食べに行った。
刀削麺のお店で夕食を食べ、ホテルに戻った。くつ

パパ、たっくん、ママの靴が並ぶ→
なんか素敵~♪

りんごチェックインの時にたっくんはりんごを貰った。
せっせとかじってはったのだが…

←なんか日本列島みたいっ!?
ちゃんと本州と九州があり、北海道をかじりかけ、四国へたどり着く前に興味を違う物に奪われた様子(笑)

そんなこんなで1日目は過ぎ、早めにホテルで休んだ。
たっくんを寝かせつけてから、ママはそそくさとホテル内のマッサージに出かけたのでした~っ♪

prettydog_alf at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月04日

おそろ

観光最終日、3人揃ってお揃いのセーターで過ごした服
りんくうアウトレットへ行った時にGAPで見付けた格安セーター、3人揃っては初めて。
帰宅後、記念撮影した。
a44813f9.jpg

愛ぷぅは天津の空気にやられたか、風邪気味。マスクをしていた。
私はお腹が出っ張ってきて、もうそろそろ着れなくなりそうね…。
やんやんは…元気、普通。

at 17:29|PermalinkComments(2)

WISH

愛ぷぅのリクエストで日本人御用達のDVDショップへ行ったのだが、なんとお休み…悲しい

本日の夕食はDVDショップの近く、「梧桐 WISH」にて創作中華料理。
20c59c39.jpg
このレストランは雰囲気もいいし、お料理も美味しいし、一度は結婚式会場に選んだのだが、契約時に打ち合わせ時と条件と金額の相違が発生して流れたのだった。
そんなお店だけど美味しいさっぱり中華だし、愛ぷぅに味わって欲しくて久々に行った。

こちらは前菜に選んだ北京三味(手前)とピータン→
やっぱりオシャレで美味しいっ料理

安くはないのだが、お味も雰囲気もサービスもなかなかのお店である。

ec1e776d.jpg
 0ad15e6c.jpg

豆腐となまこの珊瑚スープ(左) と 龍井茶のスープ(右)

9e45f108.jpg
←手前というか左から
 牡蠣のお料理
 フォアグラのフルーツソースがけ
 アワビの中華みそがけ

今回はメインで選んだので頼まなかったのだが、ここのフォアグラを使った前菜も最高OK
ここのフォアグラ、大好きだ。

80206ba6.jpg



ピントが合った手前から→
 豆腐のお料理
 焼き餃子


cfabb3f0.jpg



←八宝粥
陽歴2009年1月3日は陰暦(旧暦)の12月8日、
陰暦12月8日には八宝粥をいただくのが習慣だとか。
レストランからのサービスキラキラ

0bfb7b28.jpg



ちゃっかりデザートもいただきますっ!
ティラミスと牛乳ゼリーマンゴーソースがけ→
美味しいっラブ
やっぱりデザートは別腹。

初めて大陸に旅行で来た時にビックリしたパンやケーキ(デザート類)のお味。
最近は本当に美味しいお店が増えた。幸せであるっドキドキ小
2f78fd03.jpg

トレビア~ン、ムイ ビエ~ン


at 17:17|PermalinkComments(0)

近所

中国は1~3日の元旦連休最終日。
やんやんはゆっくり寝てもらおうと、二人でご近所に出かける。

まずは近所に3か所ある中で一番ハード? 素朴? ばっちい? 市場へ。
うちから5分歩いたらこういう景色になる。
郊外の新しいマンション群のふもとには、まだまだ昔が残っている。でもいつなくなるかな?…ってことで、現地らしさが好きな愛ぷぅと行ってみたかった市場なのである。

688c5175.jpg
 91fd2062.jpg

↑売り物? すでに汚れた商品 & 靴の修理屋さん。大切に使う精神は見習うべしっ

3c54ad55.jpg
 d5adc431.jpg

↑乾物屋さん & こんな場所の歯医者さん、怖すぎる…

d0695999.jpg
 75422178.jpg

↑自転車移動のお店 & 鳥鳥や魚魚、生け売りでございます

46051415.jpg
 61378648.jpg

↑のら犬か飼い犬か? & すぐ向こうには新しいビル


acdea678.jpg
散歩の後は手のお手入れに。
まずは爪を磨いてもらい(10元)、手のマッサージ(30元)、ここまでは私も一緒。
そして愛ぷぅはマニキュア(10元)してもらう。私はマニキュアは元々苦手なので、薬指だけ絵を描いてもらうのが好き。でも「妊婦はダメよ」と指1本でもしてもらえなかった。

半乾き状態で離れ、トイレに行ったら…
ぐちゃぐちゃになっちゃった。
再び行って、ぐちゃぐちゃになった親指だけ描き直してもらう。
一応代金を聞いてみたら、サービスしてくれた。
マニキュアは両手に絵を描いてもらって10元(約150円) お得感満点お金

そしてすきっ腹をマクドで埋め、ちょこっとおみやげのお買い物をした。
やんやんに迎えに来てもらい、市内へ出発自動車

at 17:11|PermalinkComments(0)

天津2日目

fed833d0.jpg
朝早く起きて出発!
のつもりが…
朝食を済ませてホテルを出た時は10時半を回っていた。市内への戻りは電車で。

←駅を降りたらやっぱりタクシー。
 線路が完成してないから不便なのか、その分タクシーがたくさんいるから便利なのか!? 早く完成することを祈る。

愛の友達の友達のお姉さんも中国人男性と結婚し、現在は天津在住という。
そのYさんとの約束の場までタクシーで急ぐ。

1694ba0f.jpg
Yさんに会って、食品街で天津名物「狗不理」をいただく料理
がしかし、朝ゆっくりだった上に食べすぎで…悔しい結果に。
でも本場は美味しかった!

実は北京でも「狗不理」は見たことがあり、一度は行ったのだが、その後なくなった。今でも北京には2店舗あるのだが、オリンピックに向けてなくなってしまったそれ以外の店舗はニセモノだったらしい…ということは、私が行ったことがあった東単のお店もニセモノだったのね(汗)

食後にぶらぶらと古文化街に連れて行ってもらった。
9611e5c2.jpg
 aac2bdb5.jpg

9c56a85e.jpg
 d41fe423.jpg

14578a89.jpg
 a7d9012d.jpg
 d8cad36f.jpg
 e744abf5.jpg

超中華の雰囲気が素敵。

その後Yさんと分かれ、五大道へ。
599ae552.jpg
1d8a9c78.jpg
上海と同じく、古い外国風建築が多い天津。
でも思ったより広範囲で、日も陰って寒く疲れたし、数分散歩して帰路につく。

帰りは在来線で…
と言ってたのだが下調べ足らず&時間も遅くなったので、同じく高速列車で北京に帰った。
列車の旅をしたくて、だけど私が動きにくいので近場で選んだ天津。
新しい話題の高速列車としては面白いけど、本来やりたかった列車の旅とは全く違う近代的列車&リッチなホテルの旅となってしまったのだった。

北京南駅から、帰りはタクシー。
道中、北京を見てビックリしたこと。
日本から飛んでくると、北京に近付くにつれ空気が茶色くなる。汚いと思うのだが・・・
天津から戻ると、北京の街&空気がとっても綺麗に見えたのだっ!

そんな話をしながら寄り道して食事しようかと言ってたが、疲れたし途中で行先変更。直接帰宅することにした。家でお粥やお雑煮など、簡単なもので夕食を済ませた。簡単なものやけど、家がやっぱ落ち着きますな家

at 16:37|PermalinkComments(0)

天津1日目

dd4b25cd.jpg
元旦はお昼前に天津に向かって出発。

←北京南駅待合室

でかい。
前回出張で行った時は1時間くらいやったけど、新しい駅&線路になり更に短縮、30分で北京南駅と天津を結ぶ。
ただ、まだ北京の地下鉄と天津の電車がそれぞれの駅と繋がっておらず、移動にタクシーがいるのが不便だった。

060f6733.jpg


天津駅で見付けたたこ焼き。たこ焼きを見ると、やんやんが買ってくれるので、味チェック☆
なぜか中国で食べるたこ焼きにはたこが入ってない事が多い、間違ってる! ケチャップとわさび又はからしの選択もおかしな話だ。
天津駅のたこ焼きは、太原の王府井もどきで食べたたこ焼きよりマシだった。

天津駅でホテルへ向かうのにバスやタクシーを探しまわって放浪…疲れてイライラ。結局タクシーでホテルまで。

やんやんが外国人お客様を天津の工場へ案内する際に利用するマリオットを利用。
市内からごっつ離れてて、天津駅から1時間タクシーに乗り、代金は150元!? ビックリ。
でもやんやんのお気に入りだけあって素敵なホテルだった。
部屋に入ってリラックス…と思いきやっ!?
cb1df96d.jpg

フライング旦那ダッシュ

私もあんまり人の事は言えないが、大きな子供である。

d629b3e2.jpg
市内へ戻るのは諦めて、近くの観光地へ。

←天津溏沽の外灘
 上海の外灘は有名だが、上海人が見たらひっくり返りそうなくらい違う☆ 特に見る物もなくぶらぶら。


d5125469.jpg






先週雪が降ったとかで、ところどころ雪が残っていたり、凍って固まっていたりする。

氷のサッカーサッカー

854cde6f.jpg



またホテルの方へ戻るのに、地下道を利用して…
と思ったら、入口のカギが閉まってるやないのっ!! どうしろとっ!?
仕方ないので路上を渡る。策をまたいで。車にプップーとか言われながら。
しゃ~ないやないのっ!!

ここから今度は足ツボマッサージへ行き、ホテルに戻って夕食。
川の字になってさっさと寝たのであったZZZ

ちなみに、妊婦はツボ刺激は良くないそうな。私はほぐす程度で終了…
あぁ、羨ましいっ!

at 16:04|PermalinkComments(0)

大みそかディナー

産婦人科の後マッサージに行った。
そしてスペイン料理「MARE」で2008年締めくくりディナー料理
99555628.jpg
←店内の様子。
大晦日であるが、ツリーは健在木
中国ではクリスマス前から旧正月が過ぎるまでツリーやサンタさんが飾られたままである。「メリークリスマス&アハッピーニューイヤー」という言葉通り、一緒に旧正月まで爆走…慣れたけど、やっぱ変よね。

クリスマスくらいからお正月明けまで、レストランは開いてるが、アラカルトのメニューはストップ。残念ながらパエリアが食べられなかった。
なんかスペインでの年末を思い出す。本場のパエリアが食べたかったけどなかったのよねぇ~。

dd02b853.jpg


愛が選んだ前菜
クリームスープとカニ足の春巻き→


df0ac79f.jpg





←やんやんと私の選んだ前菜
 フォアグラ

私はフォアグラが食べたいというより、肝臓なら鉄分も豊富だろうか…と鉄分を気にしたチョイス。
でもフォアグラって鉄分多いのかしら??

b5c6b7cd.jpg

こちらは選択不可能、皆同じ。
ちょいとずつお野菜も一緒で嬉しい→

da55c9b4.jpg

←主菜は選択式。
 手前は愛ぷぅの鶏肉、奥はやんやんと私の選んだ牛肉。


60e1f285.jpg
 そしてデザートドキドキ小
 チョコレートのスフレ(って言うのかしら?? 外はちょいサックリ、中からとろ~りとチョコが出てきた)と2色アイスクリームアイス
お腹いっぱいやったけど、やっぱり別腹。ぺろりといただいた。

なぜスペイン料理か。
それは愛ぷぅがスペインに滞在してたから、そして北京のスペイン料理を堪能してもらうためっ料理 さらに私も今は和食か洋食が嬉しいのでっ!
HITまる 美味しかったぁ~っ!

4825af55.jpg
食後にカードがのったお皿が出てきた。
願い事をツリーにどうぞって。
よく考えると「大晦日、クリスマスツリーに願い事をかける」って…変。年末年始とクリスマスと七夕がごっちゃになってる!?

でもまぁいっか!ってことで、3人ともそれぞれカードを選び張り切ってかける。
赤の矢印が愛ぷぅの白雪姫模様、緑の矢印がやんやんのベビーミッキー模様、黄色の矢印が私のプーさん模様のカードの願い事。
叶いますようにっラブ

今やんやんの車は水曜日が禁止日。(オリンピック中は奇数と偶数日で半分は運転出来なかったが、終了後は週1日運転出来ない日が設定されている)
タクシーで帰った。
はずれ…(=くさい。運転手さん、お風呂に入ってくださいっダッシュ
愛ぷぅは車に酔っちゃった。
「臭いタクシーが減りますように」って追伸で願い事しとくっ!?(笑)

at 15:20|PermalinkComments(0)

2008年11月08日

帰り道

観光案内のおばさんにレストランを紹介してもらい、遅いランチ。
レストランに着いたところでおばさんに40元お礼を渡した。本来30元やったけど小銭がなく、案内してもらって良かったし、気持ちってことで。正確に時計を見てないけど、恐らく3時間ちょっと案内して40元(600円)か。
30ec08c2.jpg

紹介してくれたレストランはなかなか。
蟹が新鮮で美味しかった!
隣にご飯とのってる物体はアワビ。500円玉大くらいの大きさ…こんなちっこいの初めて見た☆ 一皿35元って聞いて安いから頼んでみたんやけど、ちっちゃいってことね。


美味しくお腹いっぱいになってから、帰路につく。


c2cef0d0.jpg
高速にのってすぐ、ガソリンスタンドに入った。
←サービスエリアの雰囲気

8f11321c.jpg
中国の高速道路は昼も夜も超大型トラックがいっぱい! しかも時々道をふさいでるから、非常に走りにくい。道端には故障やタイヤトラブルで止まってるトラックも少なくない。走ってる車も「そりゃ積みすぎやろぉ~」っていう車体が傾いたのとかも結構いる。
高速道路も中国テイストです。

夜に無事北京のおうちに到着。
夕食は簡単におかゆとか作って終了。

楽しく新婚旅行を終えましたとさドキドキ大

at 23:48|PermalinkComments(0)

レレレのおじさん

f5b0683a.jpg
九龍門を後にして街へ戻る
やんやん運転の車から
遠くの路肩に見えるのは…?→


誰もが子供の頃に想像したことあると思われる
(誰もがか分からんけど、少なくとも私はあった)

マンガのような現実

写真がなけりゃ信じてもらえなさそうな


見たことが夢のような…

11be7001.jpg

←レレレのおじさん

 自動回転竹ほうき(撮影中も回る回る!)

 思わず尋ねた。
 「これがおじさんのお仕事?」

 北京でやったら歩道も人がいっぱい、大苦情であろう。
 何にせよ、なんの解決にもなっていない…そう見えるのですがっ汗

この旅行での大ヒット物びっくり

at 23:37|PermalinkComments(0)

第一関と九龍門

孟姜女廟を後にして、山海関を目指す。
駐車場の看板を見て曲がると…
入口の手前で車からおばちゃんが出てきて私らの行く手をはばむ。
観光案内のおばちゃんで、30元で案内してくれると言う。よく分からんし、効率良く回れるかとそこでおばちゃんを乗せて出発!
…しかし色んな商売と売り込み方があるもんだメガホン

その駐車場は関の外で効率が悪いらしく、中まで車で入れるそうな。
f50080c7.jpg
どんどん進んで、まずは「王家大院」に連れて行ってもらった。
←王さんちの前の道。
 やっぱり今日もいい天気、空がキレイ、ラッキー音符

山西省で見たあの王さんの分家である。

009054de.jpg
王家大院で一番気に入った丸い門の続いたお庭→

中ではその場専門の案内のお姉さんがついて、説明して回ってくれた。
何か像がある部屋があり、そこでは尊重するために男性が先に入る。私はどでかいお線香達の前でしばし待つ。すると中からやんやんに呼ばれた。
や「願い事をって言われてしたら、30元って言われた。お財布…」
観光地はやはり気を抜いてはならない…(笑)
まぁやんやんの願いが叶ってほしいし、きっと私の分もお願いしてくれてる。30元なら安いものか…と払って過ぎたのだった。

e0650868.jpg
続いて見たのは天下第一関の門。
万里の長城の一番東側に位置する山海関の東門に当たる。

山西省平遥で見たような城壁内が街になったような所である。王家大院もその中にある。

d31d09c9.jpg






こちらはその山海関の北門に当たるのだが、他の門のように建物が建っていない→
ガイドさん曰く、長城の建設でたくさんの犠牲者が出、西側に続く長城が見える北門の建物だけ、建設しても焼失したり問題が出るのだそうな。だから建物がないんだって。

e7ff615f.jpg
山海関を後にして九龍門を目指す道中、由緒正しい長城の跡を見た。
こういう雰囲気だと歴史を感じる。
だけどこれだと後に残らないんだよね…
でも修復バッチリのピカピカ遺産もなんだかなぁ…

この跡をくぐったところから遼寧省に入るそうな。
入って間もなく、携帯に「遼寧省へようこそメール」が入った。
陸移動するとメールが省が変わった事を教えてくれるからちょっと面白い。
73445555.jpg

道中こんな看板を見付けた。
  「危橋」注意
危険と勧告されましても…
他に道はございませんし…
どうしろっちゅうねんっ!?

85403519.jpg

まだまだ続く道中のお写真。

←ちょうどりんごの収穫も終わり、火のもと&家畜の餌にするためにとうもろこしの葉をかついで帰る姿だそうな。
重い物じゃないやろうけど、でもよくここまで積んだね!

be27d4b7.jpg
九龍門に到着。
長城が川を渡っている。
そこに水門がある姿はここだけだそうな。
この写真では分かりにくいが、出っ張りの間にそれぞれ水門があった。
eb28d8c0.jpg

紅葉も見れて、最近出ずっぱりしてた分を一気に取り返した気分☆
6c9627a7.jpg






この街でやたらよく見た三輪車→
車の免許らしい。1万元(約15万)ちょっとでお買い得!
主に小型タクシー(合法かは疑問)のように使われていた。

at 22:52|PermalinkComments(0)

新婚旅行2日目

61497a71.jpg
妊娠が分かってしばらくした頃からずっと、夜中にトイレで目が覚める。だいたい平均2回前後。
そして今朝も6時過ぎにトイレで目が覚めた。空が赤らみ始めていた。
私がベッドに戻ったら、やんやんも目が覚めたようで(そりゃ昨夜は10時には寝てたもんね!)トイレに行った。
戻ってビックリ☆ ちょうど部屋のベランダから朝日が昇り始めたのが見えたのだ。グッドタイミングOK
早く起きたり、寒い中出かけたりせずに自然と見れて、二人とも大満足!

太陽がまん丸く見えた時点で、二度寝したのだった…。

6a852dfc.jpg
朝食は昨夜の洋食レストランでバイキング。
二度寝したので、時間ギリギリ…品切れしてる物があった、残念アウト

ここはコテージもあって、7~8人宿泊可。キッチンもあったし、ダイニングやリビングもあって、いつか家族で来れたらいいね!って話をしていた。
サービスというか、人の雰囲気も良く、良いホテルでした。
出発前に玄関で記念撮影→
入口右側の白い車はうちの愛車「熊猫(パンダ)くんパンダ

第一観光目的地は孟姜女廟。
394b6c27.jpg
←駐車場で道士を発見!
記念撮影をさせてもらった。

ここは長城建設中に犠牲になってしまった作業員の妻、孟姜女を祀る場所。彼女は夫の死を悲しんで、山海関から海に身を投げたそうな。
中には悲しそうな顔して長城の方向を眺める像があった。

9a41fb84.jpg
中で鐘発見。
誰かがついてたので、私らもついてみた。
私1回、やんやん1回…
するとおばさんが「一般的に3回つくのよ」と教えてくれ、二人で一緒にもう1回、計3回ついた。1回ずつ意味があるらしいのだが…
おばちゃん「はい、6元」…ひとつき2元なのねっ!?
観光地は気が抜けない(笑)

4dc6334a.jpg
←こちらの山を長城が超えて行く。
 孟姜女の像もこの辺りの長城を見つめていた。

中をぐるり1周して、次なる観光地へ。

at 22:19|PermalinkComments(0)

2008年11月07日

デラックス

暗くなったし寒いし老龍頭を後にする。
少しドライブしたが全く良いお店が見付からず、ホテルに戻って食事をすることに。
25117be1.jpg
本日は立冬
中国では餃子を食べる習慣がある。

洋食レストランで食事、ホテル内の中華レストランから餃子を取り寄せるという形でいただいた。
サーモンは輸入だが、牡蠣やサザエを久々に食し、魚もおいしく、海鮮水餃子をいただいた。海鮮が美味しく、大満足☆ そしてホテルなのに二人で300元(約4500円)とお得感満点! もう運転しなくていいから、やんやんがお酒も飲めた音符

去年の立冬は確か週末で、初めて当時やんやんが賃貸していた部屋にお邪魔した。パパとママが餃子を作ってくれて食べたね~、懐かしい。
この1年は凄い変化。
そして来年も、ももちゃんが横に居て、また凄い変化を感じるんやろうね。

8d0dd450.jpg
「モルジブ=旅費だけで2万元コース」からのランクダウン新婚旅行。ホテルはパァ~ッといこう!…ということで、二人で泊まれる最高級のお部屋をやんやんが押さえてくれた。
ホテルは私が北京に初めて来た時に神田と宿泊したグロリアホテル。この辺りでは一番高級だそうな。

←こちらはリビング
0894e63d.jpg

リビングから階段を上がると→

cb642ff2.jpg
←ベッドルーム
 ツインにも変身可能らしく、ベッドがくっつけてあるので馬鹿でっかかった。

1,2階共にシャワールームとお手洗いがあり、2階にはクローゼットルームもあった。

贅沢にマッサージの人を呼ぶ。
妊婦ということでツボ刺激はパス、筋肉をほぐすという形でやってもらった。
マッサージ師さんの質問「妊婦が階段のある部屋に宿泊? 2部屋も必要?」
…確かに。
だけどパァ~ッとやりたくて、泊まったことないシービュー・デラックスにしてもらったのよね。
でも確かに荷物を取りに上がったり降りたり、どっちか片方だけ使うってのもなんだかなぁ~ってことで、たかが1泊、本当に2部屋は必要ないと痛感落ち込み
そんなお部屋の1泊料金は、フロント表示は1588元、でもネット予約してきて688元(現在円強し、ちょうど1万円くらい)であった。閑散期のお得ポイントお金

さておき、やんやんは隣で足つぼを。
途中までベラベラ喋ってたくせに、あっちゅう間に爆睡ZZZ
私「足つぼは体の悪いところ分かるでしょ? 彼どこか悪いところある? 胃腸は?」
マ「健康みたいです」
私「じゃぁ睡眠とかは?」
マ「…。(爆睡をチラリと見て)全く問題ないです(笑)」
私「確かに…笑い
そんな会話も知らずやんやんはそのまま爆睡流れ星

at 23:15|PermalinkComments(0)

新婚旅行

新婚旅行は元旦にモルジブへ行こう!
…そう二人で話していた。
式直後はやんやんの休みが取れなかったのである。

しかし予想以上に早く赤ちゃんが出来た。
飛行機はなるべく避けたいのに、しかも長時間なんて…却下。

でも誰かと一緒だったり、旅行先がどちらかの地元だったりして、二人っきりで旅行をしたことがない。
だから形だけでも新婚旅行としてどこかへ行きたいっ!
そんな気持ちをやんやんが叶えてくれた。

モルジブ→秦皇島(河北省と遼寧省の境、海沿い、北京から車で3時間半)

3de881c5.jpg
万里の長城が海に突き出てるところ。
スタート地点とも言える。
南国とは違うが、海が見える。

素晴らしいじゃないかっ拍手

…と自分たちを盛り上げ、結婚の時にする車のミラーに赤いリボンを結びつけて行ってきたのだった。

c8a1c22d.jpg
長城と海がセットで見えるってなんか不思議。

南国の予定が、「凍えに行くのか?」と笑われる通り、北京より寒い地への旅となった。
しかも朝弱い私たち、出発は10時半だったので、チェックインの後この老龍頭に着いた時は4時半頃。日も陰りだし、ほんまに寒かった…落ち込み

a55b4c19.jpg
しかしちょうど海辺で夕日&長城も見れて、なんだか素敵だった。

←老龍頭から見えた海神廟と夕日

空がキレイ~ドキドキ小

at 22:01|PermalinkComments(0)

2008年02月18日

幸せな時間

楽しい時間はあっちゅう間に過ぎちゃう。
旧正月に家族揃って遊びに来てくれた幸せな時間が過ぎちゃった。e51b00cf.jpg

←お父さんも妹もバシバシ撮ってたので、私が撮った写真はこれだけ。(北京の道端にて)

そんなことはさておき…
1月6日に揃って到着。不要な荷物(荷物の半分は私の依頼品すいません)を新居に置いて、その日に山西省太原に移動飛行機 彼の両親が迎えに来てくれて、初ご対面。でも夜遅かったのでホテルに直行して終了。(太原泊)
7日にヤンヤンの実家を訪れ、ランチとディナーをご一緒する。(太原泊)
8日はママが用意してくれた個人ツアーで王家大院を見てから平遥へ。(平遥泊)
9日、平遥でぶらぶらした後太原へ戻り、夕方の便で北京に戻る。(以降北京新居泊)
10日は北京で遊ぶ
11日、夕方あいぷぅ(妹)が先に帰国
12~17日、中途半端なところや修理が必要なところ等、お父さん(内装が本職)に直してもらう。2階のおじさん一家と夕食したりおうち見学させてもらったり、あきこはんと夕食したりもした。

そして今日18日にお父さんとお母さんも夕方の便で帰国。
大丈夫と思ってたけど、やっぱりあきまへんでした…ウルウルしながら帰宅。
来月末には私も一時帰国して会える予定なのに、帰って両親が脱いでったスリッパ見て押さえてた涙が溢れたのだった。
完全復帰にはほんの少々時間が必要…。

a67a23f9.jpg
そんな今回の来中の一番大きな目的は家族のご対面。
旧正月に彼の実家にてパパとママ(彼の両親)とお父さんとお母さん(私の両親)&妹が顔を合わせたのであった。 国と言葉が違うことを除けば何の問題もナシ…そこが大きいんだけどっ汗 またまた頑張って通訳に徹したのでした。

おうちでママがうちの家族の前でこの指輪をくれた。→
ママのママのママから引き継がれているそうな。安いものだけど大切に保管して次に繋げてねと私が引き継いだ。
すごく重かった。
でも返すなんてことのないように頑張りますっ力こぶ

続いて入籍と結婚式に取り組みますパンダ

at 18:56|PermalinkComments(0)

2007年01月05日

新年快楽

f7f5787d.jpg

明けましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願い致しますっ!!


2007年の幕開けは「家族de桂林」でした笑顔
CCTV9チャンネルを見ながら、テレビがなすままに両親と妹と手を繋ぎ、「わぁ~っクラッカー」とやってみるも、こっちの元旦はおごそかに過ぎ去ってゆくのでした…。確か3年連続国外年越しのはず、来年はそろそろ「行く年来る年」が見たいな。
良きも悪きも桂林の噂は聞いたことがあったけど、わてらにとっては楽しい旅行でした。
予定は未定だけど、旅行記に載せるつもり…四川から溜まってますがねっ汗

at 01:27|PermalinkComments(2)

2006年05月23日

お見送り

bcbe7512.jpg
午前9時の便で帰国するあいぷぅ。
7時到着を目標に空港までお見送り。
一昨日のレオンはんお迎え、昨日のレオンはんお見送り、そして今日のあいぷぅお見送り…3日空港通いとなった飛行機 街が小さいし、車もさほど混まないから動きやすくて助かるわっ!!

←少々早く着いたので、座って休憩の図

私が日本に居る時はあいぷぅがスペインに、私が中国に来てからあいぷぅが帰国、ってことでここ2年間に会えた回数は3回。
スペインへ遊びに行って会った時と別れ際、北京での別れ際、ふたりして涙していたのだが、今回は涙を流さず元気に離れた。
また会える日を楽しみにしとりまぁ~すっ!! そして今度はどこかなっ!?


お見送りを終えて、学校に向かう車
そのタクの中で運転手さんが色々お話をしてくれた。そしてタクが必要な時、暇な時等連絡してってことで電話番号を交換。実家があるハルピンにも遊びに行ってみて!!とか話してくれてる内に到着学校 29元のタクシー代を払おうとしたが受け取ってくれず、道端で邪魔にもなるので結局そのまま下車。なんちゅうこっちゃ!?

8時に到着、30分もある…と思ってたら、り~ぴんう~がやってきた。はやっ!!
飲んだ翌日以外はこれくらいに来ているらしい。新しい発見であった。

at 23:40|PermalinkComments(0)

2006年05月22日

お見送り&エステ

3d3e97dd.jpg
テレビ塔からホテルへ荷物を取りに行き、空港へ飛行機
レオンはんをお見送りに行ったのであった。
時が過ぎるのは早い、早すぎる…。

黒いお背中がレオンはん。背中のリュックは全てカメラ。昨日タオルと着替えが入ってると思っていたあいぷぅを驚かせたのであった。

お見送りをして、勝利広場へ戻ってきた姉妹。
さて、お買い物。
あいぷぅが見たいということで行ったのに、結局私がお買い物してた!? あれれ!?

3087271c.jpg
そしてあまりお腹はすいていなかったのだが、時間も時間ってことで台湾牛肉スープのお店で夕食を済ませた。

夕食後エステ。
前から行ってみたかった超ご近所のお店である。
足ツボしよぉ~なんて言いながら行ったのだが、結局お背中のリラクゼーションと、お顔の基礎エステなんぞも足したりなんかして…結局2時間半くらい居たのであった。

帰宅したのは11時を過ぎていた。
スペインでお世話になったマルタさんから、あいぷぅが私宛のプレゼントを預かって北京に持って来てくれていた。そのお礼をしたく、あいぷぅにスペイン語訳してもらい、お手紙作成。
明日は時間がないので、明後日送りに行きます。ありがとう手紙

結局寝たのは3時半頃、明日は6時半に家を出る。
大丈夫かなぁ…

at 23:16|PermalinkComments(0)

テレビ塔と眺め

海洋公園から一旦二七広場まで戻り、水餃子のランチ。
雰囲気が中国っぽくて、外国人観光客には面白いかと思い選んだお店だったが、北京にもあるって…レオンはん、すんまへん汗

ad5a8009.jpg
ランチを終えて、テレビ塔へ。
ふもとまでタクで登り、そこからエレベーターで塔に上がる。

残念なことに景色は白白。
よく見えなかったのであった…残念。

塔の上の回転レストランでお茶休憩。40分で1周、2周回って帰路へ。
ちゃんと寝てるのだが、何故か皆眠そうな目でお話をしていたのだった。

7cf599b2.jpg
周りながら、「山があるのに飛べない大連が惜しい。あそこもここもテイクオフ出来そうだ」と何かしらパラの話題が出てくるレオンはん。
下りのエレベーターに乗った時「公園にランディング出来るやん♪」って嬉しそうに言ってたのだが、高度が下がるに連れて…「あぁ、もう届かない…」って(笑) ほんまやね、こりゃ木にかかるしかないか…。「でも木があると比較的安全やね」ってレオンはん、木にかかったことのある姉妹は力いっぱい頷いたのであったダッシュ

ちなみに景色のお写真は塔のふもとでタクを待ってる時に撮影。
塔はもうちょっと高く、展望台は海抜288mの高さにあるのだ。
それでも北京のエリアの山よりずっと低いけどね…。

at 23:14|PermalinkComments(0)

老虎灘海洋公園

da643e74.jpg
10時にレオンはんとこへ行って、そこから海辺へ。
タクで15分ほど走ったら、南側の海辺にも行けちゃう。ほんと動きやすい街でございます車

霧がかかってよく見えなぁ~い雲
まぁこれも風情があっていいけどね。

a9667aeb.jpg
急流滑りやバイキング、バンパーボート(バンパーカーのボート版)等ちょっとした乗り物があった。その為の件売り場であろう。でも中は物置化してて使われていないようだった。しかしチョウチンアンコーだよね…面白い魚

2d83ba4a.jpg
←レオンはんが表示を読んで教えてくれた。
昔天から黒いトラが降りてきて、人をたくさん殺した。その悪いトラと戦ったいいトラが、美しい人魚を救ったという像だそうで。
説明し終えてから、ボソッと「腕痛いやろな」って言ったのが面白かった。
「美女」と聞いて、「私を助けてくれてない! 間違ってる!」ってジョーダンを頭の中で作文してみたが、ふらふら歩きながら飲み込んだり~ほぇいであった。

da08ce2e.jpg
大連で初めて中国っぽい建造物を見たっ!!→
ちっぽけな東屋で、北京ではそこらじゅうにあって全くなんてことないのだが、大連では初めてで嬉しくて撮影。

c6d8304b.jpg
←ぽつんとあった岩。
入り口にある訳でもなく、知らずに帰る人もいっぱい居るだろうなぁ~ってところにあった。

この後あいぷぅと私はロープに滑車をつけた乗り物(?)にチャレンジ。海の上をシャーッと滑り降りていく。スカートまくりあげての搭乗、一体いくつになったんだか…。でもめっちゃ楽しかった音符
更に戻りは車と思ってたら、ボートに乗せてくれるではないかっ!? 若干水が汚くてはねて服が汚れるのが怖かったが、ダブル楽しいであった。

at 23:09|PermalinkComments(0)

2006年05月21日

なべ後カラオケ

中山広場から友好広場を通り、勝利広場まで歩いた。
少々疲れたので、一旦ホテルに戻り一服。
そして夕食に出かけた料理

cf8c767f.jpg
今日の夕食は私が北京から大連に来たその日、空港からホテルまで送ってくれる時に何さんが連れてってくれた鍋のお店。
王さんと何さんと何さんの奥さんと来た…あれからもう3ヶ月…大連の半分が過ぎてしまったのねぇ~!?って一人時の速さにショックを受ける。
しかしお料理の美味しさで忘れる。美味しかったわぁ~っ音符

27048623.jpg
お食事 後 カラオケマイク
うちからいっつも見えてたカラオケのお店に初めて行った。そしてビックリ、日本語の曲が7曲しかないっ。英語曲も非常に少ない。あいぷぅの歌える歌が…そんな中の1曲の図→

お得価格だったのか、4時間歌った。3人やけど、言語の関係でほぼ2人。12時を少し過ぎたところで、今にも寝てしまいそうなレオンはんと、不完全燃焼のあいぷぅと、ご近所開拓にるんるんのり~ほぇいで歩いて帰ったのであった。

at 23:57|PermalinkComments(0)

大和ホテル

b2dea80c.jpg
現「大連賓館」
元「大和ホテル」

いっつも前は通り過ぎていたのだが、初めてゆっくり見た。
←入り口でドレスを着たお姉さんの撮影をしていた。

2eb5e009.jpg
中も豪華、ロビーのシャンデリア→
その他窓や壁や飾り付け等、全てモダンな感じで素敵である。

興味津々、フロントで価格を聞いてみた。普通部屋(ツイン)で1泊500元ですってぇ~。☆は3つだったので、高いじゃんっ!! でもチャンスがあったら泊まってみたいかも…。

a24b9664.jpg
←こちらが外観である。
今の日本とは全然違う雰囲気の建物だ。昔はこんなんやったんか…オシャレやんっ!!


c7f2dfa0.jpg
大連賓館は中山広場にある。
中山広場からは10本の道がくもの巣状に出ている。初めて見た時は道が覚えられるか少々心配であった。

「中山広場の中心であい(ぷぅ)を呼ぶ…」→
北緯 38°49’14.0
東経121°33’17.0 ですって。

at 23:56|PermalinkComments(0)

裏道

0a16b758.jpg
ロシア街を出て、ふらふらっと歩いていた。

←するとこんな建物に出会った!!

3人とも引き込まれる。
補修されてキレイなロシア街もいいけど、この歴史を感じさせる雰囲気が更にいい。

97440347.jpg
そこから裏道に入って行った。→
本当にさっきまでの補修された雰囲気とは全く違ってボロボロ。

eec35812.jpg
←そんな通路で遊んでいた子供達。
葉で作った王冠をかぶって、ゴム飛びする女の子達。ゴム飛びのルールは日本とは違っていた。私が小学生の時にやってた「ノータイム」のようで、でも全然違う。時間があったら一緒に遊んでみたかったな…。

男の子は喧嘩していた。
びえぇ~って泣いてる子が居て、小さな子供に八つ当たり。その子も泣き出した。するとドンがやってきて、「小さい子供に手を出すな」って更に元々泣いてた子を蹴っ飛ばす。
ん~、素朴な雰囲気でありましたクローバー

2791998a.jpg
そんな素朴な裏道の建物の玄関→
中はどうなってるのだろうか? 今も人が住んでるのかな?

8abdbb0b.jpg
←こちらは売店。
コンビニの先祖様って感じ。

すっごいボロボロやったけど、めっちゃ素敵な建物である。
是非とも潰さずにリフォームして残して欲しいなぁ~って思った裏通りであった家

at 23:51|PermalinkComments(0)

ロシア街

47468c8c.jpg
以前入り口のアーケード前は何度か通過したことがあったのだが、足を踏み入れるのは初めてのロシア街。200~300mくらい(ごっついアバウト)の通りは歩行者天国になっておりました。

←入り口にある建物。

1e572be7.jpg
真ん中辺りにある建物→
営業してるのかは謎やったけど、銀行の看板があった。この屋根が非常に面白く、可愛い色合いだったので、高倍率の中採用決定。

fc8724a2.jpg
←こんな通り。
どの建物も可愛くて、それぞれ雰囲気が違って、なかなか素敵である。

雨が降りそうな空であったが、降らなくて感謝雲

e30cf9ad.jpg
お人形売り→
売り物はちょっと怖い雰囲気のお人形と、名前を忘れてしまったのだが"カポッ"と開けたら中からまた筒人形…っていうやつとかがほとんど。バラエティーに欠ける感じ。しかもレオンはん、「中国産やで」なんて言ってる(笑)

c2aa0727.jpg
←通りの中に船舶学校があった。
さすが海の街大連船

あと、ロシアの歌とダンスのステージもあるようです。見てないので何とも言えません。またいつか見てみようかな。

at 23:47|PermalinkComments(0)

お客様

北京からお客様が。
そのお客様は、五一でお世話になりまくったレオンはん。
レオンはん「10年くらい大連には行ってないなぁ~」
り~ほぇい「是非遊びに来てください」
レ「じゃぁあいぷぅが来る時に遊びに行くわ」(北京で会っている)
り「来週です」
レ「おぉ、じゃぁ海鮮料理をご馳走しに行く段取りしてみるわ」
ってことで…先週突然の来大、しかもご馳走してくれる(?)が確定。
レオンはんのフットワーク、スゴイっす!!

3c09e014.jpg
午前11時過ぎ、空港で久々の再会(と言ってもあいぷぅは4ヶ月ぶり、私は2週間ぶりだけどね)をし、ホテルに荷物を置いてから昼食へ。
ホテルは私のマンションの近く、そっから歩いてお昼ご飯のお店を探す。家の近くで外食することなかったから、私も全然分からない。そんな中、レオンはんが「ここ」って適当に決めて入った。

水槽の一角にこんなお姿が…げろげろっカエル

注文してくれるものはいつも美味しくて、何か特徴があるのだ。今回は東北料理と海鮮料理。うちの近所にこんな美味しいものがあったなんてぇ~っ!! また行こう。
あっ、今回カエルちゃんはなしね。

食後、私のお部屋でお茶することに。
突然二胡の発表会もすることに…。緊張しちゃって、「ぴ~っ」って音にならん音が出てしまった。最近出ないようになってたのにな…。お母さんが二胡奏者だとその時聞いた。そりゃそりゃお粗末様でしたダッシュ 頑張って練習するので、またチャンスがあれば懲りずに聞いてやってください…。

at 23:03|PermalinkComments(0)

2006年05月20日

病人

e52ca408.jpg
今日は「あいぷぅ初列車の旅・瀋陽」の予定であったが、朝起きたらあいぷぅがおかしい。食べすぎたのかなぁ~なんて言ってたのだが、熱がある。夕食が悪かったのか? でもずっと私と同じ物を食べてるが、私は全く平気。

とにかく列車の旅は取り止めとなったのであった。
私も一緒にうだぁ~っと過ごした。

夕方解熱剤を購入し、カルフールで夕食のお買い物をし、部屋でのんびりする。夕食はり~ほぇい料理となったのであった。
夜携帯メールで知ったのだが、玄さんも熱が出て胃が痛く食べれなかったらしい。犯人は…二人で居る時に飲んだタピオカ入りドリンクと判明ドクロ

明日はなんと北京からレオンはんが遊びに来てくれる。
あいぷぅ~、良くなってね力こぶ

at 23:38|PermalinkComments(4)

2006年05月19日

おなかいっぱい

a9803334.jpg
音楽会を終えて、夕食へ。
しかし9時に行けるお店を知らない。
激戦の中タクをつかまえて、帰る方向と簡単な中華料理が食べたいと伝えて、連れて行ってもらう。なかなかいいおじちゃんで、うちから徒歩10分くらいの、夜11時まで開いてるところへ連れてってくれた。

2品とスープを注文し、あいぷぅ~満腹の図→
私はほどほどであったが、あいぷぅはかなぁ~り食べていた。
庶民的な美味さであった。

お店の前が少し暗い道であったので、ひとまず明るい通りへ…と思ったら、バス停があったので、バスで帰宅家

at 23:34|PermalinkComments(0)

慈愛賛礼音楽会

90502c80.jpg
ab18e96d.jpg
二胡の先生が先日「音楽会があるので、暇があったら見に来て」とメールをくれていた手紙 そこへ行ってみることにした。

20分ほど送れてお琴の演奏から始まり(左お写真)、途中一瞬先生が登場したっ!!(右お写真)

4e7e89ad.jpg
4種の楽器による演奏があったり→
その他現代京劇紅灯記の歌をおばちゃんが歌ったり、子供が大勢揃ってお琴を弾いたり、お琴とピアノの演奏があったり…とバラエティー豊か。
現代京劇を歌ったおばちゃんは、マイクの音量デカすぎっ!! 申し訳ないが、耳をふさいでしまった。でもそれで丁度いいくらいの音量であった。目の前の中国人も耳をふさいでいた…。

747fa579.jpg
←こんな訳の分からん踊りもあった。
舞台の端に先生が立ち、リズムやフリを指示していたのだが…その存在がどうしても幼稚園のお遊戯会にしか見えない。音楽かけてるんやから、指示なんて必要ないだろうし、誰も見てない。変な存在であった。
ってかこの踊りもほんまにバラバラで揃ってないし、床に座って踊るシーンなんかスカートの中(タイツ)が丸見え。ズボンにするか座るのやめりゃいいのに…。

e429f285.jpg
そして最後の方に歌手が出てきた。
ん?確か「同一首歌」で見たことがあるような…。名前は知らないが、歌はとっても上手である。「三百六十五里路」と「故郷の雲」に加え「紅豆」を歌った。歌いながらバラを拾う姿も超ぉ~くっさいのだが、なんだか許せてしまう。
そんな中アクシデントが…1曲目では最後のいいところでライトが消えて姿が見えず、3曲目はマイクが突然入らなくなり…はちゃめちゃであった。
しかし歌手さんの対応がいい雰囲気で、高感度の高かった。今パンフレットで確認したところ、港台歌星文章って書いてあるから…文章さん?

その他色々ビックリしたことは、時間にルーズ、ライトワークめちゃくちゃ、マイクのボリュームもめちゃくちゃ、バックのスクリーンワークもめちゃくちゃ、歌手が歌ってる時に舞台袖からお遊戯会のお姉さん達が乗り出して花の陰から見ているのが丸見え…おおらかなステージであった。
日本のガチガチ頭と中国の適当を足して2で割ったら、ちょうど臨機応変な柔軟さが生まれるのではなかろうか…という感想であった。

最後の最後まで驚かされる。
終了と共にお客さんが席を立ち始める。しかし舞台では参加者が手を振っている。なんと…ほとんど居なくなるまで舞台に居た。お見送りつきであった。
色々違うね…。
だけどめっちゃ面白かった笑い

at 22:28|PermalinkComments(0)

優雅な平日

午前中は授業に行く…つもりあであったが、結局おサボりあかんべー
そして優雅に中国式マッサージに行った。
お店まで初めてバイクタクに乗って行った。ノーヘル3人乗り、いい気候で爽やかっ音符 そしてタクより安い。こりゃいけてますっ!!

中国式全身マッサージと、耳煙突と頭マッサージをしてリラ~ックスハイビスカス
中国で足ツボ受けては胃が弱いと言われ、マッサージ受けては腰が弱いと言われ…しばらく前までは全然気付かなかったのだが、気付いてみるとそこから不調が発生しているような…。

マッサージの後お昼ごはんは大学の近くで中華料理 そして一旦帰宅してから、路面電車でお茶屋さんへ。お茶をいただきながらお土産を購入。そしてお隣のお店で水晶もげっちゅ。

またもや予想以上に時間が過ぎ去り、玄さんとの約束にまたもや少々遅刻してしまったのであった…申し訳ない。
午後私が用事があったので、その間面倒を見てくれたのだ。方向音痴なふたりだが、あいぷぅひとりより私も大安心であった。

at 21:52|PermalinkComments(0)

2006年05月18日

あいぷぅ

朝から授業、でもなんだか落ち着かない。
今日はあいぷぅ~が遊びに来てくれる日。授業を終えたら選択科目の文法はほったらかして空港へ直行する予定なのだ。

ルンルンで授業を終え、すっとんで空港へ飛行機
迎えに行くって言ってるのにタクで出発の2階に行かれ、慌てて到着の1階へ行き覗いていたら何やらおかしい。ん?国内線?ちゃうがな…慌てて聞いて国際線へ行く。大阪からの飛行機は予定より10分ほど早く到着していたらしい。中をせっせと覗いてたら、後ろからあいぷぅ~がやってきて見つけてくれたのだった。しかし私は中国人っぽく紛れていて、だいぶ確認したらしい…。

とにかく無事会えて、ひとまず荷物を置きに部屋へ。
お部屋を見た感想はキレイ、住みやすそう、景色がいい、何でもある、羨ましくて私が住みたい感じ…だってぇ~♪
だけど狭いトイレシャワーは初めて見たそうな、ってか私もそうやった。
大連の感想は建物とかキレイ、だけど道行く人は中国人だから中国を感じさせる…そうな。

荷物を置いて、私のオーダーメイド服の仮縫いチェックへ行き、そこからネイルアートへ行った。30分ほどで終わる計算だったのだが、1時間以上もかかってしまい…夕食の約束に遅刻してしまった。ごめんなさぁ~いっ!!
53b62813.jpg
ふたりでは品数も少ないし、夕食は賑やかな方が楽しい音符 まだ海鮮をきちんと食べていないというクラスメイト&お世話になってる玄さんをお誘いしての楽しい夕食であった。
ちなみにお店は以前王さんが連れてってくれたお店、またもや生牡蠣をいただいた。若干恐怖はあるものの、美味しかったぁ~クラッカー

そしてもういっちょあいぷぅの感想、北京でも大連でも素敵な人に出会ってるねラブ 嬉しい感想でありました。

at 23:05|PermalinkComments(0)

2005年11月09日

湖廣会館

00b09bf1.jpg
お食事の後、ホテルのフロントでチケット押さえてもらった京劇を見に行った。歩き方には100元足らずからの金額を書いてあったので、280元という価格を聞いた時は目と鼻の穴を開いてオウム返ししてしまって恥ずかしかったが、実際行ってみるとかなりいけてた~っウインク
お母さんが京劇を見たいと言うまで私は両方は無理なので雑技を見に行くつもりでいた。「京劇は訳分からんし、興味がない人にはおもんない」って聞いていて、さらに高いと思ってたから今まで私も見たことがなかった。(今回も結構なお値段だが…) しかしやはり「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、ほんと見てみないと分からないねぇ~カエル
ひとり30元で日本語のヘッドフォンを借りた。私も…。それで流れは分かるし、何よりアクションや表情がかなり面白いOK

ed7e8e2b.jpg
fdd29e60.jpg
本日の演目のひとつ目は「秋江」、船頭と若い娘さんのやりとり。舞台の上には二人だけ、他には何もないのだが、ふたりの動きであたかも水面に浮かぶ船の上に居るような雰囲気を作り出す。そして女性が美しいキラキラ ダンスや日本舞踊をやっていたお母さんは手先までキレイだと感動していた。
ヘッドフォンの説明によると、昔女性の役も男の人がやっていて、女性が演じるようになった今も裏声で演じるようになったと言っていた。だからあんな声なんやなぁ~音量

1d8d5743.jpg
0a4d0510.jpg

10分の休憩を挟んでふたつ目の「十八羅漢斗悟空」が始まった。これは入り口のお姉さんの言ってた通りかなり面白い音符 これまたヘッドフォンの説明によると、悟空と言うと日本では三蔵法師にくっついていいイメージだけど、京劇では以前のやんちゃだった時の話題が多いそうだ。神様が悟空を抑える為に使いを出した18人をかわすといった内容だった。悟空の顔の動きとアクションが凄くて、見入ってしまったキラキラ いけてるよ、京劇びっくり

at 21:32|PermalinkComments(0)

ステーキ

fd667ebe.jpg
両親今回北京で最後の夕食は、またもやホテルにてキラキラ 時間があまりなかったので、ホテルで済ませるのがラクチンだった。
本日はステーキなぁ~りぁ~料理 ひょっひょっひょっ笑い
サイドのワインも焼きたて外はカリッと中はしっとりパンも最高、スープも美味しかった。メインのお肉ももちろんおいすぃ~っラブ ちなみにお父さんと私は五部烤(ミディアム)、お母さんは十部烤(ウェルダン)だった。こういう高級なお言葉は普段耳にしなくってよっびっくり

またもやここで残ったパンをお持ち帰り…

at 20:20|PermalinkComments(0)

頤和園続き

14e06418.jpg
はぁ~ダッシュ ここも修理中。あらゆるところが修理中。とことん一気に修理中…。

5fe9a890.jpg
私がとりあえず見てみたかった長廊下。以前行ったことはあったのだが、記憶になかった。今回はバッチリ確かめられました。しかしここも途中工事中だった…もういやっ宇宙人

4739aefd.jpg
東門で見た世界遺産マーク。
ここへ来て観光ガイドもバッチリお断りして、のんびりご飯を食べて、ちょっと散歩して帰ってきただけぇ~ブタ

at 20:16|PermalinkComments(0)

頤和園

5951743d.jpg
そしてまたもや学校まで来てもらう。がしかし王府井でのんびりしすぎたと大幅遅刻。ランチをしてから行くつもりだったが、時間がもったいないので私ひとりでお気に入りの韓国料理屋さんの海苔巻きをテイクアウトする。そしてやっとこさ頤和園へ向かう。

ここにもオリンピックグッズ売り場があった。ご近所とは違う品物もあったが、ご近所にあるものがなかったりした。


22450a06.jpg
なかなか素敵な風景ですわねぇ~って言いながら、空腹の私はさっさとこの景色の中で海苔巻きを広げる。


25935342.jpg
こちらが海苔巻き。2皿分をテイクアウト、そこそこ常連さんになりつつあるので、白菜のキムチをサービスで付けてくれていた。美味しかった。でも丁度旬の話題、中国と韓国間の白菜キムチに虫事件が気になったが…。
海苔巻きを広げていると、中国人さんに「それどこで買ったの?」って聞かれて、場所を説明したところでマイナーなところだし買いに行ける距離ではないので「遠くで買ってきた」となんとも曖昧な返事をしてしまった。でもそれって美味しそうってことよね!? ちょっと得意気になったり~ほぇいだったまる

at 20:12|PermalinkComments(0)

朝の太極拳

a92964c1.jpg
朝の公園で太極拳が見たいというお母さん、しかしホテルの近くには公園がない。しかもちょっとマイナー所が一番近い…ってことで前夜そのまま私もホテルでお泊りZZZ 早く起きてタク拾って、まず両親を公園へ送る。そしてホテルの地図カードを持ってることを確認してから、私は学校へ戻り授業に出た。眠かった。

後から写真を見せてもらったのだが、ご希望の太極拳が見れて良かった笑顔

1933002b.jpg
公園にも流行があるらしい。行くたびに色んな団体が増えている。こちらはオーソドックスに扇子を持って体操している。剣を振り回して武道やってる人や、音楽鳴らして踊っている人はよく見かける。
今回は昼間に楽器に合わせて歌ってるか、カラオケしてる人の横でラケットにボールを乗せて振り回して踊るおばちゃん、皿回しのように指の上で布を回して踊るおばちゃんがよく目に付いた。最先端なのだろうか???

a1a8b6c2.jpg
そしてこちらはどこの公園でも見かける運動グッズ。足の運動、腕の運動、腹筋台…色々ある。時々壊れてるのもあるので、お気をつけて音量
この中にお母さんの姿も映っている。さぁ、あいぷ~(妹)、分かるかな!? きっと分かるはず!!

at 05:22|PermalinkComments(0)

2005年11月08日

学校案内

177df055.jpg
今日は学校&環境見学の日としていた。
お昼は少し遅れたので戦場は見られなかったが、とりあえずお食事をした。前夜も当日の朝も美味しい物だったから、お父さんの口には合わなかったようだ。「食べられるけど美味しくない」そんな感じ。お母さんはひとり「まぁまぁだ」と食べていた。値段相応かなぁ~って感じなのよね。

93d40cca.jpg
その後スーパーとかを見に自転車でお出かけ。そしてあいぷ~と少しネットでお電話してから、お父さんは按摩、お母さんと私は廊下を挟んだ向かいの美容院へ。お母さんは顔のエステ、私は背中のマッサージ&暖かい石を並べてなんかするやつをやってみた。いい気持ち~。そして3人揃って耳掃除の煙突をした。テレビで見たことはあったのだが、実際目にするのは初めて初心者 最後に出たもので健康チェックまでしてくれた。耳がキレイになったらちょっとはヒヤリング力UPするかな…!?

夜はじゃ~ずと4人でしゃぶしゃぶ~、って言ってもしゃぶしゃぶではお腹が心配汗お鍋料理を食べに行きましたぁ~料理

at 13:42|PermalinkComments(0)

故宮

5f845943.jpg
3c173db0.jpg
私が授業の間、両親は故宮観光へ。
同じ学校の日本人留学生さんが、故宮へ行った時に良かったというガイドさんを教えてもらい、ホテルまで両親を迎えに行ってもらえるようにお願いしておいたのだ。
ガイドさんと故宮を2時間ちょいかけて観光した後、地図を書いて渡し、ホテルからタクで学校まで来てもらった。

at 09:28|PermalinkComments(0)

2005年11月07日

ディナー

58b67c35.jpg
ついにグランドハイアットの広東料理のレストランでディナー料理 なんか訳分からんまま、説明やアドバイスを色々聞いて、なんとか無事美味しくいただけました。ちょいと量が多めだったけど、余った分はここでもお持ち帰り包装してもらって部屋へ持ち帰る。

つい最近まで、中国では庶民料理の方が美味しくて、高級レストランは高いだけだと思っていた。しかしやっと違いが分かるようになってきた。高級らしく、品の良い美味しさがあるんだなぁ~ドキドキ小なんてちょっと分かったフリしてみたりして…。

at 22:41|PermalinkComments(0)

電視塔

授業を終えてホテルにかけつける。そしてまずはお昼ご飯を食べてから、秀水市場でお買い物。値切り疲れてお買い物終了カバン

625c6c2b.jpg
少し時間が早かったので、さ~かいれんが教えてくれたところへ行ってみる。テレビ塔。ここから北京が見渡せるけど、空気がいい日に行かないとダメだよって教えてくれていた。今日なら条件もOKOK

塔を登るエレベーターの中で「高さ○○メートル」とかってお姉さんが説明していて、最後に「今日は風が強いので帽子等ご注意ください」って言うからビックリ。外かいっ!? 出てみるとほんとにお外。東京タワーも通天閣もガラスだよねぇ。さすがダイナミックだクラッカー

30d7b7a1.jpg
地べたを這いずり回ってるとめっちゃ大きく感じる北京市内もこっからみるとちっこく見えた。ひとつ下の階はガラス張り、足元の方まで見れる。
オープンスペースの展望台が238m、ガラス張りの展望台が225m。先端はもっともっと高く、北京一高いって説明してはったけど…数字は忘れたぁ~っ☆

3b7e9e29.jpg
ちょうど夕日が見れた。
毎日1日が早いなぁ。あっという間に過ぎてしまう。

2386104b.jpg
降りてきたところに、キャスターなりきりゾーンがあって、ちゃっかりお写真を撮った。するとそれを見ていたおっちゃんが「もうちょっと前のめりにしないと不自然だ」とポーズの指導をしてくれはった。

3e1ac2d8.jpg
テレビ塔の外観。教室からも見えている。でも空気が悪い日は見えない。けっこう見えないことも多い。

さ~かいれん、謝謝笑顔

at 14:56|PermalinkComments(0)

2005年11月06日

老舎茶館

99854d0b.jpg
あきこはんのオススメ、「老舎茶館」へ行った。
朝一で当日の夜の券を買っておいた。100元のお席、真ん中くらいだった。
お茶とお菓子が付いていて、ショーが始まるまではこんなお兄さんがテーブルを回ってお湯を足してくれるのだった。何もそんなに振り回さなくても…、そんなカッコで入れてくれなくても…という感じだが、これがなかなか面白い笑顔
ここは色んなものをさわりで見れて、しかもお安い。サラッと色々見たい人が居るならば、少し早めに行ってお茶入れからみるのがオススメだ音符


1dcc485a.jpg
←ショーはまず音楽から始まった。いかにも中国、という雰囲気で素敵だった。

9ca9fde9.jpg
→京劇もサラリと見れる。京劇は私も見たことがなかったのだが、あまりにもコントっぽくて、本物なのかどうか…怪しいと思った。外国人観光客が多いところということで、台詞の少ないものを選んでいるのかも知れない。

ba3476b2.jpg
←舞踊も見られる。
おねぇさん達の美しいことっキラキラ

931ac4fd.jpg
→漫才も見られる。
こちらもアクションと雰囲気でもなんか面白い。全ての演目の最初に大まかな説明の字幕が出ていた。しかしこの会話だけは少~し聞き取れる部分があって面白かった笑顔

その他顔変化や手品、雑技がサラッと見られる。時間がないけど色々見たい、そういう方にはオススメの会場であった。

at 22:50|PermalinkComments(0)

景山公園

9d872504.jpg
天壇公園でタクに乗ろうとしたら出口に溜まってた人がいっぱい声かけてきた。ちょっと喋ってて、やっと白タクだと分かった。ここへ行かないかって言ってて、私が景山公園へ行きたいって言ってるのに「中国人はあの公園は好きじゃない」とか言う。もうっ!!あんたが嫌いでも私が行きたいんだ!!って。「結局行ってくれるのか?」って聞いたら横から別の人が80元で行くと…話しにならんので道で頑張って流しを拾った。結局17元で到着。はぁ~。

a5578a2b.jpg
行ってみると…なっなんと工事中じゃないかっ!? 故宮は見れるって確認して入って登った。確かに見える。ちょこっと見える。(左お写真) しかしここは全景が見渡せるから私は好きなんだっびっくり…とほほほほ。工事中でどうしようもなかった公園の東屋を見上げる。(右お写真) 一応工事の完了時期を聞いてみたら、来年の7月だと答えられた。どうしようもない宇宙人

at 13:47|PermalinkComments(0)

天壇公園

af806adc.jpg
お昼ごはんを食べてから天壇公園へ。
ここの円形の建物が好きなのだが…修理中だった注意あいや~っ落ち込みということで、その他を見てまわる。イチョウの黄色と青空がきれいな一日だクローバー

c86f9880.jpg
→中国人さんはお写真が大好きだと思う。ポーズにも気合が入っている。きれいなところだなぁって思うと、必ず写真を撮ってる人が居る。ここでも居た。女優ばりに色々ポーズをとり、あっちから撮ってくれとかこうしてとか、注文をつけながら撮ってはる。ちょっと私も真似をしてポーズをとってみた。どうかしら???

f80bfdf8.jpg
c8de5897.jpg

こちらは世界のへそ。「世界の中心で写真を撮る」の図。右側の写真のおじちゃん、わざわざパーカーを脱いでのお写真。
ここは音の響きが面白いのだが人が多すぎてなんとも…はぁ~。

at 13:47|PermalinkComments(0)

瑠璃廠

d70cc5d7.jpg
9903b9bc.jpg
前門辺りでのちゃりたくの一般的な終点は瑠璃廠らしい。ここは絵や書道等のお店がい~っぱい並ぶところ。しかもちゃりたくのお兄さんの説明によると、700~800年の歴史がある建物だそうな。雰囲気はいいよぉ~笑顔

bdf5fe59.jpg
→とあるお店で体験のようなものをやっていた。かわいい女の子がせっせと描いていた。時間があるときにまた行ってみてもいいなぁ~なんて思いつつ、今回は簡単なお習字セットを購入メモ 時間をめっけて久々に筆でも握ってみるかっ!?っていう感じ。時間はあるのか!?

小学生の時に習っていた習字の先生が、時々中国へ行くと言っていた。理由がよく分かった。品揃えがめ~っちゃ豊富やし安いっ!
話がちょっとそれるが、「あぁ、昔はこういう筆をおみやげにもらってたなぁ~まる 夏休み中は練習した帰りに50円くれてアイスクリーム買って帰ってたなぁドキドキ小」なんて、ちょっと思い出に浸ってしまった。50円のアイスクリーム…ちょっと歳を感じる一言汗

5499f15d.jpg
お父さんとお母さんがおみやげに絵が欲しいということで、適当にお店に入ってみた。

4a12574a.jpg
このお店のあ~い~(おばさん)、自分でも描いてはるそうだ。お写真はもともとあった絵に、縁起のいい文字を足してもらっているところ。その場で希望を聞いて書いてくれる。かっちょいぃ~っOK



at 13:44|PermalinkComments(0)
livedoor 天気