旅行

2013年04月13日

カサブランカ~観光Ⅲ

3日目はドライバーさんの提案で「ハッブース街」へ。
bハッブース店並みモロッコの古い建築様式とフランス式近代建築の調和がとれた町並み…だそうです。
建物の感じはとっても素敵で、お買い物もメディナより子連れには歩きやすく(ベビーカーも大丈夫)て良かった!

bハッブース電車最初少しお散歩してたら、橋があった。
ちょうど電車が通りかかったところで一枚→

bハッブースはずれ←その橋を渡ったら、一気に生活感溢れる雰囲気に。
ちょこっと写真を撮って引き返した。





bハッブースモスクモスクがあちこちにある→
アルジェだとモスクの塔は2つのイメージなんやけどなぁ。
ちょっと雰囲気が違うかな?




お店の雰囲気はこんな感じ↓
bハッブース店2bハッブース店

bハッブース店3値段を聞いてもまず商品の事を語り出す。
やっと聞き出しても高かったりして、他も見てみようと離れようとすると、「いくらがいい?」みたいなやり取りになって…
なんか中国に初めて行った時みたいな感じ。
片言で値段交渉。
懐かしいけどメンドクサイな…。

アルジェリアはやる気あんのか?っていう感じの店員。
本当に物が欲しい時は困るけど、ウインドウショッピングはしやすいかな。

bハッブースカスパちょっと脇道を覗いたら、素敵な雰囲気!
だけど曲がりくねったり、行き止まりやったり、なんか迷いそうやったし入らなかったのだった。

カサブランカもアルジェも、街並みは写真写りが良い。
実際見てると壁がはげてたり、壊れてたり、ゴミがあったりする。

bハッブース建築ハッブース街付近の大通りを散歩。
←現代建築とイスラムの雰囲気が融合した感じの建物。
オシャレな雰囲気。

bハッブースはずれの道ふたりとも疲れてきたか、機嫌が悪くなると「まま~」ってなる。
そうなるとたっくんをベビーカーに座らせ、ななちゃんをおんぶ。
ベビーカーも私が押さないと怒り出すので、こうなる→

あ~、疲れた。

prettydog_alf at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月12日

カサブランカ~夕食(和食)

スペイン料理屋さんへ生ハム食べに連れて行ってくれる予定だったけど、夜は子連れお断りっちゅうことで予定変更。
ホテル内の日本料理屋さん「桜」へ。

b桜はし入ってビックリ、箸袋はお店の名前なのだが、中身はほっともっとの印刷が入ったビニール袋入り割り箸。
なぜほっともっと?

刺身、お寿司、鉄板焼き等。
うどんがなかったのが残念。

b桜さけ冷酒を頼んだら、とっくりがワインボトルのように氷水に入って出てきた☆笑
その横には突き出しの白身魚の天ぷら…のような物が。
3種のソースがついていたのだが、チリソースみたいなんも有り。

ちなみにスタッフに日本人はいないそうだ。
だろうね…。

b桜すし←お寿司の盛り合わせ。
いくら、シャケ、エビ…なかなか美味しいものもあれば、「何ですか、これは??」というものもあり。
ケンは大根ではなく人参で、子供たちが喜んで食べてくれて良かった。
わさびは結構効いた!
中国で見る超黄緑のやつよりずっと良かった。

ちょびちょび食べてたら、現地スタッフがやってきて、ななちゃんに「What your name?」って聞いてきた。
2~3回目にたっくんが「Nana」って答えてビックリ☆
帰宅後一緒にNHKの「英語であそぼ」を見てて、たっくんの好きなエリックさんが子供たちのところへ行って遊ぶシーンを見て「あぁっ、これや!」って分かった。
エリックさんがひとりずつ名前を聞いていた。
たっくん、やるなぁ~。
b桜鉄板焼き
で、その名前を聞いたお兄さんが焼きそばを焼いてくれた。
モロッコ人に焼きそばを焼いてもらう中国人と日本人の図(笑)→
鶏肉と野菜と麺をそれぞれ分けて焼き、鶏肉は塩とレモンで味付け。
麺に水をかけてほぐす辺りとかはいい感じやねんけど、ある程度火が通って材料をひとつに混ぜた後の最後の味付けは…なんとっ、バターとケチャップやった。
ズッコケそうやった。
せめてソースを入れて欲しかったなぁ。
焼きそばと思って食べなければ、まぁまぁなんかも知れん。
だけど焼きそば注文してこれじゃぁ、ちょっとガッカリ。
でもカッコいいお兄さんでした。

ホテル内だから移動も楽ちん。
お部屋に戻って、はい、おやすみなさい☆



prettydog_alf at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カサブランカ~観光Ⅱ

ランチの後はたっくんのリクエストで海へ。
b海はた海沿いのレストランにはこんな国旗がっ!
日本人客が多いんやねぇ~。
でも閑散期なのか、それともテロの影響か、私は日本人に片手で足りるくらいしか遭遇しなかったけど。

お久しぶりな物発見!
b海マクドマクドやぁ~っ!!(アルジェリアにはない。)→
しかもアラビア語で書いてるっ!
ドライブスルーもあった。

マクドの遊具で喜んで遊んでるたっくんとななちゃんにハッピーセット(ハッピーミールと書いてあった)を買ってみた。
カウンターもドライブスルーも大忙しって感じやった。
ナゲット(かバーガー)、ポテト(と何か選択肢があったはず…)、ジュースで28DH。
さらにプラス果物のコンポート(と何か選択肢があったはず…)で31DA。
b海マクドおまけボックスに入れてくれて、おもちゃがついていた。

←ふたりともこのおもちゃ。
青いカゴはポテトを入れられるようになっていて、取り外しも出来る。
ランチの後やし1セットにしようかと思ったけど、やっぱり2セットにしといて良かったぁ~!
このおもちゃがこの後パパとママを何度か救ったのだった☆笑

さすが世界的な企業。
b海マクド国際トレイにひいてあった紙には、エジプト産じゃがいも使用と書かれていた(らしい、パパ訳)。
おもちゃのリストの紙とおもちゃは中国産、ハッピーセットの箱はイタリア産、ケチャップはイギリス産、マスタードはフランス産、ナゲットの箱はモロッコ産…
なんて国際的!!
凄すぎます。


b海サッカー砂浜の方へ行ってみた。
なんとまぁ、砂浜はサッカー場だった。
90%くらいの人がサッカーしてた。
円陣組んでやってるみたいなんやけど、め~っちゃ歩きにくいっ!
しかも当たらなかったから良かったものの、一度ななちゃんにボールが当たりそうになってビックリした。
うかうか歩いていられない。

b海たっくんでも子供たちは大喜びで遊び出した。
特にたっくんは走りまくり→

私は人生初の大西洋!
まぁイメージとは違ったけど、行けて嬉しかった。
波が大きくて、足をつけて遊ぶという気にもなれなかった。
それにしてもここにヨーロッパからも観光客が来るというのは本当なのかっ!?

b海うまのんびりしてたら馬やロバをひいた人(子供)たちが寄ってきた。
10DHだと言う。
たっくんに聞いてみたら、初めて「乗りたい」と言った。
そしてたっくんが乗ったらななちゃんも…ということで、
←初めて乗れましたっ!!
顔はマジやけど、かなり楽しかったようで、「また乗りたい!」そうな。

b海の後寝た海を後にして、車でホテルへ。
昨夜も遅かったし、子供たちは車内から爆睡☆
本当は起きてからお散歩と思ってたけど、この後パパが知人のお宅へ行くことになり、迎えが来るまで私ひとりで散歩に出させてもらった。

bメディナ←メディナと時計塔。
壁を修復中だった。

bメディナの中壁の中はスーク(市場)→
狭いくねくね道に小さなお店や露店がいっぱい。
ただこういう雰囲気もアルジェに似てて、違いがよく分からなかった…

何も買わずにホテルに戻って、パパとバトンタッチ。
パパの戻りを待って、夕食に出掛けた。

prettydog_alf at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カサブランカ旅行~ランチ

ランチはガイドブックにも載っていた「リックスカフェ」へ。
bリックカフェアメリカ人オーナーだそうな。
お店の雰囲気はとっても素敵!
入ってすぐ数枚写真を撮った。
そしたら「先に座ってよ」みたいな女性店員が…最悪。
ランプにビーズがチラチラしたのがついていて、子供たちが手を伸ばしたら「触らないで」って怒るし、ちょろちょろ動いたらウザそうな顔丸出しで、時々「座って」と席を指差してた。

bリックパスタお料理はなかなか、サラダを食べた後に、メインのお肉ときのこのパスタを食べた。
美味しかったのだが…

食後にお手洗いに行っておこうと子供を連れて席を立ったら、入り口の方から犬の鳴き声が聞こえた。
興味津々で「犬?」って見に行こうとしたら、例の女性店員が正に目の前に立ちはだかって、「トイレはあっち」と指差した。
ちょ~~~感じ悪っ!!

夜に行くつもりだったスペイン料理のお店は、夜は子連れお断りで行けなかった。
ここもそうなのかな?
なんかイメージ悪い一面やった。

マジで追い出されるように店を後にし…
bリック後木登り車を待つ間、すぐ近くにあった公園を散歩した。
登りやすそうだったので、私が張り切って木登り♪
すると子供たちも~って事で、記念撮影。

車に乗ってから、たっくんが「木登り楽しかったねぇ~」って言った。
やっぱり結局子供はどこでもいいんよねぇ~。
自分たちが楽しく遊べたら、そこが一番か。

prettydog_alf at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カサブランカ旅行~観光

朝食をホテルのバイキングで済ませ、車を予約していた9時にロビーへ。
幼稚園へ行くようになってから、結構朝の時間はいつも7時台起きって感じ。
週末の朝は「もうちょっと寝かしてくれぇぃ~っ!」って感じやけど、観光の時は「いい感じ!」

さておき、最初はやはり巨大モスクっしょ…
ってことで、ハッサン2世モスクへ。
bモスク広いモロッコ最大、世界で5番目に大きいらしい。
もっと大きいモスクが4つもあるのかっ!?
大西洋に面した9ヘクタールの敷地に、モスク内が2ヘクタールやって。
全敷地には8万人、内部には2万5千人収容可能。
ミナレットの高さは200mで、世界最高を誇る…そうな。
緑色が印象的。

bモスク噴水噴水もタイルの演出が素敵→
噴水の後ろの建物は、Museeって書いてあったから、ここに関する展示でもしてあるのかな?(見なかった…)

bモスク←綺麗です。

どこへ行っても子供は同じ…
後ろにどんな建物があるかなんて見てないご様子。
噴水横にいたハトを追いかけてはしゃいでいた。
きっと「巨大モスク見たところ」って言っても???で、「ハトがいっぱいおったところ」って言ったら思い出してくれるのかも。

左はななちゃん。
随分早く安定して走れるようになってきた(以前は走っても歩いても同じ速度やったもんね)けど、まだまだハトは余裕☆笑
右はたっくん。
さすがにハトも飛んで逃げてる。
bモスクななbモスクたっくん

見学後、ランチにはまだ早いっちゅうことで、お土産屋さんに連れて行ってもらった。
陶器、革製品(クッションや鞄や小物)、スリッパ、アラブ&ベルベルの絨毯…色々見せてくれるのだが、どうもアルジェのお店で見る物との違いが私にはどうも分からない。
恐らくアルジェで見ている物はモロッコから輸入されている物も少なくないはず?
ただ違うのは、お店の人の気合い。
売る気がひしひしと伝わってきた。
少しお買い物をして、ランチへ…

prettydog_alf at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月11日

カサブランカ旅行~出発

出発前日=たっくんの誕生日。
…飲み過ぎたっ
途中から記憶が飛び飛びだった。

朝7時半頃起きた時、完全に二日酔い。
水を飲んでも、数分後には吐いちゃうくらい。
家を出るのは11時過ぎなのに、昨夜の宴の飲み食べ散らかしがそのまま、数日前に準備してあった2つのスーツケースはまだ両方空っぽ。
一瞬「旅行はキャンセルか!?」という言葉が頭をよぎった。
それは嫌だ。
でも体が動かせない。
子供たちは元気だ。
ひえぇ~~~~~っ!!

幸いパパがほんのちょっと仕事に行った以外、手伝ってくれた。
さらにお掃除の人が来る日だった。
子供の相手をパパにしてもらい、片付けはお掃除の人にしてもらい、とにかく9時半までは横になった。
さすがに荷物の準備を始めなきゃヤバい!
フラフラと荷詰めを始め、なんとか出発寸前には完了。
お部屋もちょうどお掃除が終了。
助かったぁ~~~!!
この時ほどお掃除の人がいることに感謝したことはなかった。

出発前には、シェフが作ってくれていたお粥をほんの少しやったけどなんとか食べられるようにまで回復。
車にも酔わずに空港まで行けた。
体は重いが、ぐずるななちゃんの抱っこも出来たし、なんとかなった!
そんな旅行の始まりだった。

アルジェリアからはアルジェ→カサブランカの1路線らしい。
航空会社は royal air maroc。
聞こえは非常にいいが、機体はかなりボロッとした感じやった。
行きは1時間50分、帰りは1時間半のフライトタイム。
機内食というか軽食が一応出たのだが、なんとも美味しいとは言えないサンドイッチ(ツナとチーズ)だった。
b空港上空機内食とTVが楽しみなたっくんが満足してくれるかが私には大問題なのだが、叩き起こされた(寝たままでは降りる時に食べてないと騒がれては困る)割には大人しく食べ、残した(やっぱ美味しくないよね)けど一応食べたという事になったようで事なきをえた…ほっ。
TVはイヤホンがなくて音は聞けないのだが、一応番組は選べたので、動物物を流してOK。

←空港の周りは長閑な風景が広がっていた。b空港飛行機
影が見えて嬉しい私、窓際に座っていたたっくんを押しのけて撮った。

空港内を走行中に撮ったモロッコ航空の機体のお写真。→

入国手続きは比較的スムーズだったのだが、一番最後に飛行機を降りた私たちが荷物受取りのところへ着いた時にもまだ荷物は流れておらず、それからもかなり待った。

b空港国旗出発が1時間近く遅れ(搭乗時刻に乗客が降りてたもんね…そう思うと1時間は早い)で、荷物でも待ちに待って、やっとこさ空港の外へっ!
モロッコの国旗は赤地に緑の☆、首都はラバトっていうのも、今回知った無知な私。

予約してあった車が迎えに来てくれてて、ホテルへ。
空港付近は本当に長閑で、あっちこっちで馬や牛や羊の放牧を見かけた。

市内でbホテル混んでいたので1時間近くかかり、ホテルに着いた時には外出する気分ではなかった。
そのままお部屋で休憩。
二日酔いはビックリするほど良くなっていて助かった。

夕食まで少し時間があった(7時を過ぎないと開かない)ので、無料で利用出来るというラウンジへ。
入ったらいきなり日本語で声を掛けられてビックリ仰天!
なんと帰国を目前にしている日本人アルジェ駐在員さんが出張で来ているということだった。
こんなところで知り合いに会えるとはっ!!
家もなんとか歩ける距離なので奥さんとはアルジェで今月も数回会えたのだが、ご主人には会える予定がなかったので、挨拶が出来て嬉しかった。

お仕事の邪魔はいけないし、お腹が空いていたので、ちょびっとお話して私たちはレストランへ移動。
bモロッコ料理ホテル内のモロッコ料理のお店へ。

9種のサラダとスープとクスクスを注文。
アルジェでもそうだけど、今のところ一人分+一品くらいの量で我が家の4人は足りる。

出てきだすと揃うまでは速かったのだが、席に着いてから最初にパンが出て来るまでにどれだけ待ったか!
時計は見てなかったので正確には分からないけど、1時間近かったのではなかろうか?
現に私たちの次に入ったお客さんは、お料理が出て来る前に怒っていなくなっちゃったらしい。

待ったかいありというか、お料理はどれも美味しかった。
現地の楽器Oud(ウード)というのの生演奏もあって、雰囲気も良かった。
ただ、アルジェリアのクスクスより洗練されているという風に聞いていたが、私には違いが分からなかった…。

ちなみにアルジェリアとは時差1時間。
部屋に戻ったのは9時半頃、それからシャワーしたりしてたら11時近くにやっと眠れた。
アルジェ時間だと0時前…
4人ともスゴイ寝つきの良さで就寝…zzZZ


bお金ちなみに…
モロッコの通貨はDH(ディルハム)
1DH=9.8円(2010年12月22日現在)…友達に借りた地球の歩き方より。
とりあえず手元にあるお金を撮ってみた。

prettydog_alf at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月13日

続・おフランス

つづき…

6日目はパリからリヨンまでの移動日。
ネットでうまく買えなかったらしく、当日チケット売り場に並んだ。
お目当ての列車は普通席は完売、グリーン車に残り3席!

残りのお席をゲット、満席になったのでした。
いやぁ~、助かった☆
b電車駅には改札がなく、車内で切符チェックに来ただけ。
私ひとりでは全く太刀打ちできんな…。

←朝バタバタと出てきたので、電車の中でミルクを飲むお二人。

リヨン駅にはお友達が車で迎えに来てくれていて、そのまま郊外のお宅へ。
パパのおフランス留学時代のお友達(中国人男性とフランス人女性の夫婦)のお宅でお世話になった。
リヨンに行ったけど郊外で、カルフールに連れて行ってもらった以外、ずっとお家の中だった☆
カルフールでは主に豚肉製品を購入!
アルジェリアには豚肉ないからね…。


7日目はたっくんがお熱、午前中に私はしゃがんだ際に腰にグキッと痛みを感じ座れなくなって、ほとんど寝ていた…。
日曜日はお店も閉まるらしいので外に出る予定はなかったけど、なんかお食事させてもらう以外寝てばっかりで申し訳ない感じやった。

子供の事で、文化の違いを発見。
①友達の子供は3歳半と7カ月の女の子2人で、どちらももう自分の部屋があってひとりで寝ている。
生後1か月になるかならないかくらいから、添い寝もなしでひとりで寝てるらしい。

②それから、お昼にたっくんの熱が発覚した時も…
り「38.3度やわ」
友(フランス人奥さまと中国語で会話)「37.5度までが平熱、37.8度を超えたら解熱剤を飲ませなきゃ」
り「中国の病院で解熱剤貰った時は38.5度を超えてる時にだけ使うよう言われたよ。38.5度を超えてる時に既定の量を飲ませて、たっくんが低体温になった瞬間があって怖かったから、あんまり使いたくないんよね」
友「そうなの。無理強いは出来ないけど、たっくんが可愛そうだよ…」
という会話をした。
結局夜中に39.5度だったので解熱剤を飲ませた(嫌がって半分はこぼされたけど)のだけど、38度にも満たないのに解熱剤はどうしても抵抗があるわ。
私自身が37度台の熱だと平気やからっていうのもあるやろうけど。

③他にも2人ともめちゃぽっちゃりでよく食べる。
下の子にあげる離乳食の量を見ながら、私がやるのが少なすぎたのかなぁ~なんて不安になったりした。
でも二人とも標準体重内やし、病弱な訳でもないし、これも個人差。

なんか色々考えちゃったりしたけど、色んな方法があり、それぞれメリットがあるから、臨機応変に柔軟さを持ってやってればいいか…と数日後になんとか考えがまとまったのでした。


8日目はアルジェに帰る日。
私の腰は随分マシになったのだが、朝から何か飲み食いするとたっくんが吐く。
空港でチェックイン待ちしてる時にも思いっきり吐きどうなることかと思ったけど、飛行機の中ではよく寝てくれて、アルジェに着いた時は随分楽になってたみたい。
そして夜には熱もなく元気になっていた。
エッフェル塔ディナーの後船でちょっと冷えたのと疲れが原因かな??


リヨンではボロボロやったけど、8日間ずっとお天気にも恵まれ(到着日の午前中まで雨やったらしい)、食材もゲットでき、色々楽しめて、お友達にも会えて、楽しい時間だった。
飛行機2時間、時差1時間☆こんなに近いおフランス、また絶対行きたいっ!



prettydog_alf at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月10日

初☆おフランス

北京からアルジェに移動して間もなく、初めてのおフランス旅行へ!
パリに着いて市街地に入った瞬間、私のテンションのスイッチが狂った!
おぉ~っ、パリ~っ☆

b部屋からノートル自分が仕事中に、少しでも私が外に出て遊びやすいようにと旦那さまが選んでくれたホテルの部屋からは、ノートルダム寺院が見える!
小学生の頃、ピアノの先生がパリのお土産でエッフェル塔のブローチをくれた。
まぁ単純にパリ=エッフェル塔と思っていたけど、これだけノートルダムを見ていると、パリ=ノートルダム寺院というイメージに変わった。
ノートルダム寺院に超愛着が湧いた単純な私。

チェックインを済ませてから…
bバラアイス最初にたっくんのリクエストでアイスクリームを食べた。
AMORINOっちゅう有名アイスクリーム店らしい。
バラの形のアイスクリーム…凄い☆
でも溶けると大変!
ボリュームもあるし、子供が食べてるアイスを横からせっせといただいたのだった。

到着した日はホテルの近くを散策するだけのつもりだったのだが、同行したフランス人社員さんが気合の入った案内をしてくれはって…
b寺院途中子供たちも私もヘロヘロで何度も「帰ろう」ってお願いしたのだが、結局「SACRE COEUR寺院」とやらに連れて行ってもらって、夕食(ファーストフード、パリなのに。)に辿り着けたのは9時近かった(T_T)

b初日夕食←パリでの初お食事…パスタ。

後からお土産屋さんで商品を見てると、エッフェル塔とノートルダム寺院とそこがモチーフになってるのが多いことに気付き、もし自分たちだけやったら絶対行けてなかっただろうと感謝に変わったのだが、しかし疲れた。


2日目は午前中パパがお仕事なので、子供を連れてルクセンブルク公園まで歩いた。
bルクセンブルグ←公園では砂利遊びで真っ白に。
どんな素敵な景色でも、ふつ~に遊ぶ子供たち。

中国とアルジェリアの携帯がある(パリに着くなりメール受信してた)ので、どっちかは繋がるだろうと思ってたのだが、なんとまぁ使えないっ!?(何故かSIMカードが抜けかけてたらしい)
だいたいのコースは伝えてあったけど、パパは午後も仕事になるかも知れなかったので、連絡を取らないと動けもしない。
もう子供のお腹がすく時間やから、移動するにもご機嫌がヤバい…

b遊具
遊具コーナーで遊ぶ→
有料の遊具コーナーで遊ぶ子供をチラチラ見ながら、必死で携帯をいじってたら…
コーナー脇にパパの姿がっ!!
疲れちゃったし、言葉も出来ず心細かったし、涙がちょちょぎれた(>_<)

ホッと一息、ランチへ。
公園内にレストランがあり、またファーストフード。
しっかし物価高いな…。
お腹もいっぱいになり、午後はフリーになった通訳パパも身近にいて、元気を取り戻した。

地下鉄でホテルに帰りお昼寝。
起きたらもう夕食。
近くに和食のお店があったってことで、夕食は日本料理…パリで。
ノートルダム寺院を見ながら梅酒におうどん、お鍋をつついて喜んだ私であった。
日本から旅行してたら考えられないけど、アルジェには今1軒も和食屋さんはないし、家でも朝はパンで昼夜は中華やから、和食に飢えてるのだっ!
でもその日本料理屋さん、実は中国人オーナーやった…。
味は日本とは違ったけど、でも美味しかった。
何より中国語でお話が出来るから、私も会話に入れて嬉しいったらありゃしない。

物価高いし、人はなんだか冷たく感じるし、めちゃ疲れたし、アルジェに帰りたい気持ちだった。
この時点で帰ってたら、私はおフランス嫌いになってただろう。


3日目も午前中お仕事のパパ。
bノートル遊具今度はノートルダム寺院のセーヌ川沿いにある遊歩道をお散歩。
遊具を見付けてしばらく遊んでいた。→
結構単純に見える回るだけの遊具、乗ってみたら目が回っちゃったので、私は早々降りた。

bセーヌ川ノートルお茶ちょっと疲れたので、セーヌ川に浮かぶ停泊船でジュースタイム。たっくんの大好きなリンゴジュースは注文出来るのっ♪(なければオレンジジュース)
本当はここでパパと社員さんと合流してランチを済ませる予定だったのだが、突然店員さんがやってきて、ランチサービスが出来なくなったと言われた。
案内されて席に座ってたのに何故!?
理由は謎のまま。

bルーブル美術館仕方なくパパと合流してからルーブル美術館まで歩いた。
(美術館も寺院も、今回は全て外から見ただけ…)
そこの広場でサンドイッチを買い、屋外で食べた。
ここのPOULっていうサンドイッチ屋さん、とっても美味しかった。

広場にあった移動遊園地みたいなところで少し遊んだ。
ちょっとした出店(お祭りの屋台みたいなの)が4ユーロって…やっぱり高い!
その後オペラ座の方へちょびっとお買い物に行った。

夕食はセーヌ川のディナークルーズ。
私の持ってた服ではマズイ…っちゅうことで、慌ててホテルの近くで
購入。
bエッフェル←出航して間もなく、こんな素敵な景色から始まった。
しばらく屋上(?)で大人は景色を楽しむ。
子供は走れて喜んでいた。
こんなに何気なくエッフェル塔の下に自分がいるなんて、なんだか信じられない。

…なんて感動してる母とは関係なく、
b子どもどんな素敵な景色の中でも子供って変わらないねぇ。
エッフェル塔と自由の女神の見える船の上でも、走ったり登ったり…やっぱり遊んでいた。

ちょうどこの辺りからノボテルホテルが見えた。
北京のノボテルで披露宴をした私たち、ちょっと思い入れがある。
近くに気球も見えたし、今度はこの辺りで宿泊も思い入れがある面白そう、なんて最初のホームシックなんてもう飛んで行っちゃった。
ちなみに帰宅後旦那さまが調べてみたら、結構リーズナブル(立地条件かなぁ?)で良さそうみたい。

☆パリで初めてのコース料理☆
bフォアグラbお魚
私は前菜にフォアグラ、メインにお魚料理を選択。
デザートは赤いフルーツのスープやってんけど、子供たちがすでに落ち着きがなくバタバタして、きちんと食べられなかった&写真が撮れなかった。

少し慣れてきて、美味しいものを食べて、お買い物も少し出来て…3日目からノッてきた。


4日目はパパがやっぱり午前中~お昼過ぎまでお仕事だったけど、ランチまで部屋でだらだらして、2日目の夜に行った中国語で注文できる和食屋さんでおうどん食べて、近くの公園でのんびり遊んでる内にパパと合流。
bパパを待つ
パパを待つの図→
しかもフランス人社員さんは午前中の便で実家へ帰りはったので、家族水入らずでお気楽モード☆

bバス観光2階建てバスでシャンゼリゼ通り&凱旋門へ。
←たっくん、大喜び♪
チケット購入時にイヤホンをくれて、街の案内(日本語もあり)を聞きながら目的地へ。
残念ながら私たちは子守りでそれどころじゃなかったけど、2階建てオープントップのバスから街を眺めながらの移動はとっても素敵やった。(1日または2日券があって乗り放題やし。)
b凱旋門
シャンゼリゼ通りでアルジェで知り合ったお友達一家(すでにアルジェを離れてパリ在住)と再会!
夕食までご一緒した。
ホテル近くのインド料理屋さん…パリで。
どうしてもお米が食べたかったのっ!
だけど中華は嫌で、スペイン料理屋さんは席がなく、ふらふら歩いてたらインド料理屋さんに出会ったのだった。(途中クスクス料理屋さんに呼び込まれたけど、ぜ~~~ったい有り得ないっ!(笑))
bこどもたちでもちょうどいいことに、2階席に案内され、そこそこの広さのフロアにテーブルは私たちだけ。
だから友達の双子ちゃんとうちの子ふたりが動き回って遊んでも平気で、パリの雰囲気はさておき、気楽にお食事が出来て良かった。


5日目は昼前から観光2階建てバス(2日券買ってたの)に乗ってオペラ座方面へ。
オペラ座はチラリと見ただけで、日本人がやってる日本料理屋さんがいっぱいというSAINTE-ANNE通りを目指す。
そこで麺のお店を見付け入ったのだが…
何やら中華っぽいぞっ!?
うおぉぉぉ~~~っ! 早とちりしてしまったやないのぉ~~~っ!!
中国人のやってるお店やった(>_<)
焼うどんとかがちょっとあるだけで、ほとんど中国麺やったけど、まぁ美味しかった。
そしてここでも中国語が使えたので…会話出来るって楽ちんだなぁ。

注文を済ませて、すぐ近くにあったBOOKOFFへひとりで走った。
日本語の本に大興奮!
旅行ガイドや子供用の本を数冊購入。

食後は日本食品スーパーに立ち寄り、これまた大興奮!
そこでチョーヤの梅酒の住所を見て、涙がちょちょぎれた。
大阪府羽曳野市駒ヶ谷…実家から5駅の地元、小学校の時社会見学に行った工場(記念品は梅酒ではなく、じょうごやったのが忘れられない)なのだ。
他にも調味料やら乾物、野菜ジュースやヤクルト、お豆腐やお菓子などなど…200ユーロをゆうに超えるお買い物をしてしまった。
しかもスーツケースに収まらず、スポーツバックもひとつ購入…おほほほほ。

一度ホテルに戻り、着替えをして、また観光2階建てバスに乗ってエッフェル塔へ。
展望台にあるレストランに連れて行ってくれた。
このレストラン、受付を塔の下で済ませたら、長蛇の列のエレベーターも横からパス出来てナイス!
しかもお子様コースまであって、しかも19ユーロでこのお料理!
bモッツァレラbとりbエッフェルチョコ
モッツァレラチーズとトマトの前菜、鶏肉とポテトのメイン、デザートにチョコレートケーキ。
6時半からと9時からのコースがあり、私たちはもちろん6時半からのに行った。
次のお客様があるので8時半に出ないとダメでちょっと気は焦るのだけど、大人も80ユーロ程でコース料理をいただき、素敵な景色を楽しめて良かった。

たっくんのリクエストでレストランを出た後にアイスクリームを食べてから塔を降りた。
これまたたっくんのリクエストで船でホテルまで帰ったのでした。

つづく…

prettydog_alf at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor 天気